クリスマスクルーズ 2日目


 初日に 船長からもらった航路図によると 伊豆大島をぐるっと回る予定になっておりましたので
 この近距離では さぞかしスピードを落として 航海しなければならないだろうと思っていました。
d0174983_19312853.jpg

 朝起きて カーテンを開けると 
 見えるはずのない「富士山」が 見えるはずのない位置に見えています。

 うむ、何が起こったんだ?
d0174983_19325831.jpg

 急いでテレビをつけて 現在位置を確認すると
d0174983_19313520.jpg

 ありゃりゃ、いま、「駿河湾」にいるんだ。

 昨夜 東京湾を出たあたりから 波が荒くなり、船が結構 揺れたので 
 駿河湾に入ったのではないかと 勝手に憶測。
 波が高い場合、スピードを出すと当然 船の揺れは大きくなりますが、
 スピードが遅くても 揺れは大きくなりますので 苦肉の避難処置ではないかと、、、。

 太陽が 伊豆半島の向こうから 昇ってきます。
d0174983_19330249.jpg

 前方に見えていた富士山が 今度は後方に、、、、
 船は 駿河湾の中をぐるぐるん周っているようです。
d0174983_19330645.jpg

 スイートルームは 朝食も夕食も 無料で「インルームダイニング」を利用できるので
 朝食を ルームサービスで 食べることにしました。
d0174983_20032955.jpg

 応接テーブルの盤面を広げ、足を高くして ダイニングテーブル仕様にして、素早く配膳してくれます。

 和食セットと、、、、
d0174983_19331304.jpg

 洋食のアラカルト
 コーヒーと紅茶、ホットミルク、トマトジュースも、、、
d0174983_19331664.jpg

 テレビのBSで「わろてんか」を見ながら、シェアして食べました。
d0174983_19331984.jpg

 いつもなら 着替えてレストランに出向き、背筋を伸ばして食べるのですが、
 ノーメイクで テレビを見たり、富士山を見たりしながら食べる朝食は とてもリラックスできました。

 電話をすれば すぐに食器を下げに来てくれますので ちょっとした女王気分です。
d0174983_20245467.gif

 しばらく 部屋ですごしたあと、デッキを散策していると、、、
d0174983_20215599.jpg

 「船は 駿河湾を出て 相模湾に向かう」という 船長の放送。

 お天気が良く 波も穏やかな駿河湾で 長い時間 富士山を堪能させてもらいました。

d0174983_20215858.jpg

 ところが 駿河湾を出たとたんに 波が高くなり、大きな揺れが始まり、久々にShinpapaがダウン。
 昼食抜きで 酔い止め薬を飲んで、昼寝をすることに。

 安静にしなければならない私も 一緒に昼寝。
d0174983_20245467.gif

 目が覚めたら なんと15時でした。

 カーテンを開けたら 見覚えのある山が、、、
 その向こうに うっすら富士山が見える、、、、

 やっぱり あれは 11月に登った大室山にちがいない。
d0174983_20221338.jpg

 テレビで 位置を確認すると 確かに伊東の沖合い。

 それにしても 駿河湾で 何回も旋回したことが記録に残っていて笑いました。(笑)
d0174983_20221601.jpg

 相模湾に入ると 再び 船の揺れが収まったので、喫茶ビスタラウンジに。
 ビスタラウンジのスタッフは ヨーロッパ出身者が多いので 英会話の勉強になります。
d0174983_20222083.jpg

d0174983_20245467.gif

 夕食は 昨晩と同じ「プレゴ」へ。

 左:小海老と茄子のアヒージョ  中:鰹と小柱のセビッチェ サーモンと茸 パテ・ド・カンパーニュ  右:冷製マンゴースープ
d0174983_21085237.jpg

  左:カリフラワーのクリームスープ  中:カレイのポアレ 春菊のリゾット添え  右:じっくり煮込んだ牛ほほ肉のシチュー
d0174983_21090479.jpg

 左:ゴルゴンゾーラのムース はちみつレモン  中: レアチーズケーキ オレンジシャーベット  右:クリームブリュレ
d0174983_21090860.jpg

 2日間 「プレゴ」で食事をした感想としては
 飛鳥Ⅱの場合、「プレゴ」と「フォーシーズン」の差は あまりないのではないかと思います。

 しいて言うなら、少人数なので、落ち着いて静かに食事をすることができるのが ありがたいです。

 ブログにする以上、いい加減なことは書けないので、
 2つのレストランのメニューを並べて 比較してみたのですが、ほぼほぼ料理は同じで、
 「ゴルゴンゾーラのムース」など 小さな料理が 「プレゴ」には追加されているようです。

 でも クリスマスというのに、七面鳥の料理がでるわけでもなく、
 食べたことがない 目新しい料理が並ぶわけでもなく、
 食器もナイフやフォークも 高級感を感じられるものではありませんでした。
 
 日本丸をはじめとする他のクルーズ船で 明らかな差があるのに比べると 
 飛鳥では レストランの料理の差を気にする必要はなく 雰囲気重視というのが 私なりの結論です。
d0174983_20245467.gif
  
 夕食後 今回のクルーズのメインイベントである 「堺正章スペシャルステージ」へ。
d0174983_21091185.jpg

 アスカスイートとロイヤルスイートのために 指定の鑑賞エリアを用意している とのことでしたが
 行ってみると 一番良く見える 真正面の 前列が確保されていました。

 これは レストランよりも あからさまで 絶対的な「差別化」だと思います。
d0174983_21091517.jpg

 71歳の堺正章さんは テレビで見るより 年齢相当の老紳士に見えましたが
 逆に 歌を歌い始めると とても年齢を感じさせない 迫力のある歌いぶりにビックリ。
 ユーモアあふれる話、お客さんとのやりとりの「間」も 抜群、
 パファーマンス能力の高さは 彼がまだ現役だからでしょうね。

 満足度の高いスペシャルステージで よい思い出になりました。
d0174983_20245467.gif

 夜食に 若布麺などを食べて、、、
d0174983_21091857.jpg

 Shinpapaは大浴場に、私は 部屋のジャグジーに。
 昼寝をしたので 眠れないだろうと思っていましたが、 あっという間に寝の谷へ。

by saint-arrow-mam | 2017-12-20 00:00 |   (A)クリスマスクルーズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://runslowly.exblog.jp/tb/26251943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< クリスマスクルーズ 3日目 クリスマスクルーズ 1日目 >>