2018年 04月 26日 ( 2 )

サンドラ&ミック 再来日


 昨年 クルーズ船で 広島に来たときに 「来年も来るよ」と言っていた サンドラとミック。

      ブログ 「4年ぶりの再会」→ https://runslowly.exblog.jp/23986313/

 2月にメールが来て 彼らの日程がわかったのですが、私たちのクルーズと ニアミス。
 会えるのは 私たちがクルーズから帰って来た日しかありませんでした。

 そこで 25日の午前中に 私たちが横浜で下船して、豊洲に戻り、
 午後2時に 銀座の彼らの泊まっているホテルへ行くことに。

 まずは、お決まりの「浅草・雷門」へ。

 仏像の説明、建物の説明、天井に天女が描かれている理由など
 情けないことに 何も知らないので 説明できませんでした。
 あわてて、社務所で 英語のパンフレットをもらいました。

 初めての経験 その1 「おみくじを引く」
 
 Sandraのおみくじは「大吉」で 「船出よろし」と書かれていたので 大喜び。

 ここで 浅草寺のおみくじの裏に 英語で説明が書かれていたことに気づき
 私とShinpapaが 驚きました。
 しかし、おみくじの札は「漢数字」でしたので、どうやって外国人が照合するのだろう??
d0174983_19133656.jpg

 初めて経験 その2 「JRに乗る」 
 
 上野のアメ横まで JRで移動。
 日本の食材の価格や ローカルな市場のにぎわいを楽しんでもらった後は
 お孫様にキャラクターのお土産を買う というので、 再びJRで東京駅の地下街へ。
d0174983_19133965.jpg

 初めての経験 その3 「すき焼き を食す」

 上手に箸を使っていましたが、途中からフォークで、、、。
 当然ですが、2人は 生卵にはつけずに 食べました。
d0174983_19134259.jpg

 彼らは どこにいっても 外国人が多いねと 驚いていましたが、
 たしかに 気候が良くなったこの時期、東京には外国人が溢れています。
 特に 夜の銀座には、、、。

 あまり自分を主張しないMickが 珍しく一緒に写真を撮りたいと言ったのは、、、
 何枚も何枚も タブレットやスマホで写していましので 友人や家族に送るのかな?
d0174983_19134488.jpg

 彼らは、翌日、箱根に行き、横浜から船に乗り、
 大阪 高知、福岡、から金沢、函館、小樽と日本をぐるっと回り、アラスカへ。
 そこで一旦下船して、アラスカの大自然を 4,5日かけて満喫した後、
 異なるクルーズ船に乗り換えて 南下し バンクーバーから オーストラリアに帰国する予定だそうです。

 銀行の頭取だったMickは すでにリタイアしていますが、Sandraは 現役の 軍の医学系大学の先生。
 日本と異なり、毎年、長いお休みを取ることができる海外の就業環境は 本当に羨ましいと思います。

 次こそ、(彼らの住む)オーストラリアに 来てね、、と言われたのですが、
 行けるといいなあ?
 
by saint-arrow-mam | 2018-04-26 00:01 |   友人・知人・恩師 | Trackback | Comments(0)

クルーズ15日目 横浜


 昨夜は 遅い時間に パッキングを済ませ、 部屋の外に。

 15日間のクルーズは あっという間に過ぎてしまいました。

 フォーレンダムは来年、もう日本に来ないことが決まっているので
 残念なことに 今年が最後になりました。

 よい船だったので残念です。

d0174983_23073574.jpg

 今回のクルーズは 私にしては晴天に恵まれましたが、
 昨日の清水辺りから 下り坂。

 ついに今朝の横浜は、、、
d0174983_23073856.jpg

 酷い雨です。

 大桟橋には 今日出港する「セレブリティー」が停泊していました。

 私が 7年前に最初にクルーズをした 懐かしい船です。
d0174983_23074016.jpg

 荷物が 次々に運ばれていきます。

 さあ、下船するぞ。
d0174983_23074219.jpg

 キャビンスチュワートの AGUS と DEDIと最後の挨拶をしました。

 彼らのお陰で インドネシア語で 簡単な挨拶ができるようになりました。

 タリマカシィ。
d0174983_23204877.png

  今回、マウスを忘れたので、船内でブログをまとめることができず、
  帰宅後 いつも以上に 怒涛のアップとなりました。

  もっと画像を吟味して 細やかにまとめたかったのですが、
  帰宅後の事も アップしたかったので 焦りました。

  来月、今度は Shingranmaとクルーズに行く予定ですが、
  その時には マウスを忘れずに持って行こうと思います。

by saint-arrow-mam | 2018-04-26 00:00 |   (V)日・中・韓クルーズ | Trackback | Comments(6)