みちのくハイキング 3日目


 なぜか 5時には 目が覚めるので とりあえず温泉に入り 7時に朝食を済ませました。
 8時にホテルを出発して 青森県との県境まで 北上します。

d0174983_22461896.gif


 バスが 日本海に沿って走っていると 五能線を走る観光列車に出会いました。
 
 ちなみに バスの席は 日替わりで添乗員さんに指定されるのですが、
 この日は ラッキーなことに海側でした。
d0174983_22462362.jpg


 2010年に 五能線に乗った時に 日本海の海岸線のユニークさに感動し、
 もう一度 その海岸線を見てみたいと ずっと思っていました。

 でも あっという間に時は流れ、9年経って やっと再び見ることが出来ました。
d0174983_22462703.jpg


 「白神十二湖」が有名ですが、「白神十三湖」というエリアが別にあり
 実際には 33個もの池があるそうです。

 まずは 車窓から、、、4つの池を確認。
d0174983_22464993.jpg

d0174983_22465332.jpg


 地図で見ると 青いラインは バスで走り 赤いラインは 歩きました。
d0174983_22470003.jpg


 白神山地は 日本で初めて登録された世界自然遺産ですが、「白神十二湖」は その範疇に含まれず
 13万ヘクタールもある ブナの原生林がその対象であることの説明に 愕然とします。
d0174983_22470312.jpg


 曇っているのですが、晴れ間が見えると 池の水の色が急変するのが とても神秘的でした。
d0174983_23040945.jpg

d0174983_23063264.jpg

 ここから 「ブナの自然林」に入ります。

 ガイドさんは 渡辺さんと見習いガイドさんですが、秋田弁ではない”標準語”でした。
 はい、失礼なことを申しました  <(_ _)>
d0174983_23041453.jpg

 説明の要約
  ブナのような落葉広葉樹の森は、針葉樹林にくらべて高い保水力を持っている。
  土には落ちた葉が積み上がっており、ミミズなどの動物が落ち葉を食べてやわらかくし、
  土にすき間が多くなるため、水をためやすくなる。
  ブナ林は水源であり、ヨーロッパでは、ブナのことを「森の聖母」と呼んでいる。

  豊かできれいな水を吐き出すおかげで、多くの生物がその恩恵にあずかっている。
  例えば 川の上流ではアユやイワナなどの魚を育て、下流では平野の農作物や飲料水として人間が利用している。
  沿岸の海藻類も ブナ林由来のきれいな水で育ち、その海藻を海の魚が食べることから
  間接的に漁業にも影響を与えている。


d0174983_23041898.jpg


 ウッドチップが敷かれた アップダウンが無い散策ルートを歩きますので
 皆さん 軽口をたたきながら 軽快なフットワークで歩きます。
d0174983_23042159.jpg


 次から次に 池が現れますが 山野草がないので 私には面白くありません。
d0174983_23042576.jpg


 早朝なら カワセミがいるそうですが、この日のお当番は「キセキレイ」でした。
d0174983_23043256.jpg


 森に入るにつれて 多少のアップダウンが続き 皆さんの口数が少なくなった頃、
 絶妙のタイミングで ランチタイム at リフレッシュセンター。
d0174983_23043944.jpg

d0174983_23063264.jpg


 昨日の話では 今日はアップダウンのない楽な道のはずが ここまで歩いてきた道以上に
 これから先は 山道に入り、急斜面が続く、、、と ガイドさんがいうのです。

 そこで ここでリタイアする人たちは ランチ後 バスでゴールまで移動することに。
d0174983_11181601.gif
 

 ここからの道は 森の中を歩く道で、木の根が顔を出す 歩きにくい道です。
d0174983_23211537.jpg

d0174983_23212090.jpg


 暗い森の中を もくもくと歩いている途中で、、、、
d0174983_23212305.jpg


 珍しい「ギンリョウソウ」を見つけたので ガゼンやる気になったのですが
 「この辺りでは 珍しくないよ」 とガイドさんに言われ、一瞬で落ち込みました。(笑)
 
d0174983_11394888.jpg


 女性の中には 手助けをしないと 急坂を下りることが出来ない人が出始めたので
 全員がケガをしないで 降りることが出来るのかどうか 心配でした。

 それだけに 急に視界が開けて 「日本キャニオン」が見えたときには ホッとしました。
 
d0174983_23212650.jpg


 <この日の夕食>
d0174983_15252535.jpg

by saint-arrow-mam | 2019-06-12 00:00 |   東北地方 | Comments(4)
Commented by okadatoshi at 2019-06-16 18:04
白神十二湖周辺も青池の往復だけ。
八幡平もガスで何も見えず。
日本キャニオンもバスで遠望しただけ・・・。
東北地方の北の3県を二泊三日で
時計の早回しのように駆け足で廻った
私たちのツアーに比べ、
晴天の中をゆったり新緑散策をされうらやましいです。

物足りなかったのか山姥ガールのつれあいは、
今日もお仲間と六甲山入りです。
私はボッチ散策。
Commented by tocblanc at 2019-06-16 19:16
お帰りなさい!
写真の観光列車は「リゾートしらかみ」の ”橅(ブナ)”編成 ですね!!
Commented by saint-arrow-mam at 2019-06-16 20:51
okadatoshi様

お仕事やボランティアなど キョウイク、キョウヨウがおありのokadatoshi様の事を考えて、
奥様が コンパクトで最適なご旅行を選ばれたのでしょうね。

今回は 多くの晴れ女、晴れ男のお陰で お天気には恵まれ、
前日までは雨の中大変だった、とガイドさんが話していました。

最近、山を歩くことが無くなってしまっていましたが、今回の旅行で
やっぱり山歩きはいいなあ、、、とつくづく思いました。

今日の夕食は 収穫した「山菜づくし」。
旅の 余韻を楽しんでします。
Commented by saint-arrow-mam at 2019-06-16 21:01
tocblanc様

ガイドさんが 観光列車%$&#’&とおっしゃっていましたが
”リゾートしらかみ”以外 はっきり聞こえず そのままに。

「橅」という列車なのですね。
教えていただき ありがとうございました。



<< 秋田の原風景 ナウ 日本キャニオン なう >>