北海道周遊クルーズ3日目 (釧路)

 濃い霧に包まれていましたが、5:59に地元の水先案内人が乗船した頃から
 辺りが少しずつクリアーになってきました。

 今日は 絶対に雨が降って欲しくない、、、。
d0174983_10212869.jpg

 5月に 「飛鳥」で来たので 今年2度目の「釧路」

 「飛鳥」は 町の中心部に近い中央埠頭に着岸しましたが 
 大きな船体のダイアンモンドプリンセスは 町はずれの西港第4埠頭に着岸します。
d0174983_10212583.jpg

 午後1:30に 船に戻って来なければならないので
 観光するには 時間的制約があり、また「釧路湿原」の温根内木道を歩いたことは まだ記憶に新しいので、
 添乗員Shinmamaは 湿原の中を流れる釧路川のカヌー を企画検討。

 一番楽な エクスカーション(船の主催する観光ツアー)は 
 値段が高くて、しかも カヌー1艘に5人乗る というので 却下。

 では  個人的に申し込もうと カヌーツアーの業者を探したのですが、 
 列車でカヌーの乗船口まで往復すると、帰りが 船の出港に間に合いません。

 あきらめかけていた7月末、偶然にネットで 「カヌーショップ ヒライワ」 を見つけました。
 ヒライワには 「クルーズ船のゲスト様のカヌーツアー」があり、港まで迎えに来てくれるうえに
 2人で1艘のカヌーに乗せてくれる(ガイド付き)で エクスカーションの半額なのです。

 早速 電話で予約し、今回のクルーズの目玉企画になりました。

 船を降りてみると 私たち以外にも4組の人が ヒラ イワに申し込んでいました。
 みなさん よくお調べになっていますこと、、、。(笑)
d0174983_10213169.jpg

 10人が 2台の車に分乗して 北に向かって走ること45分。
 カヌーの出発地点は 塘路湖のキャンプ場です。
d0174983_10213406.jpg

 私物を濡らさないように 専用の大きな袋に入れて、注意事項を聞いて、、、
d0174983_10213820.jpg

 5艘に分かれて、いよいよ出発です。
d0174983_10214255.jpg

 最初は 不安定な天候でしたが、時間が経つにつれて 青空が見えるようになりました。
 
 暑からず寒からず、日差しも優しく、風もなく、絶好のカヌー日和です。

d0174983_10214510.jpg

 塘路湖の浮草の一種である「ベカンベ」という植物が 実を付けていて 
 それを団子にして食べると美味しいそうで おばちゃんが取りに来ていました。
d0174983_12481176.jpg

d0174983_12364742.gif

 鉄道、歩道、国道の3つの橋の下をくぐり、、、
d0174983_12482436.jpg

 流れのないアレキナイ川を ガイドさんの案内で ゆるりゆるりとカヌーで進みます。
d0174983_12483613.jpg

 アレキナイ川は 世界遺産に登録された釧路湿原の中を流れる川ですので、
 川岸の整備も流木をのけることも 許されません。
 それだけに 自然そのままの風景を楽しむことができます。
d0174983_12485607.jpg

 オールで漕ぐ水音と 鳥の鳴き声だけが聞こえてきます。
d0174983_12490771.jpg

 ガイドさんが 小声で 「ほら ミンクですよ」と、、、

 トリミング(右)しましたが 茶色い動物がみえますでしょうか?

 
d0174983_12491706.jpg

 アレキナイ川と塘路湖は 水面が同じ高さなので 流れはないのですが
 釧路川に入ると ごく緩やかに 流れがあります。
d0174983_12594365.jpg

 エサを獲っていた カワウが カヌーに驚いて 飛び立ちます。
 珍しくない光景も 水面に近い目線でみると 迫力があります。
d0174983_12595840.jpg

 5艘のカヌーは 近づいたり、離れて見えなくなったり、、、
d0174983_13024109.jpg

 ガイドさんが 「2時の方向の木の上に カワセミ 」 と。
 でも カメラを構えたときには 時すでに遅し、、、飛び去る姿だけ見ました。(笑)
d0174983_13024904.jpg

 Shinpapaは 汗を流して 一生懸命オールで漕いでいます。
 結構 こういうことにハマるタイプです。
d0174983_13051305.jpg

  突然 「10時の方向に 鹿がいる」 と Shinpapa。
  声を出せないので 「キャーー、背中の模様がかわいい!!」 と心の中で 叫んでいる私。 
d0174983_13052539.jpg

 さらに 大きく蛇行を繰り返す釧路川を 右に左に進んでいくと、、、
d0174983_13053670.jpg

 「おお、10時の方向に 丹頂鶴が いますよ」 とガイドさん。 
 「今日はラッキーですよ」 と言われると ちょっと嬉しい!!
d0174983_13165125.jpg

 丹頂鶴をみることができたので、とても 喜んでいるShinpapaを見て
 「ヨシッ」と拳を握りしめる 添乗員Shinmamaです。
d0174983_13170276.jpg

  すると「また 丹頂鶴だ。」と言いたそうに 無言ながら大袈裟に指さすShinpapa。
d0174983_13171858.jpg

 後ろのカヌーに乗っている人に 丹頂鶴がいることを 教えてあげたいのですが、
 大声を出すと 丹頂鶴が逃げてしまいますし、、、、

 あっ!! でも 彼らは 鹿のグループを見つけたようです、、、
d0174983_13283950.jpg

 すると 私たちのカヌーの横にも 鹿が3頭 現れました。
 小さいのは 今年生まれた子供だそうです。
d0174983_13290932.jpg

 たくさんの動物に会えてワーワーと感動している間に
 100分のカヌーツアーは あっという間にゴールの「細岡」に着きます。
d0174983_13333399.jpg

d0174983_19444079.jpg


 せっかくだからと 帰り道に「細岡展望台」に立ち寄ってくださったので、、、
d0174983_19460757.jpg

 釧路湿原と、、、、
d0174983_19473386.jpg

 湿原の中を蛇行する釧路川を見ることができました。
d0174983_19540029.jpg


d0174983_19475555.jpg

d0174983_19545841.gif

 帰路は 船ではなく、フィッシャーマンズワーフまで送ってくださったので、
 5月に来たときにも買った マグネットやお菓子を再度購入。

 昔から 夫婦ともに 旅先でお土産を買うことは  あまりないのですが、
 地元の福祉施設の子供たちが作った商品や ジャム、クッキーなどを見つけたら 必ず買います。
d0174983_19575906.jpg

d0174983_19545841.gif

 午後2:00 少々 寂しいお見送りを受けて 船は係船索を取り外し、出港。
d0174983_20205186.jpg

d0174983_19545841.gif

 船に戻り、お風呂に入り、生演奏を聴きながら のんびりと過ごし、夕食へ。
d0174983_19580919.jpg

d0174983_19581611.jpg

 今日はショーを見ることなく 明日の早朝に備えて 寝の谷へ。
d0174983_19583039.jpg

by saint-arrow-mam | 2017-09-08 00:00 |   (DP)北海道・サハリン(’17) | Comments(2)
Commented by TanMatsui at 2017-09-15 09:42
怒濤のブログアップが まだ延々と続くことと思います。
載せられる新しい内容ばかりで、その都度 コメントができにくいので、
怒濤のアップが終わるまでは できるだけ黙って拝読させて頂きます。
 このブログに、やっと共通点がありました。
http://tanmatsui.exblog.jp/10804150/

(追記) 明日(16日)は 絶対に雨が降って欲しくない  M1→M0
Commented by shinmama at 2017-09-15 16:26 x
Hiro様

昨夜はブログを作りながら、横目でカープの試合を見ておりました。
しかも時々チャンネルを変えて、阪神戦も、、、。
優勝は広島で決まりそうなので 帰りたいなあ、、、とShinpapaが ぶちぶちいう横で PC相手に頑張っていました。

釧路湿原で こんなに動物たちに会えるとは思っていなかったので
すごく印象に残る場所になりました。


<< 日本とロシアの国境 予習編 北海道周遊クルーズ2日目 (終... >>