介護クルーズ4日目 石垣島


 昨年、フォーレンダムで石垣島に来たときには 島に着岸しましたが、
 ダイアモンド・プリンセスは 大型船なので、着岸はできず、船は沖に停泊し、テンダーボートで石垣島に上陸します。

 テンダーボートというのは 船の救命艇を利用した「渡船」のことです。

 長い列を作って テンダーボートに乗る番号札をもらい、コールされた人から、順に乗っていくのですが、
 車椅子では テンダーボートに乗せてもらえないので 必然的に上陸不可な私たち。(泣&笑)
d0174983_20213959.jpg

 

 次々にゲストを乗せたテンダーボートが 船を離れていくのを 部屋のバルコニーから見送ります。
d0174983_20213470.jpg
 
 昼食後も 往来するテンダーボートを ぼんやりと眺めていた Shinpapaが 

 「石垣に上陸したいなあ」 とぽつりと言ったのを聞いて、、、、、
d0174983_20214334.jpg

 「午睡」の時間に テンダーボートで上陸してもよい、、という お許しが出ました。

d0174983_20341007.jpg

 上陸する人は ツアーに参加する人を含めて ほとんどの人が 午前中に上陸しているので
 午後のテンダーボートで上陸するのは たった、3人。

 それゆえ、愚かな夫婦は 日焼けも気にせず テンダーボートの屋根の上に。
d0174983_20215144.jpg

 私達以外に乗っていたのは 流暢な英語を話す セルビア人のイケメンのクルー Predです。
d0174983_20215406.jpg

 Predは 船に乗るようになってまだ1か月ですが
 それまでは 世界のあちこちを旅する エンターテイナーだったそうです。
   (facebookを見せてくれて アドレスも教えてくれましたので 帰宅後 画像を送りました。)

 写真も写したいけど、話し上手のPredの面白い話も聞きたい、、、(^'^)へへへ、、
d0174983_20215892.jpg

 テンダーボートに乗って、約20分で石垣島の波止場へ。
d0174983_20220206.jpg

 石垣港に立つ この人に会うのは 4度目かな? 5度目かな? 
d0174983_20220817.jpg

 話の流れから 神社仏閣に興味があり、石垣でも神社に行きたいというPredに
 「桃林寺」を案内することになってしまいました。

 ただし、彼に 事情を話し 大急ぎで行くということで、、、。
d0174983_20214726.jpg

 「桃林寺」は以前、石垣島に1週間滞在していたときに 知ったお寺です。

       石垣滞在時のブログより →  https://runslowly.exblog.jp/20300673/
 
d0174983_21023236.jpg

 その後、wifiが使える喫茶店で アイスコーヒーを。
 このお店は 以前にフォーレンダムで石垣に来た時に入り、外国人のゲストと長話をした 感じのいいお店です。

    フォーレンダムで来た時の ブログ →  https://runslowly.exblog.jp/24102241/

 私たちは 時間がないので、この店でPredと別れ、船に戻ります。
d0174983_21023770.jpg

 帰りのテンダーボートは 満席ですが
 日本人は 日の当たらないテンダーボートの室内の席に座るので、 屋根の上は空いております。(笑)
d0174983_21024099.jpg

d0174983_21024375.jpg

d0174983_21024692.jpg


 ずっと 室内にいたせいか、Shingranmaが参加したいというので 大急ぎでシャワーを浴びて 「クイズ トリビア」へ。
d0174983_21381379.jpg

 日本人のクルーによる 日本語で行われる 日本人のためのクイズですが、
 オーストラリアのメルボルンから来たという夫婦が クイズに参加したい、、と来ていました。

 司会者が 「日本語でしか問題を出さないので」と 断りましたが
 「その 日本語を聞いているだけでもいい」と 私の横に座りました。

 なんだか かわいそうになり、私とチームを組むことで 司会者に了解を得て 彼らも参加。

 1問1問 司会者が出す問題を 即座に英語にして 彼らに説明しながら 問題を解いていきます。

 問題の中には アメリカのアポロは 何号まで打ち上げられたか?
 イギリスの最初の切手は その色から 何と呼ばれているか?
 木星の第3惑星の名前は? などは 彼らが答えを知っていたので 教えてもらいました。(笑)

 結果 わたしたちのチームが準優勝し、商品をもらいました。
 彼らは自分たちももらえると思っていなかったらしく すごく喜んで ハグ。

 (このオーストラリア人ご夫婦とは その後も 何度か船で会い、長話をしました)

 ちなみに 準優勝の商品は 船内の宝石店が提供した イミテーションのネックレスとピアスでした。
d0174983_21444101.jpg

 今日も 夕食時、神戸のTさん御夫婦から 石垣観光のお話を聞き、
 私達は 石垣の寺に行った話とトリビアの話を。
d0174983_21025098.jpg

 クイズが面白かったのか、Shingranmaの機嫌が少し良くなったので、ほっとしました。

 明日は 台湾の基隆に行くので 船内で出国審査がありました。
d0174983_21424124.jpg

d0174983_11192459.jpg


by saint-arrow-mam | 2018-05-31 00:00 |   (D)日・台クルーズ(2018春) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://runslowly.exblog.jp/tb/26855498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よし坊 at 2018-06-04 09:03 x
此所でもやってますね・・・日本との架け橋を。素晴らしい。
乗客の皆さんが出払った後船に居るのは寂しいのですね・・・ウ〜ン、、、将来の事を考えて頭に入れておこう。
外国船には外国船のしきたりが有る様ですね。これらを細かく妻に説明すると益々日本船が良いと言う妻。困ったもんだ。
Commented by ニャン at 2018-06-04 14:05 x
お母様のご機嫌が少し直ったようで良かったです。
家の母もそうですが、ちょっとしたことで機嫌が悪くなります、、、。
そんな時は、私は無視してしまいますが、Shinmama様は偉い。
ちゃんとお母様の要望を満たすように気を配ってらっしゃる。^^
旅先で出会った方と交流を続けておられるのも凄いです。
shinmama様のような方と縁を持たれた外国の方は「日本人は親切」と好印象を持たれるのだと思います。
ありがとうございます。^^
Commented by shinmama at 2018-06-04 18:01 x
よし坊様

英語とフィリピン語を覚えればよかったものが、
この船に限っては インドネシア語とタイ語に加えてインド語でも 
挨拶程度のことができる方が良いことがわかりました。
日本人のスタッフも かなり増えていましたけど、、、。

それだけ 多くの国の人が クルーとして働いているということで、
彼らは6か月契約で働き、半年後に 更新するかどうかお互いに考えるようですが
なかなか 続かないとか、、、。
前回、知り合って、私たちの顔を覚えてくれていたクルーが何人かいたのでよかったですが、、、。

1週間以上乗るためには 外国船のほうが 日本の船に比べると非常に安いので、
我が家の場合、外国船を選択せざるを得ませんが
その点で よし坊様は 奥様のご希望通りの日本の船でのクルーズが可能なのですから そのほうが満足度が高いと思います。 

逆に私は 日本人が少ない船が好きなので、いっそ フライ&クルーズで
どっぷりと 海外旅行の気分に浸りたい気がしています。
Commented by shinmama at 2018-06-04 18:24 x
ニャン様

船の中でも ボーイさんにお水を持ってきてもらうと 外国人は高齢者であっても「Thank you」と言いますが、
日本人の高齢者は 黙っている人がほとんどです。
英語が話せない、、ということもあるのかもしれませんが、「Thank you」くらいは言えるはず、、、。
日本語で「ありがとう」でもいいのですが、黙っています。

しかも 個人的に何かを頼んでも チップを支払わない日本人。
クルーの多くが 日本人が多く乗る船に 乗りたがらないのが わかる気がします。

スタッフは 「ママさん」とShingranmaのことを呼んでくれて
私に様子を聞いてくれたり、進んで車椅子を押してくれますが
「ありがとう」も「すみません」も 言わないShingranmaを 悲しく思いました。
でも やがて自分が行く先の姿なので しっかり見ておこうという思いを 強くしたクルーズでした。

おせっかいかもしれないと思いながら、
外国人が困っていたり、迷っていたり、不安そうな表情をしていると
海外旅行の時の 自分とダブって 放っておくことができません。
近くにshinpapaがいるときには 「どうしようか?」と聞いてから、お世話をするようにしているのですが、、、、。
私の根っこが 「関西人」なので 人見知りすることがないのも おせっかいの原因だろうと思います。


<< 介護クルーズ5日目 基隆 石垣島の沖合い ナウ >>