2011年 02月 04日 ( 2 )

松山は子規庵にきたぞなもし

d0174983_14264715.jpg

内子、砥部を経て松山に着きました。
今夜はやっと広島だなもし。
by saint-arrow-mam | 2011-02-04 14:26 |   中国・四国地方 | Comments(2)

旅は道連れ 夜は寝酒 その5

 「今日は何曜日だっけ?」
 ゴミを出さない日が続くと、曜日の感覚が薄らぐものだということを実感しました。

 「今日は帰るよね?」と私。   「わからんよ」とつれない返事。
 では、とりあえず、朝ごはんをいただいたら、桂浜へ行ってみるぜよ。
d0174983_2110186.jpg

 
 高知市内を抜けていく途中で、朝市を発見。
 「木曜市」と書いてあります、そうか今日は木曜日なんだ。
d0174983_21122728.jpg

 高知市内は広島と同じように市電が走っていて、軌道内を走ることが許されています。
d0174983_21165343.jpg

 道路幅が狭いので、電車の後ろを追いかけて走るしかできません。
 一緒に停留所に止まる等、なんとなく落ち着かない気持ちです。
d0174983_21185165.jpg

 後続車が、私の車と電車の両方を追い抜いて行ったので、それじゃあ と右に出た途端に
 向こうから電車が来たぁーー。 
d0174983_21204143.jpg

 あわてて、また元に戻りました。
 そんなこんなで、桂浜に着いたぜよ。
 
 まず、夫の希望で闘犬センターに立ち寄りました。
 平日は闘犬イベントはなく(木曜日でよかった)横綱のワンちゃんを見せていただきました。
 恐ろしい犬だろうと思っていたら、気の弱い優しそうな眼をしたワンちゃんでした。
d0174983_21252522.jpg


 桂浜に出たところ、とても高い台の上に大きな龍馬さんがいました。
 早速、カメラでブログアップしました。
           http://runslowly.exblog.jp/12807870/

 平日の朝とありまして、桂浜には人影がありません。太平洋は波の音も豪快です。


 この海の先に、竜馬は何を見たのでしょうか?
d0174983_21325039.jpg

 上から見ると、海の透明度が非常に高いことが良くわかります。
d0174983_21334853.jpg

 桂浜をゆっくりゆっくり歩いて往復し、最後に二人で俳句をひねり、
 お互いの作品を聞かないまま「俳句ポスト」に投函しました。

 車に戻ったところで、「もう1泊してもいいか?」と夫。
 聞けば、内子の近くの小藪(おやぶ)温泉。
 
 昨晩「温泉シュラン」の本で「まっとうな秘湯」と書いてあるのを見て、
 行きたくなったのだとか。 早速、電話をかけて宿泊予約。

 しかし、地図で場所を確認すると、山越え道。 「四国カルスト」と書いてあります。
 またか、、、。 

 そういえば昨日買った「イチゴ大福」と「酒饅頭」と「生卵」があることを思い出しました。
 帰らないのなら、何とかしなくては、、、、、。
 そうだ、今日の昼ごはんは、これにしよう、といっても「生卵」は無理ですが。(笑)

d0174983_21492461.jpg

 国道197号線に入る所の看板に「チェーン装着」と書いてあります。
 昨日の「チェーン携行」ではなく「チェーン装着」です。
 しかし前方の山を見る限りでは、大丈夫そうに見えます。 (何を根拠に、、)
d0174983_21525946.jpg

 ちょうどそこへ通りかかった路線バスを手を上げて止め、
 運転手さんに、
 「ここから先、チェーンがないと無理ですか?」と伺うと (なんて厚かましい)
 「今日は大丈夫だろう」とのことでした。

 「よし、行こう」と走り始めて、すぐに雪を見る羽目に。
 ダメだったら無理をせずに引き返す覚悟で走っていくと、
 トンネルを出たところの水車がこの状態。  しっかり凍っています。
d0174983_21591025.jpg


 しかし道路は濡れているものの凍ってはいないので、ノーマルタイヤで走れる状態です。
 途中、風景印をいただきに郵便局に立ち寄るたびに、行く先の道の状態を聞くことに。
 
 「峠をノーマルタイヤで越えてきた?すごいですね」と何度も言われ、
 1、2日前だったら、全く通行は不可能であったようです。

 ➓愛媛県大洲市肱川町宇和川
 秘湯かもしれませんが、ここへ泊るの?と聞きたくなるような山奥のお宿(民家?)。
d0174983_2235172.jpg

 玄関から階段で降りて降りて、川面のすぐそばまで降りていくと
 中庭があり、渡り廊下を進むと風情がある客室につながっていました。
 
 早速、温泉へ。  誰もいなかったので、お風呂をパチリ。
 お湯はトロロンとして、まったりと体にまとわる感じです。
d0174983_2243359.jpg

 でもここなら、クマが出ようが、イノシシが出ようが、不思議はありません。
 
 おかみさんがとても良い方で、
 私たち夫婦だけのために、囲炉裏の部屋に夕食を準備してくださいました。
d0174983_2263370.jpg

 土日は予約が難しいと道中で郵便局の方にお聞きしたのですが、今日は貸切り風呂です。
d0174983_2284063.jpg

 「キジ鍋」「アユの塩焼き」 など、どれもお料理がおいしくて、ビールがすすみます。
 体重計で量りましたら、2㎏増えていましたが、今日も体重計が壊れていることにします。

d0174983_22324342.jpg


 
by saint-arrow-mam | 2011-02-04 00:00 |   中国・四国地方 | Comments(4)