『ルーブル美術館展』


 なんとも贅沢な 美術館の「ハシゴ」をしました。

 山種美術館の「恵比寿駅」から 国立新美術館のある「六本木駅」までは ほんの数駅。
 サイトで混雑ぶりを確認すると 閉館間際が良さそうなので その時間を狙って 行きました。

d0174983_16350762.jpg


 Shinが大学に入学した年、2人だけで10日間の自由旅行をしたフランス。

 旅行前に ”可能な限り 美術館を見て歩きたい” という彼の希望を聞いたので 
 パリのルーブル美術館の近くのホテルを本拠地にして 連日、美術館めぐりをすることにしました。

 その時、ルーブル美術館には 初日に行ったのですが 1日だけでは物足りず、
 パリにいる間、朝に晩に時間があれば ルーブル美術館に通い詰めていたShinのことを思い出しながら 
 ゆっくりと名画を見て回りました。

d0174983_16351260.jpg


 今回の日本のように ルーブル美術館の作品は 世界中に貸し出されていることが多いので、
 楽しみにしていた作品のいくつかが ルーブルに展示されていなかったことを 残念がっていたShinが
 目的の作品を この企画で見ることができたのかどうかも、、、気になるところです。

 バカ親は いくつになってもバカ親ですね。(笑)

d0174983_16351616.jpg

 一方、ルーブル美術館に行ったことのないShinpapaは 
 今回の「ルーブル美術館展」の展示作品数の多さに 大満足、大感激のようす。

 ルーブル美術館に行けば この数十倍の作品がある、、と思っても 口には出せず、
 Shinpapaが 喜んでいる姿を見るにつけ、
 相手を Shinpapaに代えて もう一度パリに行き「モナリザ」に会わなければ、、と思いました。

by saint-arrow-mam | 2018-08-15 18:56 |   美術・スケッチ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://runslowly.exblog.jp/tb/27055140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by よし坊 at 2018-08-16 09:29 x
美術に興味の有る人はとても秀才だと思います。僕は「ア、これね」で終わってしまいますから。勿体ないです。
ウ〜ン、ウオーターフォールが一番涼しげ!僕みたいな単細胞が好むんだろうな。
先の話に戻りますが妻はウナギと言えば宮川本店に食べに行ったそうです。
Commented by shinmama at 2018-08-16 19:08 x
よし坊様

歴史に弱い理数系ゆえ、ブログにすると 私の知識の底が浅いことが
バレバレになってしまい お恥ずかしい限りです。
<(_ _)>

若いころには 私も「へえ」「ほう」と見て歩くだけでしたが、
海外旅行に行くようになって、実際に多くの美術作品に触れるようになり、
ヨーロッパの貴族がパトロンとなり、美術工芸の発展に力を入れたことや様々な制限があるなかで描きたい絵を描いていた 昔の画家たちの繋がりを知ると
「建築」や「音楽」の歴史と 重なる部分が多くあり、それらを頭の中で自分なりに系統だてて行く作業が
パズルを解くようで面白いなあ と思うようになりました。

はい、今、リビングの額の中に 「ウオーターフォール」を飾っていますが
涼しそうでいいなあ、、、とShinpapaも気に入っています。

あら、、伊勢定以外のお店で食べるのは 正直不安だったのですが、
奥様が召し上がっていたと存じていたら、安心して食べることができたのに、、、、。(笑)


<< 歌丸師匠追悼公演 実術館で納涼 『水を描く』 >>