ソメイヨシノのサクランボ 

d0174983_11171005.jpg

 運河沿いの遊歩道に咲いていた ソメイヨシノに サクランボができていました。

 今まで、気づかなかったのですが、今年は たくさん実を付けています。
 初めて見たような気がしますが、毎年 実をつけていたのだろうか?

 ちなみに、、「ソメイヨシノのサクランボ」って 食べることができるのかな?

 食いしん坊ゆえ、 早速ネットで調べました。
d0174983_11335225.gif

 桜には 数百もの品種があり、代表的な品種の一つにソメイヨシノがある。
ソメイヨシノは 江戸時代に植木職人が オオシマザクラとエドヒガンを交配して作った 観賞用品種で、
自家受粉ができないため 実を付けにくく、付けた場合でも最大でも1cm程度の実で 
酸っぱい、苦い、渋いなどの味のため、食用にはむかない。
毒性はないので 口に入れても問題ないが 美味しくないので食べない方がよい。

 一方、サクランボとして知られている桜としては 寒い地方で育つセイヨウミザクラや
暖かい地方でも育ちやすいシナミザクラがある。
これらの花は 白くて地味だが サクランボは 直径2cm以上で甘い実を付ける。
セイヨウミザクラで佐藤錦やナポレオンのような品種はここに含まれる。



d0174983_11342429.gif    

    ふむ   
    それぞれの目的で 品種改良した結果
    ソメイヨシノのような花見の桜は 
    あくまでも「見るのを楽しむ」桜であり、
    食べるための桜ではない、、ということか、、、、

   残念だなあ。(笑) 
by saint-arrow-mam | 2018-05-11 06:00 |   植物 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://runslowly.exblog.jp/tb/26758939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by okadatoshi at 2018-05-11 08:54
森林植物園などで桜の枝が低く茂っている散策路を
歩くとよく目にします。
梅の場合は、実はもう少し大きいですね。

現職時代には目の前にあっても気づくゆとりもなかった
変化が目に留まるご褒美の時間です。

青葉の眩しい日々が続きます。
今日は快晴+二人ともオフの日。
ლ(╹⌣╹✰)
↑最近はこれを多発。
Commented by よし坊 at 2018-05-11 09:40 x
甘酢漬にしたら食べられるだろうか?我が家のウメにも実が付いています。漬けるほどの量でもないのでホッタラカシです。
Commented by shinmama at 2018-05-11 16:55 x
okadatoshi様

これだけ長くご褒美の時間をもらえるとは 思っていなかったので、
最近では もうそろそろ何か飛んでもない事が起こるのではないかと 戦々恐々しています。

>二人ともオフの日
我が家は いつも二人ともオフの日なので かえって、その日その日に
今日はどうするか 予定を立てなければなりません。
それもだんだん面倒になってきているので、もう少し、制約できる条件をプラスして 
条件がそろった日の行動パターンを決めて okadatoshi様の真似をしたいと思います。
Commented by shinmama at 2018-05-11 16:58 x
よし坊様

広島の実家にも 梅の実がなっていると思うのですが、
年々数が少なくなってしまい、やはり 漬けるほどの量ではありません。

我が家で 甘酢につけるのは「らっきょ」だけなのですが、
それも 年々、面倒になっています。(笑)
Commented by うつきよう at 2018-05-11 23:06 x
 ソメイヨシノの実を食べてみたことがあります。
 色が赤いのは若いので、黒く熟したのを選ぶのですが、酸っぱいです。
 山では今も、ヤマザクラの実を食べてみることがありますが、
 やっぱり酸っぱくて、せいぜいひとつ、ふたつです。
 食べられるとなれば、味はともあれ手を出してみる物好きです(笑)
Commented by shinmama at 2018-05-12 21:12 x
うつきよう様

食べたことが おありだったんですね。 (^^)/ パチパチ
でも 酸っぱいのか、、、うむ 酸っぱいものには弱い私ゆえ、無理かなあ。
想像しただけで あごの奥の方から ジュワっと染み出てくるものがあります。

生まれて初めてのイチゴ狩りが あまりに甘くておいしかったので
最近、旅行社のパンフレットで「サクランボ狩り」「びわ狩り」の文字を見つけると ソワソワしております。


<< TAUのお好み焼き 新緑のひとときコンサート >>