老化は着実に、、、


 このところ ドライアイ気味で、目薬をさしていたのですが
 体調の悪さのせいか 治りが悪いなあと感じていたところ、、、、

 有栖川宮公園に行ったときに、見える風景に違和感を感じました。
 まるで 近くで たき火をしているかように ガスっているのです。
d0174983_17125783.jpg

 瞬きを パチパチとしてみましたが、治りません。
d0174983_17122055.jpg

 年齢を考えて、即座に「白内障」という文字が浮かびましたが、
 友人がそうであったように 「白内障」と思っていたら 実は「網膜剥離」だった、、という事もあるので 
 念のため 眼科に行きました。
d0174983_18564902.jpg

 検査の結果は 軽い「白内障」で 「緑内障」でも「結膜結石」でも「網膜剥離」でもない、、、とのことでした。

 良く知られているように 「白内障」は 加齢やアレルギー、糖尿病などにより レンズが白濁することで起こる病気で
 手術でレンズを取り換えれば 二度と白内障になることはないのです。

 どうしても白濁が気になり 40代で手術を受ける人もいるそうですが
 何歳で手術をするか? あるいは白濁したまま一生を過ごすか?、、ということは 
 個人の考え方によるとのこと、、、、

 ふむ、避けては通れないという事か。

d0174983_17130008.jpg


 Shingranmaは 80歳を過ぎて日帰りで手術しましたが、
 術後 とてもクリアに見えるようになり
 「世の中が明るくなった。 早く手術すればよかった」 と何度も言っていました。

 しかし こういう手術は日進月歩で、昔に比べればレンズも手術法も かなり進化しているようですから
 私には 速い時期に手術をすることが 得策とは思えません。

 よって 今は「白内障」の進行を抑える目薬を とりあえず試してみようと 思います。

 あ~~  
 着実に 老化は 進んでいます。

by saint-arrow-mam | 2018-08-21 19:12 |   健康 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://runslowly.exblog.jp/tb/27065514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by okadatoshi at 2018-08-21 22:30
現職時代の人間ドックで糖尿病境界線といわれ
以来定期的に検査をしています。
その検査の中に眼科検診も入っていますが、2日前に受診しました。
軽い白内障と加齢黄斑変性の診断があり経過観察をしていますが
進行は見られないので、4ヶ月に1回の検査が
次回は6ヶ月に1回に伸びました。

加齢と共に弱い部分にダメージが出てきます。
認知症の進行は味覚が分らなくなってくるとの説もあります。
ワインの味も分りグルメの求道者のお二人は大丈夫ですね。
Commented by TanMatsui at 2018-08-21 23:42
 私も過去のブログで、運転免許更新時に視力回復で眼鏡を変えたこと、また見える風景に違和感を感じ、
ドライアイ気味ではないかと、気になった時期がありました。

 そして現在も平素目薬が手放せず、クシャクシャしてくると目薬の世話になっています。

 ところがです。 今回約10日間実家に帰省した間には、目薬を一度も使わず、目のクシャクシャ感を全く感じなかったのです。

 そして広島に帰り、この2,3日 かなりの時間 パソコンに向かっていると、
目の違和感を生じました。 ご存じ 八丁堀で開業している教え子のT井君の言葉で、
目の異常は長時間パソコンを見ると必ず起きる症状と言うとおりです。
10日間 実家でアナログ生活をしていたら、目のことを忘れていました。
さらに 孫達と大山にブルーベリー狩りに出かけ、
現地の農園内で腹一杯食べたのも原因か? (笑) 
Commented by 小肥り at 2018-08-22 06:05 x
ボクも白内障。手術がイヤでグダグダと伸ばしておりました。
いよいよ免許証の書き換えが迫って、イヤイヤながら入院、手術。
最初は怖かったんですがね・・・
今ではもっと早くやってりゃよかったと思ってます。
快調、快調です。
Commented by パンジー at 2018-08-22 10:55 x
テニス仲間には、日光性の白内障にかかり、50台で手術してる人もいます。
炎天下テニスしてるのですから、目の老化も早いのかな?
ありがたいことに私の目は、強い日差しの中、サングラス無しでも大丈夫。
それとも常用の遠近両用めがねの紫外線対策がいいのかしら?
数年前に目の調子が悪く受診した時、「緑内障になりやすい目」といわれ、
それ以来半年に一回の検診を受けてます。
いい機会になりました。
検診を受けるたびに増える経過観察が、要治療にならぬ様気をつけねば…
避けて通れない老化の道ですが、やはりショックです。
Commented by shinmama at 2018-08-22 11:50 x
okadatoshi様

義父は 加齢黄斑変性症で視力がかなり低下し、不自由になったので手術をしましたが、
体質的なこともあり、良くなりませんでした。
DNAを引き継いだShinpapaも 加齢と共に目が弱くなっていますが、
義父同様、手術をしても 今より良くはならないと言われたそうです。

>加齢と共に弱い部分にダメージが、、、
はい、最近、それを実感することが多々あります。
車でもなんでも 長年使っていれば、限界点がやってくるように
身体のいくつかの部分は オーバーホールを待っているのだと思います。

それがわかっていながら、愚かな夫婦は 精神的に未熟なために、
若いころののように暴飲暴食の日々を送っています。
この「つけ」が どーーんと やって来る日が近い気がするのですが、、、。
Commented by shinmama at 2018-08-22 12:00 x
Hiro様

>目の異常は長時間パソコンを見ると必ず起きる症状、、、
私も 目医者さんに パソコンをすると 瞬きの回数が極端に減るので
、ドライアイは避けて通れない、、と言われました。

身体のストレッチと同様に、パソコン作業の後に「目のストレッチ」をするだけでも違うでしょうが、
パソコンの電源を切って、すぐに続けて本を読んだりしています。
特にスマホを持つようになってから 目を酷使することが増え、肩凝りも、、、、。
手遅れかもしれませんが、毎日の体のストレッチメニューに 目のストレッチも加えようと思います。

アナログ生活、ブルーベリー生活、、、
Hiro様は パソコンから離れる環境が 自然な形で確保できていらっしゃるので
目の病気の心配は 不要ですね。 (見習わなくちゃ)
Commented by shinmama at 2018-08-22 13:13 x
小肥り様

「加齢」による白内障であったことを 外科医をしている義弟に愚痴ると
「お姉さん、ちょんまげの時代なら ほとんどの人が すでに死んでいた年齢ですよ」と言われてしまいました。
たしかに 長生きをするようになったら、なった分だけ
身体的なリスクが増え、目も耳も耐久年数を越えますね。

白内障の手術をされた知人たちが 口をそろえて
「世の中はこんなに明るかったんだ。もっと早くすればよかった」というのを聞くと
手術結果の期待値は高く、手術を受けることの正当性が 保証されている気がします。
あとは いつにするか、自分の決断次第、、、という事ですね。
Commented by shinmama at 2018-08-22 13:28 x
パンジー様

「カメラを構えるために、旅先でサングラスをかけないのですが、
それがいけなかったでしょうか?」と 先生に聞くと、、、
「年齢的原因の方が 強いと思います」と言われてしまいました。(笑)

最近、耳も老化し、クリアに聞こえにくくなったのか
夫婦で会話の内容を聞き違え、それがあまりにばかばかしくて 笑うことが多くなりました。
笑っていられるうちは良いのですが、そのうち、、、
考えただけで 恐ろしいです。


<< 到来物の おもてなし(ももとなし) MOET&CHANDON  B... >>