2018年 09月 12日 ( 1 )

『MINITURE LIFE展』〜田中達也 見立ての世界〜


 NHKの朝の連ドラ「ひよっこ」の タイトルバック動画を見て
 子供のように柔軟な発想ができる新鋭アーティストに 非常に興味を持ちました。

 早速 インターネットで作品の事を調べると
 クリエーターは 田中達也氏というアーティストであることがわかりました。

           関連サイト   → https://www.nippon.com/ja/people/e00139/

 すぐに彼の作品を見てみたいと思ったのですが、地方や海外での展示会が続き、
 なかなか東京で まとまった作品を見る機会がありませんでした。

 それが 今回、日本橋高島屋の新館オープニングムービーを彼が製作したことから、
 彼のまとまった作品展が 開催されるとのことになりました。

              
       

 展覧会の初日は 来場者が多いだろうなあ、とは思ったのですが、
 今週は 所用が多く、都合の良いのが この日しかないので、
 デパートのオープン時間に合わせて 早く家を出ました。
d0174983_18141071.gif

 広い会場だった上に、オープン直後だったので
 思ったより空いていて じっくり見ることができましたが
 長蛇の列になることを予想して 入り口付近には ロープが張り巡らされていました。

d0174983_17310022.jpg

 展示されている 100点近くの作品が 全て撮影可能でしたが
 どうせ、撮影できないだろうと 私としたことが カメラを持って行かなかったのです。(泣)
 よって 今回 ブログで使った画像は 全てShinpapaの撮影によるものです。

 どの作品にも だじゃっれぽいタイトルが付けられていますが 
 それが必ずしも作品のコンセプトに マッチしていないので 
 タイトルを無視して 作品そのものを楽しむことにしました。

 展示されていた作品のほんの一部ですが、↓

d0174983_17335464.jpg

d0174983_17335847.jpg

d0174983_17340297.jpg

d0174983_21252898.jpg

d0174983_17340955.jpg

d0174983_17341657.jpg
 
 
 「静止画」よりも 「動画」の方が迫力がありますが、「実物」は さらに愉快でした。

 笑いながら、時に感心しながら、1時間近く 会場を行ったり来たりしたのですが
 帰る頃には 来場者が急に増えて、作品に近寄ることはできなくなっていました。 


by saint-arrow-mam | 2018-09-12 18:23 |   美術・スケッチ | Trackback | Comments(6)