Snow Monkeyに逢う旅 1日目


 毎年、冬になると「温泉に入った猿が見たい」と言い続けている Shinpapaの希望を叶える旅です。
 「猿だけじゃなく 私も温泉に入りたい」と思うので、上林温泉に2泊します。

 まず JTBのWebサイトで「お得な連泊割引」で お宿を予約し、
 JRのチケットは 「えきねっと」で購入して 30%オフに。
d0174983_22131380.jpg

 朝 9:44発の「あさま」で長野駅まで。
d0174983_15101138.jpg

 北陸新幹線は 正直トンネルが多いのですが、山々の眺めが素晴らしいので 大好きです。
d0174983_15101658.jpg

 終点の 長野駅では わき目も降らず 信州蕎麦の「草笛」に 一直線。
d0174983_15101902.jpg

 2年前に 上田の「草笛」で食べた 「クルミだれ」で お蕎麦をもう一度食べたいと願っていた 
 甘党のShinpapaの望みを 場所を変えて長野店で 叶えます。

 やっぱりおいしいと 大感激!!
d0174983_15102414.jpg

 そのうえ、 今回は「ゴマおはぎ」と「くるみおはぎ」も、、、
 どちらのおはぎも テニスボールくらいの大きさがあり、甘党のShinpapaを 唸らせるほどの美味しさでした。
d0174983_15102857.jpg

d0174983_15192420.jpg

 長野電鉄の特急の先頭車両。
d0174983_15103307.jpg

 発車間際に運転手さんが現れたかと思うと、天井の蓋を開けます。
 点検かと思いきや、いきなり運転手さんが その穴に飛び込んで 中に入っていきました。
d0174983_15104162.jpg

 運転手さんの姿が消えると すぐに天井の蓋が閉められ、お客さんたちは 唖然、、、。

 なんとまあ、運転席は2階部分にあり その入口は天井にあったのです。(笑)
d0174983_15104424.jpg

 小布施を過ぎたあたりから 急に雪深くなります。
d0174983_15104876.jpg

 特急ですが、単線ですから 駅で上り列車とすれ違わない限り 前には進めません。
d0174983_15105258.jpg

d0174983_15192420.jpg

 湯田中の駅には お宿の方が迎えに来てくださっていたので、
 わずか15分程度でお宿に到着。

 お菓子とお茶をいただきながら、ロビーのソファーでチャックインを済ませ、
 お部屋に案内していただくと 荷物を投げ出して、即、ロビーに逆戻り。
 
 Snow Monkeyが 入っている温泉がある 「地獄谷公苑」は、
 お宿から雪の山道を1.6km歩くので 片道30分、往復すると1時間かかるのですが
 公苑の営業時間は 16時まで。
d0174983_21384196.jpg

 現在15時を回ったところなので、急いで 雪道を歩きます。

 軽アイゼンを持ってきたのですが、お宿の人が長靴を貸してくださったので、
 とりあえずアイゼンはつけず、長靴に履き替えて出発。
d0174983_15274965.jpg

 想像していたよりも 整備され歩きやすい山道です。
d0174983_15275541.jpg

 地獄谷の近くの雪のないところに 野猿を発見。
d0174983_15280088.jpg

 なんで、ここだけ雪が積もっていないのかと思ったら、
 野猿公苑に お湯を送る送水管があるようです。

 管が 温かいのでしょう。
 管にしがみつき、離れたくない、、という表情のサルがいます。(笑)
d0174983_15280567.jpg

 野猿公苑の入場料は ホテルの割引券を使って 一人680円。

 見覚えがある この場所、、、、ライブカメラで見たのは ここです。

 すでに たくさんの人が温泉の周りにいて カメラを構えています。
d0174983_15281071.jpg

 野猿は 気温が低くならないと 温泉に入らないので、日中は入ることが少ないので、
 気温が低い 朝と夕方が ねらい目なのです。

 ShinpapaカメラとShinmamaカメラの2台で たくさんの数の猿たちの写真を写しましたので、
 帰宅後 落ち着いて吟味し、ブログアップしようと思います。

d0174983_15281706.jpg

 本日の歩数 17,422歩。 
by saint-arrow-mam | 2018-02-06 16:02 |   甲信越地方 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://runslowly.exblog.jp/tb/26407742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by パンジー at 2018-02-06 16:20 x
悔しいほど、関西からは行きにくいところです。
送水管?送温泉管にしがみついてるお猿さんが可愛くって愛おしくって…
北海道より寒いなんて、想像を絶する気がいたします。
最高気温3度で震え上がってる私に耐えられるでしょうか?
いずれにせよ、「温泉はいりたぁ~い」
Commented by shinmama at 2018-02-06 17:19 x
パンジー様

はい、お江戸にいる間に、また 自分の足腰が達者な間に 来てよかったと思っています。。
たかが猿、、、でも実際に見ると されど猿でした。
人間に近い表情をするので なんともサルを身近に感じます。

海外から わざわざこの猿を見に大勢の人が来ることを考えれば
関西からですと近いですが、実際には むつかしいですね、わかります。

上林温泉のお湯は 湯量が豊富で お宿の浴場がザーザーとかけ流し24時間。
しかも平日なので 宿泊客と出逢うことがなく、安心して 何度も何度も 入っています。
Commented by 小肥り at 2018-02-06 20:38 x
お寒うございます。
この電車は昔小田急線で走ってたロマンスカー「10000形HiSE車」だと思います。
小田急から長野電鉄にトレードされたという話は聞きました。
前面に展望席を設けるために運転手は屋根裏で運転します。
しかし運転手の入室風景は見たことがありません。やはり梯子を使ってるんですね。
Commented by spring-ephemeral at 2018-02-06 23:05
うつきよう です。

 『草笛』は小諸の本店のほか、小諸、佐久、上田、長野に支店があって、微妙に味も違うらしいですが、
 長野駅店のお蕎麦、見るからに美味しそう。
 実際美味しくてよかったです。

 今朝(6日の朝)は、上田から北へ車で40分の菅平で-25.6℃となり、日本で一番気温が下がりました。
 相対的には北海道のほうが寒いですが、
 年に何日かは北海道より寒くなる長野です。
 ちょうどそのようなときにおいでいただくことになり、
 寒くて申し訳ないです<(_ _)>
 せめて、温泉でいっぱい温まってください。
 
Commented by saint-arrow-mam at 2018-02-06 23:21
小肥り様

列車について、私は不案内ですので、画像を追加しました。
やはりロマンスカーだったでしょうか?

運転手さんは、梯子を使わず、器械体操の選手のように、腕の力だけで
あっというまに 上がっていきました。

この列車は、若い運転手さんでないと無理ですね。(笑)
Commented by saint-arrow-mam at 2018-02-06 23:29
うつきよう様

顔の赤い猿に負けないくらい、鼻を真っ赤にして、猿を写しています。(笑)
長靴の底が薄いので、足の裏が冷たくなり、しもやけができそうです。

オーストラリアからたくさん観光客が来ているようですが、
スキーとスノーモンキーのセットツアー
なのかな?と思います。
彼らは暑い夏から来たので、寒い寒いと言ってます。

今日も露天風呂では、頭に雪が積もりました。
まるで私がスノーモンキーです。(笑)
Commented by 小肥り at 2018-02-07 06:38 x
この電車、やっぱりそうです。
Commented by saint-arrow-mam at 2018-02-07 06:51
小肥り様

そうでしたか。
カッコいいデザインだなあと思いながら乗りましたが、
そういうことだったのですね。

先頭車両でも、特別料金が要らないのが 嬉しかったです。

教えていただき ありがとうございました。
(^-^ゞ


<< Snow Monkeyに逢う旅... Snow Monkey に逢いに >>