2018年のスーパームーン


 年明け早々の1月2日の満月は、2018年で最も大きく見える満月 スーパームーンです。

d0174983_19192310.jpg


 月は、地球の周りを公転していることは 小さな子供でも知っていますが、
 月の軌道は円形ではなく楕円形をしているため、地球と月との距離は一定ではありません。
 また、月の軌道は太陽や地球などの重力を受けてわずかに変化するため、月が地球に最も近づく位置や、
 最も遠ざかる位置での距離は、上の図のように毎回異なります。

 満月における地心距離(地球の中心から月の中心までの距離)は、およそ356,000kmから406,000kmの間で変化し、
 月の視直径は、地球と月との距離が近いときには大きく、遠いときには小さくなります。

 最も大きな満月は 最も小さな満月に比べて、14パーセント視直径が大きく、30パーセント明るく見えます。

d0174983_19213224.jpg


 実際の夜空に月を並べて比べることはできませんが、上の図のように2018年最大の満月と最小の満月を比較すると、
 大きさの違いがよくわかります。
d0174983_19460989.jpg


 広島は 今夜も晴れ。

 しかも 実家のある田舎は 豊洲のように高いビルはなく 夜空がとても広いので
 たやすく 月をカメラでとらえることができます。

 それにしても 今年のスーパームーンは びっくりするほど大きくて 明るくて 立派な月様で
 新年早々ということもあって 特別ハイな気持ちになりました。


       『広島廿日市大橋とスーパームーン』

d0174983_19282178.jpg


 実は スーパームーンだけを写しても 面白くなかったので、
 下左の画像(2日の昼間に写した瀬戸内海の画像)を「モノクロ加工」し、「グラデーション」をかけたものと 
 下右の画像(2日のスーパームーンの画像)を 「明るい画素優先」設定で合成し、、

d0174983_19350279.jpg

 
 さらに 上右の画像(2日のスーパームーンの画像)に 「ノイズ付加」と「モザイク」の加工を行い 
 濃灰色のグラデーションをかけたものを 再度「明るい画素優先」設定で合成しました。

d0174983_19382422.jpg



by saint-arrow-mam | 2018-01-03 10:21 |   天体・気象 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://runslowly.exblog.jp/tb/26292988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by okadatoshi at 2018-01-03 14:00
1/31もスーパームーン並ですね。
周期が14ヶ月のサインカーブに近似して見えます。

画像処理で遊ばれる余裕が凄い!
Commented by shinmama at 2018-01-03 19:30 x
okadatoshi様

東京にいると 月も星も満足に見ることができないので
広島に帰ると空が広いので 雲を見るのが楽しみです。

私も 最初はオシロスコープの音波の形を連想しました。

普段 家にいないので、たまに帰るとパソコンの前しかいる場所がありません。
単身赴任のお父さんの気持ちがよくわかります。(笑)


<< 箱根駅伝2018 2018 ニューイヤー コンサート >>