墓参り 2018夏


 お盆に帰広できないので ちょっと早い お墓参り(お墓掃除)に。
 
 高温注意報が発令され、身体が危険なほどの猛暑ゆえ Shingranmaは 不参加です。

d0174983_16431857.jpg


 しかも お参りする墓地は 県内に3か所あるのですが、今日は そのうちの2か所だけに。

 というのも 集中豪雨による山崩れで 広島と呉を結ぶ道路が 高速道路も含め、ところどころで寸断され、
 しかも その影響で 遠回りの迂回道路が 早朝から夜遅くまで とても渋滞しているというのです。

 地元の友人に確認すると、普段なら1時間で行けるところが 3時間くらい かかっている、
 しかも 完全に復旧するのは 11月ごろになるのでは、、、と言われ
 この夏は、「下蒲刈」へ行くのを あきらめることにしました。
 
d0174983_22145990.jpg
 
 墓石に水をかけるとジュッと音がしそうなくらい熱せられている 墓地の気温は おそらく40度越え。
 Shinpapaが墓石を磨きながら、「火傷しそうだ」と 弱音を吐いています。(笑)

 かがみこんだり、急に立ち上がったりすると 目がくらくらします。
 高齢者夫婦が墓所で倒れたりすると ニュースで 面白おかしく取り上げられてしまうんだろうなあ。

 へえへえ言いながら掃除を済ませた後、ShingranmaとShinに LINEでお墓の画像を送り、
 それぞれの場所で ”クラウド お墓参り”? をしてもらいます。

d0174983_16432756.jpg
 

 夕食は 瀬戸内の魚を使う お寿司の「すし辰」へ。

 この店は 回転寿司ですが、瀬戸内海でとれた新鮮な魚を食べることができるお店として 人気があります。
 また テーブルに置かれた注文用紙に書いて頼むと 目の前で魚をさばいて握ってくれるシステムは なかなかいいです。

d0174983_21210933.jpg

d0174983_21211281.jpg

d0174983_21211619.jpg

d0174983_21212060.jpg


 集中豪雨の爪痕が深く残っているものの、カープとサンフレの調子がよいので、
 人々の会話には どことなく明るさがあるような気がする広島をあとにして 午後、東京に戻ります。
d0174983_21212532.jpg
 

by saint-arrow-mam | 2018-08-03 06:00 |   家族 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://runslowly.exblog.jp/tb/27021426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by TanMatsui at 2018-08-03 07:35
 こんなブログのように、墓参りを済ませ さらにあとで瀬戸の珍味を口にするが出来るのは、良いですね。
 
  私のほうは 広島での臨託の関係から、帰省日はまだ未定ですが。近々私も帰省して盆の準備をします。
そのときに行うことは、日中に行うと高齢者は熱中症にかかりやすいので 朝5時起き、
シャベル、熊手、バケツを持って墓まで歩いて出かけて 先ず雑草取り、
採った雑草と熊手で掃除した周辺のゴミ墓の敷地の隅に穴掘りをして埋める。 ここで汗ビッショリ。
あと除草剤散布、 これで日は高く昇る時間になる。

 暑い! 暑い! 腕や身体は汗と砂ぼこりでまみれている。 帰宅してシャワー、脱いだ衣類はその場で洗濯  フウッ!
 そんな一日からスタートです。

 なお。近々プチトリップ臨託で、西に向かい、安い 「かんぽの宿」 に一泊します。 
夏休みの先は長い フウッ ×2 !
Commented by shinmama at 2018-08-03 19:41 x
Hiro様

東京に戻ってきましたが、こちらも広島に負けず猛暑ですので
体力のメーターが どんどん少なくなっています。

ご両親様は 長い夏休みの中で ジージとバーバが お孫様の面倒を見てくだされば 
しばしの骨休みができますから お慶びでしょうね。

お墓掃除は 結婚した翌々年に 義父からバトンタッチされましたが、
それを 息子にバトンタッチできる日が 来そうもなく
また 実家は 姉妹ゆえ、墓守は 私たちで終わりますし 
我が家の お墓の問題は深刻です。


<< 上京の日 画像「瀬戸内の風景 クルーズ船より」 >>