2018年 09月 06日 ( 1 )

台風の次は 地震


 広島では まだ 記録的な『集中豪雨』の後片付けが終わっていないというのに、
 四国、関西に大きな被害をもたらす 記録的な『台風』が来て、
 台風が去ったと思ったら、今度は 記録的な『地震』です。

 東京に住んでいると 特に 地下鉄に乗る時には
 頭のどこかに「今、大地震が起こったら、どうしよう」という不安があります。

 でも これだけ天災が続くと、
 南は鹿児島から 北は北海道まで 日本に安全な住処はあるのだろうか、と思いますし
 もっというと、新幹線などテロ対策の遅れている日本は セキュリティーチェックの厳しい諸外国よりも 危険な気がして
 最近、どこへ行くにしても ある種の覚悟のようなものが 心に芽生えています。

 とはいえ、連日のニュースの画像を見ると 関空に続き、千歳空港まで閉鎖。
 家屋やビルの倒壊、なぎ倒された山の木々や電柱、、、死者の数、、、
 SF映画に出てくる 断末魔の日本の姿を見ているようで 恐ろしくてたまりません。

 これらのニュースは 世界に発信されているようで、
 オーストラリアの友人からも イギリスの友人からも 心配してメールが届きました。

 Hello to you both - just hoping the typhoon hasn’t affected either of you.
 It looked terrible on our news. We are both well & busy with the family.
 Hope you are ok.


 彼らは 何度か日本に来て、日本の地名のいくつかは 記憶にあり
 広島の、神戸の、大阪の、京都の、札幌の 位置関係がわかり、
 それが今、どうなっているのか、気遣ってくれているのだと思います。

 「大丈夫だよ」と返信するのに、
 さて 災害に対して 英語でどういう表現をすればよいのか、
 会話なら、思いつくままに知っている単語を並べて しゃべると思いますが、
 メールの場合は 時間もあるのでよく考えて、スペルも確認しないと、、、、

 情けないですが、まずは Webで 英語ニュースを探して、、、、、、

 勉強になります、はい。

d0174983_16365518.jpg
  

 私も 彼らを見習って、
 オーストラリアやイギリスやアメリカの友人たちの 身を案じ、
 また いろんな国の人と会話をするときのために 
 日本だけでなく、視野を広げて、「世界のどこか」で天災や 悲惨な事故が起こった時には (起こらないことを祈っていますが)
 それを きちんと情報として知っていて、理解できているようにしたいと思います。

 とりあえず 出来ることから、、、となると
 まずは ワールドニュースなどを見て、常に頭の中に世界地図を広げておくことから、、、でしょうか?
d0174983_17163798.gif

by saint-arrow-mam | 2018-09-06 17:17 |   思いを寄せて | Trackback | Comments(6)