みちのくハイキング 7日目

d0174983_20500584.gif


 お宿の計らいで 最後の日は 「山菜とり」に出かけます。

 ガイドさんは 地元にお住いの 「山菜名人」2名。
 でも 失礼ながら、おっしゃることが半分くらいしかわかりませんでした。
 秋田弁は難しい!!
d0174983_20500843.jpg


 熊が多い場所なので、くれぐれも単独行動をしない様に、、、と釘を刺されます。
d0174983_20501163.jpg


 ここ一週間、晴れていたので ワラビが姿を消してしまったそうです。
 そうか、雨も必要なんですね。
d0174983_20501337.jpg


 本日のお目当ては 「ミズ」です。
d0174983_20501621.jpg


 我が家は Shinpapaが好きな「蕗」を 中心にとりましたが
 中には「ネマガリダケ」を たくさん取った人がいて 皆が羨望のまなざしで、、、(笑)。
d0174983_20501974.jpg


 最後の最後になって 雨が降ってきたので お宿に戻ります。
d0174983_20502495.gif


 お宿で ランチを食べて、温泉に入り、親しくなったご夫婦とダベリング。

 それぞれに のんびりした後
 関西組と中部組は秋田空港へ、関東組は 添乗員さんと一緒にJR角館駅へ。

 ところが 関西組にハプニング、
 悪天候のため、伊丹空港へは着陸できそうもない、、ということで 秋田空港で2時間近く待たされたようで
 添乗員さんは 連絡に追われていました。

 角館駅で 時間があったので、駅周辺をぶらぶらして、、、、
d0174983_20502943.jpg

 帰途に。
d0174983_20502780.jpg


 <この日の昼食>
d0174983_15300759.jpg

 追加をレストランで、、、
    https://runslowly.exblog.jp/27646763/
 
by saint-arrow-mam | 2019-06-16 00:00 |   東北地方 | Comments(4)
Commented by うつきよう at 2019-06-19 00:23 x
 八幡平には3度ほど行きましたが、
 いずれも雪のある時期ではなかったので、
 残雪の八幡平は新鮮でした。
 山岳風景を見慣れている長野県人の多くが、
 八幡平と青森の八甲田の紅葉だけは「長野にはない」と絶賛します。
 機会がありましたら、秋の八幡平もぜひ!

 私は、shinmama様がご覧になった鳥海山のちょうど真裏の山形側からアプローチしましたので、
 裾野を引く全体の山容は見られなかったのですが、
 今回、美しい姿を見せていただくことができて惚れ惚れ眺めております。

 ミズ、おいしいですよね。
 実は太郎山にもあるのですけど、
 誰も採らないんです。
 もっとも雪国のものほど太くないので、
 イマイチなんですけど・・・
 山蕗! 垂涎!   
Commented by saint-arrow-mam at 2019-06-19 09:51
うつきよう様

実は八幡平に1週間滞在する、、というツアーもあったのですが、日程が合わなくて、、、。
紅葉の時期が良いのですね、、、( ..)φメモメモ
いつも 貴重な情報をいただき ありがとうございます。

私には 山の知識がないので、見上げる方角が異なると 山の形が変わるので、山の名前がわからなくなります。
山を平面でしかとらえられず 3Dで見えないのが敗因です。(笑)
それだけに うつきよう様が登られた山形側から見たら 鳥海山が どんなふうに見えるのか 実際に見てみたい気がします。

ミズ、、、佃煮みたいにした料理を 現地で何度か戴いたのが美味しかったので、家でも作りました。
灰汁が少なく調理しやすい山菜で、初めての食材でしたが、美味しくできました。
ハイ、蕗も美味しかったです。 
Commented by よし坊 at 2019-06-19 11:19 x
飛行機はね、、、何が起きるか解らないですから。
せっかくですから鳥海山に登っちゃえば良かったのに!
起床・食事・集合出発が毎日決まっていると間違いなくて良いですね。歳をとると今日は何時に・・・なんて、、、
雪道でガイドが対応に追われた様子が伝わって来ますよ!オ?ストックを持って居る人も居たんですね。雪道は頼りになります。晴天だけでなく水芭蕉も歓迎してくれましたね。
Commented by saint-arrow-mam at 2019-06-19 14:17
よし坊様

添乗員さんが 関東組と一緒に行動しているので 関西組は不安だったようです。

それまでは 勝手し放題で 気の強い人達でしたけど、
添乗員さんが電話で 何度も「落ち着いて、落ち着いて、冷静に、冷静に」と励ましていました。(笑)

登山経験がある人たちだと自分で判断できるのでしょうが、
ハイキング初級、、というのは 中途半端な表現なので、経験や体力の差が大きく ガイドさんは大変そうでした。

私も 膝が心配だったので、ストックを2本持って行きましが 雪道では 1本Shinpapaに取られてしまいました。


<< みちのくハイキング 植物編 いぶりがっこ&生ビール なう >>