2018年 08月 15日 ( 1 )

『ルーブル美術館展』


 なんとも贅沢な 美術館の「ハシゴ」をしました。

 山種美術館の「恵比寿駅」から 国立新美術館のある「六本木駅」までは ほんの数駅。
 サイトで混雑ぶりを確認すると 閉館間際が良さそうなので その時間を狙って 行きました。

d0174983_16350762.jpg


 Shinが大学に入学した年、2人だけで10日間の自由旅行をしたフランス。

 旅行前に ”可能な限り 美術館を見て歩きたい” という彼の希望を聞いたので 
 パリのルーブル美術館の近くのホテルを本拠地にして 連日、美術館めぐりをすることにしました。

 その時、ルーブル美術館には 初日に行ったのですが 1日だけでは物足りず、
 パリにいる間、朝に晩に時間があれば ルーブル美術館に通い詰めていたShinのことを思い出しながら 
 ゆっくりと名画を見て回りました。

d0174983_16351260.jpg


 今回の日本のように ルーブル美術館の作品は 世界中に貸し出されていることが多いので、
 楽しみにしていた作品のいくつかが ルーブルに展示されていなかったことを 残念がっていたShinが
 目的の作品を この企画で見ることができたのかどうかも、、、気になるところです。

 バカ親は いくつになってもバカ親ですね。(笑)

d0174983_16351616.jpg

 一方、ルーブル美術館に行ったことのないShinpapaは 
 今回の「ルーブル美術館展」の展示作品数の多さに 大満足、大感激のようす。

 ルーブル美術館に行けば この数十倍の作品がある、、と思っても 口には出せず、
 Shinpapaが 喜んでいる姿を見るにつけ、
 相手を Shinpapaに代えて もう一度パリに行き「モナリザ」に会わなければ、、と思いました。

by saint-arrow-mam | 2018-08-15 18:56 |   美術・スケッチ | Comments(2)