豊洲市場に移転後の 築地市場 


 豊洲市場に移転した翌日から 築地市場では すでに解体工事が始まっています。
d0174983_17042288.jpg

 かつて築地市場の場内にあった店舗は 一斉に豊洲市場に移転したのですが、
 「築地場外市場」と呼ばれていたエリアの店舗の多くは 築地に残っています。

 平日にもかかわらず、築地の場外市場が 多くの外国人旅行者で賑わっているのをみると
 彼らは 市場が 豊洲に移転したことを知らなくて 築地に来たのではないかと思います。
d0174983_17045136.jpg

 一方で 中央区が設置した 仲卸を経営母体とした生鮮市場「築地魚河岸(つきじうおがし)」が 新しくオープンし、
 築地の活気とにぎわいを 将来に向けて継承しようとする 積極的な姿勢は見えます。
d0174983_17042736.png

 「築地魚河岸」は 小田原橋棟(おだわらばしとう)と海幸橋棟(かいこうばしとう)の2棟で構成され、
 1階が 水産物と青果物の市場となっており、築地の名店 約60店舗が軒を連ねています。
d0174983_17042427.jpg

d0174983_17151906.jpg

 でも 知名度が低いからでしょうか?
 それとも 館内で飲食することが許可されていないからでしょうか?
 館内に 人の姿は まばらで、お店の人の売り声だけが 空しく響いていました。
d0174983_17043831.jpg

 築地に行くと いつもお昼ご飯を食べるために 立ち寄る「鈴木水産」。

         ブログ 「鈴木水産」 → https://runslowly.exblog.jp/22782580/

 いつもは 行列必至、売り切れ覚悟 のお店ですが、
 今日は 行列が無いだけでなく 席が たくさん空いていたので びっくりしました。
d0174983_17045347.jpg

 なんだか 拍子抜けしたものの お目当ての「特・ウニ定食」を食べました。
d0174983_17045678.jpg

 箱盛りの新鮮なウニは 変わらず美味しくて ホッとしましたが
 いつも元気な おばちゃんの声が 心なしか沈んでいたように感じました。
d0174983_17045953.jpg

 豊洲市場の飲食店は オープン当初から、1時間待ちの状態とか。
 それに比べて 築地では 以前の人気店が ガラガラ。

 人々の関心も 築地市場から 新しくて衛生的な豊洲市場に 移転してしまったのです。

 これから 築地場外市場エリアの飲食店は 
 生き残りをかけて 相当の営業努力をしなければならないでしょう。

d0174983_17050271.png
 
by saint-arrow-mam | 2018-10-16 18:46 |   暮らしの手帳 | Comments(2)
Commented by 小肥り at 2018-10-16 19:59 x
今さら・・・ですが・・・
「築地を食のテーマパーク」にする・・・と言った都知事の言葉は軽はずみでしたね。
豊洲と築地に似たようなコンセプト空間が出来るのは困ったことです。
開場を2年間延長したことも自分の存在感を満たすためだけだったような・・・
Commented by shinmama at 2018-10-16 20:40 x
小肥り様

>「築地を食のテーマパーク」にする・・・と言った都知事の言葉は軽はずみ、、
はい、まったく同感です。
その言葉を信じて 豊洲移転のあとも 築地に残る決心をして
設備投資をした店舗があるのではないかと思います。

でも 知事がその後、具体的に何もしないまま、豊洲に移転してしまいましたので、
築地に残ったお店の方達は 先行きが不安でしょうね。

有名な飲食店舗は 築地にお店を残したまま 豊洲にも新店舗を展開しているようですので、
様子を見て 将来 どちらかに絞るのではないでしょうか?

豊洲に住んでいる私には 築地も近いのですが、新豊洲はもっと近いので
これからは 新市場を利用することになると思っています。
ゆえに 今の異常な人出が落ち着いたら、豊洲市場に偵察に行こうと思います。


<< 至福のモンブラン リトルマーメイドの日 >>