墓参り 2017


 ついに Shingranmaが 墓参りツアーをリタイアすると宣言。

 今年から ついにShinpapaと2人きりで 回ることになりました。
 ちょっと寂しい気もしますが、長い時間のドライブは とても体に負担になるようです。

 例年通り、広島市内2か所と蒲刈島の墓所へ。
 「お花」と「お線香」と「ゴミ袋」と「水」を 3墓所分、用意して 出かけました。
d0174983_16220736.jpg

 亡父のお墓の前で Shingranmaに LINE。
 リアルタイムで一緒に拝むという 初の ”お墓参りLIVE” です。(笑)
d0174983_16145304.jpg

 お昼ごはんは 蒲刈島へ向かう途中にある「モスバーガー」へ。
 昔は ハンバーガーを一人2個食べていたのに、今は個で十分になりました。 (画像は2人分です)
d0174983_16145814.jpg

 亡義母が眠る蒲刈島へ向かうころから 天気が下り坂。
 せっかくの瀬戸内の眺めが どんよりグレーに変わりました。
d0174983_16150711.jpg

 でも ダイダイやミカンの島として 有名な蒲刈島ですから
 お墓所は たわわに実ったオレンジたちに囲まれて 華やかです。
d0174983_16150213.jpg

 「安芸灘とびしま海道」の4つの橋のうち、「蒲刈大橋」と「安芸灘大橋」を渡って、呉市に。
 そして 湾岸有料道路を通れば1時間のところ、経費節減の折から 一般道を走り約2時間かけて 広島市内へ。
d0174983_16151127.jpg

 毎年恒例のお墓参りツアーが 無事完了し、ほっとしました。
by saint-arrow-mam | 2017-12-30 06:00 |   家族 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://runslowly.exblog.jp/tb/26277198
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by okadatoshi at 2017-12-30 07:22
空の雲の間から海上に射す光は、キリスト教でいうヤコブの梯ですね。
天使が下界と行き来する階段だと母が申していました。
3箇所の墓参りと墓掃除ですか。
我が家も故郷に父母が眠っていますが、「車に乗れなくなったり、子どもの代になれば誰も行かなくなる」とつれあいは、”墓じまい”と、”本籍の移動”を提案しています。
悩ましいですが、終活の検討事項です。

海を見晴るかすいい場所に思えます。
lineによるIT参拝に笑いました。
お母上は、次回からもこの方法を提案されるでしょうね。
Commented by shinmama at 2017-12-30 08:18 x
okadatoshi様

>空の雲の間から海上に射す光
わかっていただけてうれしいです。
画像が薄いので 見えないだろうと思って なにも触れませんでした。
眺めの良いこの墓所を気に入っていた亡義母につながるようで うれしい光でした。

亡父は5人兄弟だったのに、このお墓に入る人はもういませんし、私たち以外、墓参りをする人もいません。
ただ、昔のことですから、分家や新家のお墓も並んでいるので 本家がしまうわけにもいかず、おっしゃる通り 悩ましい問題です。

はい、今後、Shingranmaは ずっとIT参拝になると思います。(笑)


<< 母艦の帰還 湯田温泉 3日目 >>