久々に 農園へ


 ゴルフの時に 私が広島にいることを Shinpapaが話したので
 「農園に おいでよ」 と 私にも 声をかけてくださいました。

 梅雨に入り、収穫作業で お忙しいのでは、、と思ったのですが、新鮮なお野菜の誘惑には 叶いません。 

      前回のブログ  →  https://runslowly.exblog.jp/23111429/


 当然のことですが、季節によって 農園の野菜たちの顔ぶれは変わります。

 黄色いよく似た 花が咲いていて これから実を結ぶのが 「南瓜」と「西瓜」
d0174983_19193585.jpg

 収穫できるジャガイモは 「北あかり」と「メークイン」
d0174983_19194070.jpg

 茄子は そろそろ収穫できそうですが、 白葱は まだ苗の状態です。
d0174983_19194589.jpg

 青梗菜、九条ネギ、パクチー、ニンジン、ニンニク、ブロッコリー など 大きなカゴ2つ分も いただいた後

 「好きなだけ 持って帰りなさい」と 袋詰め前の玉葱のところへ、、、、


 きゃーーーー、  玉ねぎ、  玉ねぎ、  玉ねぎ !!!!!

 頭の中に 熱々の オニオンスープが 浮かんできました。
d0174983_19195041.jpg

 早速 フランスパン と ミックスチーズを買って帰り、 

 玉ねぎをスライスして ひたすら炒めて オニオンスープを作りました。
d0174983_19503683.jpg

 「甘もうて うまいのぉ (甘くて おいしい)」と Shinpapaが喜んで食べてくれました。

  はい、素材が良ければ 必ず美味しい料理になるのです。


by saint-arrow-mam | 2018-06-06 06:00 |   友人 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://runslowly.exblog.jp/tb/26873398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by okadatoshi at 2018-06-06 08:53
団地に隣接した貸し農園が宅地になり、農園を楽しめなくなりました。
いまは、猫の額の庭のプランターで、ゴーヤと胡瓜、プチトマト程度です。
隣家と隣接して日当たりがいまいち。

野菜は新鮮が一番。
淡路島にいくとオニオンスープがお土産に売られていますが
画面の食材で出来る新鮮なスープは垂涎物です。

ご褒美の時間にセミプロの農園を持っている友人は宝ですね。
ლ(╹⌣╹✰)
Commented by shinmama at 2018-06-06 09:13 x
okadatoshi様

広島でも東京でも 知人友人が農園を作り、時々新鮮な野菜をいただけるのが 楽しみです。
採れたての新鮮な野菜を食べると いかに普段食べている野菜に 
甘味や匂いがないか 実感します。

ただ、彼の話を聞くと
本格的に農園を持つと、旅行に行けなくなる、天候に左右される、
体の調子が悪くても農園管理を休めない、肥料、苗など初期費用が掛かるなど、
リタイア後の趣味とするには 難しい点もあるようで 私には無理だと思いました。

淡路島の玉ねぎは絶品ですものね。
東京でも買うことができますが、お値段が高いので ハレの日用です。(笑)
Commented by よし坊 at 2018-06-06 10:04 x
何時も感心するのですが、本格的ですよね。我が家の近くでも熱心に畑をやって居る人が居ります。鳥撮り仲間にもおります。
ところで、粉もん食べるとお腹が減らない・・・・と言う事はないですか?過日家で作ったのですがその後お腹が減らなくて困りました。
僕も変な日本語が溢れていて毎日イライラの連続です。
日本発着だと日本人が殆どなんですね。皆さん上手に使ってますね。
フォーマルの日本人はどんな服装が多かったですか?知りたいです。
僕は台湾には良い思いでが沢山有ってとても好感を持って居ます。
先ずはともあれ無事な帰国良かったですね。次は何所かな?
Commented by shinmama at 2018-06-06 11:21 x
よし坊様

広島のお好み焼きは 関西風と違って 小麦粉を溶いた液をほとんど使わず ほぼほぼキャベツなんですよ。
ただ、そばを入れるとボリューミーになりますけど、、、。(笑)

今回のクルーズは ジュニアスイート以上3人目は無料なので、利用しました。
通常の価格でも 飛鳥の3分の1程度の予算でクルーズができますし、
今は最大で 52%オフのセールをしていると思います。
はい、プリンセスクルーズの中でも ダイアモンドプリンセスのゲストは いつも ほぼほぼ日本人です。
横浜発の時には 関東、東北の人が、
神戸の時は関西、四国中国地方の人が 多く乗るので、
船内の雰囲気は異なります。
フォーマルは 横浜発の時には リピーターが多いので 非常に派手なロングドレスで、
レンタルを利用されている人も いらっしゃるようですが
神戸の時は 着物の方もいらっしゃいますが、初めて乗船された方が多かったので
一般的な 黒のスカートにショールという 日本人フォーマルの典型が多かったです。
男性は どちらもダークスーツ程度で 他の外国船のようにタキシードの方は ほぼほぼいません。
中には 上着すら来ていない男性もいましたが、レストランOKでした。
ダイアモンドプリンセスに関していうと ゆるゆるのフォーマルです。(笑)

次のクルーズは 違う船で考えています。
Commented by spring-ephemeral at 2018-06-06 13:57
うつきよう です。

 今は「旬」がわからなくなったというより、「旬」がなくなってしまったような、スーパーの野菜ですものね。
 路地で育って採り入れ時を迎えた、「旬」の野菜、果物は貴重品ですね。
Commented by shinmama at 2018-06-06 17:08 x
うつきよう様

趣味で始められた農園が 今や産直市に野菜を収めるまでになられているのですが、
そうなると 野菜の値段を高くするために 
わざと 旬をずらして 作物を作るようになられたそうです。

かといって ご自分が召し上がるものは 旬の時期に作る、、ということで
私は その旬のお野菜を おすそ分けしていただいております。

長野のお野菜が美味しいんですよ、、、、と彼に言ったら、
「やっぱり 涼しいけえ 違うんじゃろうのぉ(涼しいから違うのでしょうね)」とおっしゃっていました。


<< 恩師からの便り 日本語は 難しい >>