伊豆の旅 3日目(修善寺〜熱海〜東京)

 
 天気予報が大当たり、、、3日目は 朝から雨。
 ただ、雨が降っているのに、コートが要らないくらいの気温があります。

 そこで予定を変えて、雨に煙る修善寺のまちを ゆっくり散策することに、、、。


    << 独鈷(どっこ)の湯 >>
 桂川で病父を洗う少年に心打たれた弘法大師が 独鈷(仏具)で川の石を打ち霊湯を湧き出させ、
 温泉療法を伝授した、、と言われています。

 川の真ん中には 足湯があるだけですが、、、、
d0174983_19245976.jpg

 公園に立っているお地蔵さんに 足元に湧き出ているお湯をかけて祈ると病が治る 、、と書かれていたので、
 Shingranmaの肩、腰、ひざ、 Shinの腰、Shinpapaの目、私の足など
 家族や知り合いの悪いところに 次々とお湯をかけて祈っていると キリがありませんでした。(笑)
d0174983_19251090.jpg



     << 修禅寺 >>
 町の名は 修「善」寺 ですが、弘法大師空海が開基したと伝わる古刹は 修「禅」寺と書きます。
d0174983_19250397.jpg

 画像的には晴れていた方がきれいなのですが、雨に打たれたお寺の風情は なかなかのものでした。
d0174983_19250759.jpg



   << 竹林の小径 >>
 桂川に沿った遊歩道には 竹が立ち並んだエリアがあり、
 修善寺温泉のポスターで見て あまりにきれいだったので 行ってみました。
d0174983_19251367.jpg

 小径の中央に円形のベンチがあるのですが、雨に濡れていて 座ることはできませんでした。(泣)
d0174983_19251626.jpg



    << 指月殿 >>
 北条政子が息子頼家の冥福を祈って建立した経堂です。
 廟所もありましたが、撮影するのは遠慮しました。
d0174983_19252001.jpg
 「草津温泉」「湯田温泉」と温泉街がさびれていく中、「修善寺温泉」は 頑張っている温泉街ではないでしょうか。

 丸ポストが 修禅寺の足元の石庭に置かれていたので 由緒あるポストなのかと思いましたが 普通のポストでした。
d0174983_19252457.jpg

d0174983_21455930.gif

 車で熱海に帰る際、修善寺道路(有料)と伊豆中央道(有料)を走りました。
 実は JTBさんからもらった冊子に 2か所の無料券があったので、利用させてもらうことに。
 主婦は こういうお得なチケットを見逃せない、、、。(笑)
d0174983_20031094.jpg

 熱海駅には予定より3時間早く着き、車を返した後、駅ビルでランチ、、、というか
 朝食が御馳走だったので、パンとコーヒーの軽食で 充分。
d0174983_20031447.jpg

 帰りも 新幹線ではなく 熱海発の快速ですが グリーン車に。
 お宿からいただいた「オレンジケーキ」を 食べながら、帰りました。

 このケーキが美味しかったのですが、今更 引き返して買えないし、、、残念でした。
d0174983_20031726.jpg

by saint-arrow-mam | 2018-01-18 00:00 |   中部・東海地方 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://runslowly.exblog.jp/tb/26365796
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 懐かしい道具 2日目のお宿(湯回廊 菊屋) >>