クルーズ4日目 高松

 南下するにしたがって 外気温がどんどん高くなっているのですが
 室温は一定なので その差がどんどん大きくなります。

 部屋に置いておいたカメラが冷えていたので、デッキに持って出た途端に レンズが曇ってしまいました。

 翌日から 部屋では カメラを タオルにくるんでおくことに、、、。
d0174983_15135429.jpg
 
d0174983_15144822.gif

 高松には 何度か来たことがありますが、クルーズでは初めての経験です。

 入港は7時 出港は5時半。
 観光する時間は 多くありますが、何か面白い経験をしたくて、
 乗船する前に 「船が主催するエクスカーション(英語)」に申し込んでいました。

 朝 8時半に ショールームに集合。
d0174983_15135710.jpg


 船を降りたところに 観光バスが来ています。
 ガイドさんは 当然ながら日本人 英語で説明します。

 ところが 申しわけないのですが、この英語が 酷過ぎる、、、
 後ろの席のアメリカ人が 「何を言っているかわからない」と嘆いていました。
d0174983_15140007.jpg


 最初に行ったのは 「ジョージ・ナカシマ記念館」。
d0174983_15140315.jpg


 彼は Japanese-Americanで 20世紀を代表する家具デザイナーのひとりで
 イサム・ノグチとも交流があったという彼は 日系人として アメリカの戦中戦後を苦労して乗り越え
 やがて、アメリカで認められ、その作品はスミソニアン・アメリカ美術館、ボストン美術館などに収蔵されています。
 
 日本でも国立近代美術館、東京都現代美術館などに作品が置かれていますが
 世界で評価されているのに比べると 日本人には あまり馴染みのない木工家です。

d0174983_15140763.jpg

d0174983_15141051.jpg

d0174983_15144822.gif

 次に 訪れたのは「盆栽街道」です。

 海外の自宅に盆栽を持っているか? と聞くと ほぼほぼの人が YESと答えました。
 きっと 私の周囲の日本人に聞くと ほぼほぼの人が NOと答えるのではないかと思うと
 おかしな現象です。(笑)
d0174983_15141311.jpg


 暑い中 彼らは一塊になって 盆栽を見て歩くのですが、
 説明をする植木職人の方が寡黙な方で 加えて通訳するガイドさんの英語が酷いのですから
 なんだか盛り上がらず お気の毒でした。
d0174983_15141665.jpg


 しばらくたったころ、園内で 自由行動になったので、
 「何か質問はない?」と傍にいる外国人に聞き、
 それを 日本語で職人さんに聞いて、その答えを 英語でフィードバックしていました。

 買って帰りたかったようですが、検疫の関係で 購入してもって帰れないと言われ、ガッカリしていました。
d0174983_15141934.jpg


 バスで船に戻りましたが、乗船せず、Shinpapaが推薦するお店に向かいました。
d0174983_15142200.jpg

d0174983_15144822.gif


 高松では 美味しいおうどんを食べさせてくれるお店を何件か知っていますが
 「一鶴」は ”骨付き鶏” を食べさせてくれるお店で 地元では行列必至の有名店です。 
d0174983_15434047.jpg


 Shinpapaはゴルフ仲間と来たことがあるそうで、
 「おやどり」と「ひなどり」の食べ比べをするのが 楽しいとか。 
d0174983_15434375.jpg

 確かに 歯ごたえがあり、じわっと旨みを感じるのは 「おやどり」で
 柔らかくて たれの味と一緒に食べれるのは 「ひなどり」なので 好き好きでしょうね 
d0174983_15434842.jpg


 また、「おや天」と「かわ酢」は 絶対食べるべき、、、というShinpapa。
d0174983_15434637.jpg

 確かに おいしいーーーー ビールに良く合う!!
d0174983_15435168.jpg


 横浜にも 大阪にも系列店があるようですが、次に高松にくることがあったら もう一度来たいと思いますので
 ブログに残します。

 一鶴 高松店 TEL 087-828-3711
 高松市 鍛治屋町4-11  

 平日  17:00~23:00
 土日祝 11:00~23:00

   地図


d0174983_15144822.gif

 船に戻ると 埠頭で 「さぬきううどん」の振る舞いが、、、。

 今食べて来たばかりですが、おうどんは 別。
 うーーーん、美味しい。

 隣に座ったアメリカ人夫婦が お箸でうどんを食べているところを写して欲しいというので スマホを構えると、
 一生懸命に お箸でうどんを掴もうとしては 失敗して 大笑い!!

 それがきっかけになって 栗林公園の素晴らしさや 玉藻公園に感動したことを話してくれて
 だんだん 話が盛り上がり、汗を流しながらも 楽しい時間を過ごしました。 
d0174983_15435491.jpg


d0174983_15144822.gif

 お部屋に戻ると 和菓子が届いていました。
 なかなか 気の利いたことをする 高松港です。
d0174983_15435723.jpg

d0174983_15144822.gif

 
 スパ、夕食、そして TOMOKO/KAWAMURAの ピアノコンサートを聞いて、、、、
 と ここまではいつもの事ですが

 今日は その後にミッションがあるのです。

 それは 船が 高知に向かって運行する際、
 大鳴門橋ではなく ライトアップされた明石海峡大橋の下を通るのではないかと、、、、

d0174983_16154858.jpg


d0174983_16155016.jpg

d0174983_16155364.jpg

d0174983_16155793.jpg

d0174983_16155920.jpg


 予想的中、、、、大満足で寝の谷へ。

by saint-arrow-mam | 2019-08-04 00:00 |   (MD)ロシア・日本周遊(’19) | Comments(4)
Commented by うつきよう at 2019-08-16 00:02 x
 信州人ですから、蕎麦は大好きですが、
 蕎麦に限らず麺類はなんでも大好きで、
 もちろんうどんも大好き!
 讃岐うどんも、四国まで食べに行きましたが、
 高松は行ってないです。
 高松に立ち寄るチャンスが巡ってきたときには、
 おいしいお店、教えてください!
 
 
 
Commented by saint-arrow-mam at 2019-08-16 09:07
うつきよう様

町の中にも市民それぞれがこのむ「うどんやさん」があるようですが、
私の知っているお店は 少し郊外になります。
でも 現地では いつもレンタカーで移動されるうつきよう様ですから 大丈夫だと思います。
 
高松に行かれる際には お声をかけてください。
Commented by tocblanc at 2019-08-16 18:31
高松寄港の様子、ありがとうございました.
参考にさせて頂きます.
toc
Commented by saint-arrow-mam at 2019-08-16 19:44
tocblanc様

高松では 日本人用のエクスカーションの設定が無かったので、
英語のエクスカーションに参加しました。
気候が良ければ、栗林公園+うどんの名店がベストでしょうね。

いずれにしましても 明石大橋のライトアップは 是非ご覧ください。
(^^)/~~~


<< 高知 ナウ ぜよ 高松 ナウ >>