2018年 11月 07日 ( 1 )

黒田選手 & 新井選手


 実にふがいない結果で 日本シリーズが終わり、
 広島で ビール掛けまでされてしまうなんて、、、あり得ない。

 でも、、、

 広島のクリスマスツリーには 「カープサンタ」がいますし、
d0174983_13051078.jpg

 スーパーのレジ袋にも、「カープぼうや」
d0174983_13052104.jpg

 ゲームコーナーの  UFOキャッチャーの景品も 「カープグッズ」
d0174983_13051676.jpg

 試合が終わっても 日本一になれなくても これが広島の姿なのですが、驚いたのは 翌日の新聞でした。


 1枚の新聞紙の 一面がソウルレッドに染まっており、その裏面には新聞の切り抜きが スクラップのように貼られています。

 そして たった一行の キャッチコピーは 『結局、新井は凄かった』、、、

 ???? 意味不明です。
d0174983_13052405.jpg



 黄色の部分を拡大してみると 、、、、、、   新井選手のガッツポーズ姿
d0174983_13052886.jpg

 そして 青い部分を拡大してみると、、、、、、広告主 「黒田博樹」? 
d0174983_13053277.jpg

 なんということでしょう!!
 朝から  Shinpapaと大騒ぎです。

 今季限りで引退する新井貴浩選手に対して 朋友である黒田博樹さんが希望し 自費で「広告主」となり
 全面広告2ページで 新井選手の20年を振り返る構成になっているのです。

 しかも 裏面の切り抜き記事は
「新打線 新井ブレーキ」「流れを変えた空振り」など、新井選手がミスをしたりした場面ばかり。

 新井選手が失敗している文章には のペンで線が引かれ、
 黒田投手の活躍に触れた部分には のペンで引かれているのです。

 カープが弱かった時代を知る 黒田投手と新井選手だからこそ
 成り立つジョークであり、そして労いだと もっぱらの評判です。



 新聞を手に入れようと 中国新聞社には 電話が鳴り続き、インターネットでも拡散。
 地元のワイドショーでも取り上げられ、いまだに この話題で盛り上がっています。

 それもそのはず 
 私だって 日本シリーズが終わってから ずっと 胸にとげが刺さったような状態でしたが
 この新聞広告のおかげで 気持ちが楽になりましたから、、、。

 ありがとう 黒田投手。

 そして 新井選手 ご苦労さまでした。

by saint-arrow-mam | 2018-11-07 10:25 |   カープ・サンフレ | Trackback | Comments(0)