Snow Monkeyに逢う旅 2日目

 
 夜の間、雪が降り続きました。
 朝、青空が見えていても 今日の最高気温は 0度というのです。
d0174983_21222906.jpg

 朝食を食べるとすぐに、お宿で長靴を借りて、、
d0174983_21323819.jpg

 地獄谷野猿公苑に向かいます。
d0174983_21263709.jpg

 今日は 余裕があるので 「地獄谷噴泉」に立ち寄ってみます。
 なかなかの迫力です。
d0174983_21264147.jpg

 野猿は 気温が低いほど 温泉に浸かる確率が高くなる、というとおり
 たくさんの猿たちが  群れごとに 入れ代わり立ち代わり 温泉にやってきました。
d0174983_21453368.jpg

 でも 長い時間 野猿の傍に陣取って写していると、
 足の裏が冷たくなり、やがてジンジンし、ついには痛くなってきます。

 仕方がないので、インフォメーションセンターまで戻って、暖を取り、また 野猿の温泉へ。
d0174983_22234775.jpg

 やがて12時になり 山に日が当たり始めると、、、 
d0174983_21264420.jpg

 野猿たちは山に戻っていき、温泉に 猿がいなくなりました。
d0174983_22192295.jpg

 ところが気の毒なことに この時間になると ツアー客がどっと押し寄せてきます。
d0174983_22305196.gif
 彼らと入れ違いに来た道を戻り、上林温泉街を抜け 「志賀高原ロマン美術館」まで。
 
 故 黒川記章氏の設計のユニークな建築物なので 建物に興味がありました。
d0174983_21264882.jpg

 まず、ガラスの塔のカフェレストランで ランチを、、、。
d0174983_21265299.jpg

 自然の光をうまく取り込んだ美術館の通路が 近未来的で 素敵です。

 黒川氏のガラスを多用した建築物は 本当にいいなあ。
d0174983_21265627.jpg

 作品だけでなく 展示室全体が アートです。
d0174983_21270038.jpg

 開館20周年の記念特別企画展で「浮世絵展」を取り上げていましたので 見ることにしました。
 
 展示されている浮世絵の点数は少なかったですが、撮影可でした。

 歌川国芳の <竜宮玉取姫之図>
d0174983_21270544.jpg

 揚州周延の <江戸砂子年中行事・元旦之図>
d0174983_21270819.jpg

 お天気が良いので、温泉街を散策し、お宿に戻ります。
 この時 すでに15,000歩を越えていましたので、雪道を歩くのは もう きつい!!
d0174983_21271124.jpg

d0174983_22305196.gif

 お宿のラウンジで コーヒーブレイク。
 セルフで 紅茶やハーブティーを いつでも飲むことができます。
d0174983_21271462.jpg

 浴衣に着替えて、誰もいないホテルの大浴場に のんびりと浸かり、冷え固まった体を 解凍。
 チェックインの時間前の入浴は 連泊ならではの特典ですね。

 貸切り風呂以外、大浴場にはカメラを持って行かないことにしているので、HPより画像をお借りしました。
d0174983_22420250.jpg

 実際は 露天風呂の周囲は 雪に囲まれていて、
 気が付けば 全く野猿と同じ状態でした。(笑)
d0174983_22423243.jpg


by saint-arrow-mam | 2018-02-07 22:53 |   甲信越地方 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://runslowly.exblog.jp/tb/26426764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by okadatoshi at 2018-02-08 08:07
連泊をゆっくりと楽しまれている様子。
クルージングの時間と空間を楽しむご夫婦の旅行スタイルがうかがわれます。
江戸に居を構えるのも長期ステイの延長のように見受けられます。

私たち夫婦は、はじめてのところをより多く見たいので、
現地で宿泊で安く泊まればいいことを優先します。
また事前の現地周辺の予備調査も完璧で、
shinpapaさまが手を出さないで丸投げも分ります。
猿の温泉は、午前中が”穴時間”も納得。

運転手の梯で運転席移動も珍しい。
簡易トイレは常備されているのだろうか。
運転中にスマホでゲームをしていても乗客からチェックされないな。
緊急事態や一箇所だけの出入り口では困る事態もあるだろう・・・
と妄想していました。
Commented by TanMatsui at 2018-02-08 09:52
 寒さには慣れている身ですが今年の低温は格別、 温泉入浴のSnow monkey が羨ましいですね。

 広島市内の今朝は ー4.3℃、 広島生活が長くなりますが、朝 マンションの給水塔の
パイプが凍結し、断水したのは初めてです。 今日のブログにNEWSとしてアップ。

 寒いので このところ自宅研修を続けたお陰で新学期の準備がはかどりましたが、
断水のため朝食抜き、 久し振りにこれから出かけて外食です (笑)
Commented by zuxtotabi at 2018-02-08 20:47
今晩は。ニャンです。ご無沙汰しておりました。^^;
年が明けてからもあちらこちらへと楽しい時間を過ごしておられるご様子。
お元気で良かったです。^^氷柱群も綺麗でしたね。長野の白川氷柱群かと一瞬の思いました。
koharuちゃんもパワー全開の広島旅でしたね。
お母様も曾孫さんのお顔を見られて喜んでおられたことと思います。♪
スノーモンキー海外の観光客の皆さんにも大人気ですよね。
温泉に入りうっとりしているお猿さんを見ていると此方も癒されます。^^
管にしがみつくお猿さん、可愛くもあり、人間的でもあると感じます。
草笛のクルミダレ、ほんのりとコクのある甘みが良いですよね。
shinpapa様と同じく、ウチの夫も気にいっています。^^
Commented by shinmama at 2018-02-08 22:56 x
okadatoshi様

旅先で外国人に聞くと、彼らは2週間から1ヵ月 日本に滞在する人が多く、
その間に 観光するのは たいてい3か所から4か所。
あまり移動しない 個人旅行が多いことに驚きます。

私は 彼らのような旅行スタイルが好きですが、ツアーで行くとそうはいかないので、
限られた自由時間に 自分たちで動き回るので 疲れます。(笑)
そろそろ海外旅行も ツアーではなく、個人旅行を考えたいなあ、と思っているのですが、、、、。

はい、天井へ上がっていく運転手さんを見たのは初めてでしたので、
面白かったです。(笑)
Commented by shinmama at 2018-02-08 23:04 x
Hiro様

あらま、、、大変でしたね。
マンションは給水塔が 屋上にあることが多いので、
パイプの周囲の温度が低くなってしまったのでしょうね。

最近は水圧が高くなり、13階くらいまでは給水塔が不要になりましたが
点検のための断水は結構あり、トイレに数本のペットボトルを常時 置いています。
Commented by shinmama at 2018-02-08 23:12 x
ニャン様

いつか行こう、、と思いながら行けなくて、、、。
でも実際に 雪道を 往復1時間歩いてみると、足が元気なうちで良かったと思いました。
(すでに それほど元気じゃないですけど、、、)

しかも この地はすでに外国人だらけで これから先
どんどん様変わりし 日本らしさが無くなっていくのだろうと思いました。

クルミだれがお好きなご主人には、クルミおはぎも おススメです。
帰りに知ったのですが、長野駅の中に「草笛」の支店ができたようですよ。


<< Snow Monkeyに逢う旅... Snow Monkeyに逢う旅... >>