我が家の「パリパリ・サラダ」


 私は 子どもの頃からずっと 生野菜が好きではなく(今は大好きですが、、、)
 特に サラダは「ウサギのえさ」と 嘯いて避けていました。
 ところが つれあいとなったShinpapaが 大のサラダ好きとありまして、
 結婚後 いろんな機会にレシピをゲットして いろんなサラダを作るようになりました。

 サラダを作るたびに × で Shinpapaに 評価してもらっているうちに
 いくつかのサラダが 我が家の「オリジナルサラダ」となり、定番になりました。

 その「オリジナルサラダ」の中で 一番シンプルでありながら、
 ママ友たちの「持ちよりの食事会」で 好評をもらっていた十八番のサラダが 「パリパリ・サラダ」です。
d0174983_18075542.jpg


 用意するのは  レタス     (今回は 長野県松本駅で買って帰った美味しいレタスです)
         貝柱の缶詰   (ほぐして使うので 安い割肉で十分です)
         ポテトチップス (いつも カルビーの うすしお味を使っています)
         マヨネーズ
d0174983_17442307.jpg

 1. レタスは洗って水分をしっかり切ったら 食べやすい大きさにちぎって 器に。
d0174983_17442623.jpg

 2. 缶詰は 汁を捨てない様に全部 器に入れ、、、
d0174983_17443106.jpg

 3. マヨネーズを入れて混ぜ ドレッシングにします。
d0174983_17443423.jpg

 4. それを 1.のレタスと混ぜます。
 
d0174983_17443824.jpg

 5. この状態で食卓に、、、
d0174983_17444158.jpg

 6. 食べる直前に ポテトチップスを手で 荒く砕いてのせます。
   軽く混ぜて ポテトチップスが パリパリしているうちに食べます。
d0174983_17444623.jpg

 私と同じように 野菜をあまり好きではない koharuが 
 「パリパリ・サラダ」を作ると 山のようなレタスをペロッと食べます。

 特別な食材も 料理の腕もいらない 海でも山でも 簡単にできるサラダです。

by saint-arrow-mam | 2017-10-07 06:00 |   クッキング・レシピ | Comments(8)
Commented by okadatoshi at 2017-10-07 08:51
改めてカテゴリ「クッキング・レシピ」を検索しました。
枝豆スープ
なら私でも挑戦できるかなと思っていましたが、
パリパリサラダ
の方が難易度が低いようです。

いつか、つれあいに私の手料理の日を企画するときがあれば
使わせていただきたいです。

初めての男性でも調理可能な超簡単「家族に喜ばれるレシピ」の掲載も熱望しております。
Commented by TanMatsui at 2017-10-07 09:25
私の場合なら 用意するのは  「レタス、貝柱の缶詰、ポテトチップス」 までで、
マヨネーズは駄目です。昔からマヨネーズは、機械油の匂いを連想し、口に合わず、
今でも全く口にしません (笑)

が、近年は 臨託でやって来た孫達が、食事のときに ”バァバ マヨネーズ 頂戴” 
と言い出すので、冷蔵庫内には蓄えてあります。
孫達は、食べたり、ミニトマトを切って、カープの帽子を作り、”C"の文字を入れたり (笑)

今日から連休、恐らく臨託が入る連休になりましょうね。
Commented by うつきよう at 2017-10-07 09:54 x
 待ってました!
 いただきます!
 ホタテ缶、マヨネーズとくると、大根が定番ですが、
 レタスも合うんですね!
 菅平が近いので、高原レタスが到来する機会がままあるので、是非やってみます。
 ポテトチップスがポイントなんですね。
 平素ほとんど食べないのですが、食感と塩味がいい仕事をしていると想像できますので、
 省略せずに作りますね。
Commented by よし坊 at 2017-10-07 10:37 x
貝柱のサラダ?そんな高級サラダを食べてみたい。
お稽古を止めてしまってから能も狂言も行かなくなりました。こんな人生をしていてはダメと自分で思います。
豊洲は町を上げてハロウインですか?日本も変わりましたね。
山葵丼の味、よーく解ります。日本人です。
無風の八方池・・・やっぱりこれでなくちゃ!
僕がカナダでトレッキング中、shinmama様は日本のお山に居たんですね。
大雪渓迄の径は岩ゴロで歩きにくいんですよね、、、捻挫しなくて良かったですね。
あそこのヤマメの塩焼き、確かに美味いけど千円は確かに高いですね。それでもみんな食べてます。
ハラショー って、乾杯って意味に使って居たけど間違いだったのか、、、
Commented by shinmama at 2017-10-07 20:48 x
Hiro様

Hiro様は アンチ・マヨラーですね。
私の父もマヨネーズを あまり好きではなかったので、
父のサンドイッチだけは マヨネーズではなく塩味でした。

ところが、Shinpapaがマヨネーズを好きなので 我が家では大きなボトルのマヨネーズを買っています。
ポテトサラダにもマヨネーズをたっぷり入れますし、
市販の「シーザーサラダ」のドレッシングで 口に合うのを見つけられなくて 
マヨネーズをベースにして 家で作っています。

サラダもマヨネーズを使うものが 中心ですが、
見た目があまりきれいではありませんが マヨネーズを使わないオリジナルサラダもありますので、
いずれアップしようと思います。
Commented by shinmama at 2017-10-07 21:03 x
うつきよう様

「パリパリサラダ」のレシピ 遅くなり申しわけありませんでした。 <(_ _)>

長野からリュックに入れて持ち帰った 美味しいレタスを使って 
すぐに「パリパリサラダ」を作っていたのですが、
どんどんブログの順番がずれてしまいました。

主役のレタスの鮮度には こだわるのですが、
お江戸では 水っぽいレタスが多いのに比べ
長野の美味しいレタスが容易に手に入る うつきよう様が羨ましいです。

はい、食べる直前に 目の前でパリパリとポテトチップスをつぶす音が食欲を誘います。
私も この歳になると ポテトチップスを普段あまり食べないのですが、
このサラダのために 小さな袋のポテトチップスを買います。
はい、手間がかからないサラダですので、是非 お試しください。
<(_ _)>
Commented by shinmama at 2017-10-07 21:11 x
よし坊様

貝柱の缶詰も ホールタイプですとお値段が高いのですが、
割れている貝柱の缶詰は それほどでもありませんので、
いつも割れているものを買っています。

はい、よし坊様は カナダの山を歩いていらっしゃるんだよなあ、、、と思いながら
白馬を歩いていました。(笑)
>大雪渓迄の径は岩ゴロで歩きにくい
はい、さすがに ここだけのためにハイカットのトレッキングシューズを持って行き、履いて登りました。
岩ゴロの道は 登るのも大変ですが、降りる時の方が 捻挫しそうになるんですね。
なんどか 怖い思いをしました。

でも白馬は日本のインスブックのように平地のどこからでも
美しい山々が見えて、大好きな場所の一つになりました。
少しでも歩けるうちに行ってよかったと思います。

ご旅行から帰られたばかりで お忙しい中 ブログに目を通していただき、
そしてコメントまで、、、ありがとうございます。
<(_ _)>
Commented by saint-arrow-mam at 2018-02-19 11:50
okadatoshi様

大変失礼なことに お名前を間違えていたことに気づきましたので 今日書き換えました。
内容は 以前と同じです。
本当に 申しわけありませんでした。
        Shinmama

レタスは包丁で切ると切り口が茶色くなるので 手でちぎります。
パリパリサラダは 包丁もまな板も使いませんので
後片付けも楽ですので 是非お試しください。
Shinも 学生時代に 独り暮らしでレタスを1個買うと 持て余してしまうけど、 
「パリパリサラダ」にすれば 使い切ることができるので、良く作ったと言ってました。

>初めての男性でも調理可能な超簡単、、、
「鍋料理」と「サラダ」で簡単なものをいくつか知っておりますので、
また 機会をみてアップしますね。


<< デンマーク・フェス&ウォーカソン 狂言の夕べ >>