TAUのお好み焼き


 銀座にある 広島県のアンテナショップ ”TAU”の中に 
 当然と言えば当然のことながら お好み焼き屋があります。

 ”TAU” が開店当時は 「三匠(さんしょう)」というお店が入店していましたが、
 地元では 馴染みのないお店の名前でしたので 個人的には ????
 でも お好み焼きは 決して偽物ではなく 広島のお好み焼きでした。
    (味の好みは別として、、、、)

 最初のうちは行列ができるほど人気があったようですが、結局、閉店してしまい
 代わりに 今は「鯉々(KOIKOI)」というお店になっています。

 正直 このお店も 地元では馴染みのない名前なので 個人的には????×2
 とりあえず どんなお好み焼きなのか チェックしに行きました。
d0174983_14190738.jpg

 お店のカレンダーがカープであることは プラス1ポイントですが、
 それ以外にも 選手のサイン入りグッズとかが ないとなあ、、、。
d0174983_14190972.jpg

 鉄板で出してくれますので、熱々のお好み焼きを食べることができますが、
 お店のお兄さんに 今ひとつ 元気がありません。

 東京で美味しいお好み焼きを作ろう、、、という覇気を感じることができず、
 なんとなく お好み焼きを焼いているような態度は いけません。

 なにせ、ここは 広島県のアンテナショップなんですから。
d0174983_14191156.jpg

 味は 美味しくないわけではありませんが、
 特別 美味しいということもない ように感じました。

 TAU自体は 収益を上げているらしいのですが、
 テナント業者の選定には 苦言を呈したいと思う おばちゃんケンミンです。

by saint-arrow-mam | 2018-05-12 06:00 |   外食の部 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://runslowly.exblog.jp/tb/26770782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by okadatoshi at 2018-05-12 21:15
三匠(さんしょう)も、鯉々(KOIKOI)も
広島にはなく、アンテナショップ向けへ立ち上げたお店のようですね。

鯉々(KOIKOI)のメニューを見ましたが、神戸長田のお好み焼きや
モダン焼きに比べ、高めのような・・・。
それぞれの舌に馴染んだ食感とお店の雰囲気が
「絶対食感」(私の造語)になっていて
それ以外は微妙に食感に外れるのかも。

男どもの絶対食感は、奥様の家庭料理です。(キッパリ)
Commented by shinmama at 2018-05-12 21:26 x
okadatoshi様

アンテナショップの中で お好み焼きを作る、、ということは
広島を代表して その美味しさをアピールするのが目的であるように思うのですが、
今の状態では 東京の知人や友人に お勧めする気になりません。
私の個人的な 好き嫌いは別にして 「みっちゃん」など ガイドブックで
観光客に知名度が高く 広島でも行列ができているお店はあるのですが、、、。 

銀座の一等地なので、値段が高いのは仕方がない、、としても
お好み焼きに それだけの価値が無ければ ボッタグリ ですよね。

>お店の雰囲気が絶対食感になって、、、
たしかにその通りだと思います。
広島の馴染みのお店で食べる いつものお好み焼きに勝る お好み焼きはないですから、、、。

今日は臨託で カレーライス。
Shinpapa も Shin も Koharu までが おかわりを何度もした結果 食べ過ぎてしまい、
食後 3人とも ヒーヒー言っていました。
主婦としては うれしいですが、、、。(笑)


<< 「ねえ お願い」 ソメイヨシノのサクランボ  >>