下船後のマースダム(紀行ブログを始める前に)


 キャプテンの英断で 「函館」を 予定より7時間早く出港し、夜中のうちに横浜に入港したので
 14日の飛行機で 海外の我が家に帰るゲストたちは 予定通りの飛行機に乗れることをとても 喜んでいました。

 日本人とは異なり、クルーズ後に 飛行機で海外へ帰らなければならないゲストの気持ちは
 実体験として よくわかりますので 本当に良かったと思います。

d0174983_09395696.gif

 実は マースダムは 私たちが下船したその日に 新たなゲストを乗せて、
 私たちと同じコースを もう一度周回クルーズすることになっているのですが
 台風10号が 自転車のようにゆっくりと進んでいるので、
 予定していたコースに進むことは ほぼ不可能な状態になっているはずなのです。

 下船するときに このまま、ひょっとしたら「横浜」に足止めになるかも、、、という話は
 ありましたが
 どうなったのか気になり、サイトで調べると

d0174983_09183027.jpg


 なんと 17日の4時30分まで 横浜の沖に錨をおろし、停船することにしたようです。


 埠頭に着岸していれば ゲストたちは 船を降りて横浜の街に行ったり、船に戻ったり自由にできますが
 沖にいると それは少し 難しいかもしれません。
 波が穏やかであれば テンダーボートを利用できますが、波が荒くなって 船に戻れなくなると困りますし、、、、。


 おそらく 「清水」「神戸」「高松」「高知」は 抜港に決まったのではないでしょうか?

 そうなると 「神戸」から乗船する予定の人は 新幹線で横浜まで 移動?  
 それはそれで お盆と重なっているので、新幹線の手配が 大変でしょうね。
d0174983_09182694.gif


 クルーズの場合、天候によるコースの変更は 致し方ないこととはいえ、
 キャプテンによっては 危険な荒海を進むことを選択する人もいるので 運不運があります。

        

by saint-arrow-mam | 2019-08-15 09:46 |   (MD)ロシア・日本周遊(’19) | Comments(4)
Commented by よし坊 at 2019-08-15 10:16 x
色々大変な事ですね。うつきよう様は旅行を中止したし、、、、、、台風の最中昨夜の天皇杯はやったんですよ、、選手が帰れなく成ったら困るのに、、
Commented by saint-arrow-mam at 2019-08-15 10:56
よし坊様

巨人の選手も 広島戦のあと 東京に帰れずに広島に足止めになったとか、、、
ま、彼らは どうだっていいですけどね。(笑)

広島の古家が心配ですが、豊洲にいると 青空が見えているので
どうも台風の実感がありません。
ただ、風が強いので、横浜の沖も 波があるんではないかと思います。
Commented at 2019-08-16 01:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saint-arrow-mam at 2019-08-16 09:12
onohito920様

今回もShinpapaは 酔い止めの薬を何度か飲みました。
船の中央、船の低い位置、生姜を食べる、海の遠く水平線を見る、、、、など 
酔わないために いろいろ方法はありますが、薬が一番手っ取り早いです。(笑)

初めてのクルーズでアメリカのハリケーンによる抜港を経験しましたが 結構ショックなものです。
そういう意味で 今回 抜港にならなくて ラッキーだったと思います。


<< 船内での食事 クルーズ15日目 横浜下船 >>