2018年 11月 26日 ( 1 )

南西諸島・台湾クルーズへ


 最近、外国船に押され気味の日本のクルーズ船の会社が 
 集客のために あれやこれやサービスを考えるようになりました。

 今回の『飛鳥』のクルーズは、  
 <2for1> という特別割引制度が 適応になるクルーズで
 今回の場合、バルコニー付きのキャビンの正規価格が 1人1,052,000円するところが、
 半額の 1人526,000円になるというものです。
 
 しかし 特別価格が利用できるキャビンの数が限られているため 早い者勝ち。
 昨年は 気づくのが遅れて 満室で乗ることができなかったので リベンジクルーズです。
 
 『飛鳥』には 今までショートクルーズしか乗ることができませんでしたが、
 今回は 13日間のクルーズですので、少しゆったりと『飛鳥』を楽しむことができそうです。

d0174983_21081756.jpg

 航路は 南西諸島と台湾ですので、私には2度目、3度目となる寄港地が多く、目新しさに欠けますが、
 宮崎県の「油津」と沖縄県の「中城(なかぐすく)」は 初めてです。

 「中城」は 『飛鳥』にとっても 初めての寄港になるようなので、
 入港時に歓迎式典があるかなあ、、と期待しています。

d0174983_21081401.jpg

 飛鳥Ⅱに乗るのは これで5度目ですが
 今回は Nご夫妻と ご一緒するので 2人だけのクルーズと 少し勝手が違います。

d0174983_21081185.jpg
 Nご夫妻は 記憶にないくらい 何十年も前に 1度だけ海外でクルーズ船に乗ったことがおありですが、
 お会いするたびに 『飛鳥』に乗ってみたい とおっしゃっていたので
 お誘いしましたら、即決で ご一緒することになりました。

 先日 お食事を一緒にさせていただいた時のお話しでは
 それぞれに仕事をお持ちなので、ご夫婦一緒に 1週間を越えるご旅行をされたことがなく、
 また 奥様は 今回の寄港地のどこにも行ったことが無いとのことで
 すごく楽しみにされていました。

      ブログ →  https://runslowly.exblog.jp/27185988/

 添乗員としては 少々プレッシャーを感じていますが、、、
 あまり張り切り過ぎて お二人に負担にならない様に心がけ 
 のんびりと船旅を楽しんでいただくための お手伝いをさせていただくつもりでいます。

 
d0174983_21044099.png


by saint-arrow-mam | 2018-11-26 06:00 |   (A)南西諸島・台湾(’18) | Comments(10)