2018年 11月 29日 ( 1 )

宮崎 日南 (11月28日)


 第1番目の寄港地 宮崎県日南市油津港に入港します。
d0174983_15152523.jpg

 我が家は ビッフェで好きな料理を選ぶ朝食スタイルが好みですが、
 Nご夫妻は 朝食のバイキングより 落ち着いて食べることができる日本食の定番レストランがお好み。
 よって 朝食はそれぞれの起床時間に合わせて 個々に。
d0174983_15155013.jpg

 予定通り 午前8時に油津に入港しましたが あいにく 小雨模様です。
d0174983_15160577.jpg

 Nご夫妻は 街歩きをしたいとおっしゃるので
 待ち合せて シャトルバスでご一緒に行くことになりました。
 急がせては申し訳ないので 遅い時間に出発です。
d0174983_15161878.jpg

 いつものように 埠頭に設置された大きなテントの中で、宮崎の物産品が販売されていたので
 買い物好きなNご夫妻は 次から次にご購入。
 その購入ペースに驚きながらも、
 「クルーズは まだ続きますので、宅配してもらう日付は2週間後ですよ」、、とアドバイス。(笑)
d0174983_15162831.jpg

 油津港から「飫肥(おび)」までは シャトルバスで25分もかかります。

 飫肥の街を下調べした中で 史跡以外で ご夫妻におすすめしたのは 「四半的」。

 「四半的」とは 
 的までの距離が四間半(8.2m)・弓矢の長さが四尺半(1.37m)・的の大きさが四寸半(13.6cm)と 
 すべて「四半」であるところから 「四半的」と呼ばれている日南地方に伝わる弓競技です。
d0174983_15163753.jpg

 雨が降っているので、設営されていうテントの中から 座って打ちます。
 弓道部のエースだったShinなら 的に当たるかもしれませんが、素人では ほとんど当たりません。

 10本打つのに300円とは リーズナブル!!
 奥様もご主人も大はしゃぎで 喜んでくださいました。
d0174983_15165012.jpg

 少し街歩きをした後、風邪気味なので 早めに船に戻ってお風呂に入りたい とおっしゃるNご夫妻。
 横になると 船の揺れが気になるので、ご主人が寝不足気味とのこと。
 慣れるまで 無理は禁物です。
d0174983_15192419.gif

 ちょうど この時期、日南では「伊勢えび祭」をしていて 
 市内いくつかのレストランが 伊勢エビの料理をメニューに入れているのです。
 いろいろ比較して、日南の料亭「大清」に 予約をしていました。
d0174983_15165993.jpg

 もちろんNご夫妻を お誘いしたのですが ご主人が伊勢エビには興味がない、、とおっしゃるので、
 2人だけで行くことに。
d0174983_15170819.jpg

 予約をしていたからでしょうか、お庭の見える素敵な席に 案内してもらいました。
 食事をしていると 雨脚が強くなったので、Nご夫妻が早く船に戻られて良かったと思いました。
d0174983_15203088.jpg

 料理は 5,400円の伊勢エビ三昧コース。
d0174983_15205040.jpg

d0174983_15211399.jpg

d0174983_15213376.jpg

 流石の私達でも、最後の「三つ葉ご飯」を食べることができない というと
 持って帰れるようにしてくださいました。
d0174983_15214556.jpg

d0174983_15192419.gif

 タクシーで 飫肥に戻ると 雨が小降りになっていたので 街歩きをします。
d0174983_15215917.jpg

<飫肥城跡>
d0174983_15222145.jpg

d0174983_15224016.jpg

d0174983_15225553.jpg

<小村寿太郎記念館と生家>
d0174983_15244527.jpg

<武家屋敷跡>
d0174983_15250764.jpg

<鯉遊泳と酒谷川>
d0174983_15252634.jpg

 そして最後に 2人で もう一度「四半的」をしました。
d0174983_15192419.gif

 船に戻ると、お昼寝をしたNご夫妻が元気になって、再び下船し、
 テントの中で さらに地元の物産品をお買い求めになっていました。
 私達のように何も買わない夫婦と違って、地元に貢献する素晴らしいゲストです。

 船は定刻に出航
d0174983_15254609.jpg

d0174983_15255544.jpg

 夕食前のショータイムは 「森川七月」
 ジャズ歌手ですが、バックバンドのドラムの人がお上手で 聞きほれてしまいました。
d0174983_15260209.jpg

 食事は和食。
 和食シェフが説明を、
d0174983_15260886.jpg

d0174983_15261263.jpg

d0174983_15261651.jpg

d0174983_15262119.jpg

d0174983_15192419.gif



<おまけ>
 飫肥から 大清に行くときにタクシーを探したのですが、
 流しのタクシーなどいない田舎町のこと、
 どうしようかと悩んだ挙句、お饅頭屋さんに飛び込んで タクシーを呼んでいただきました。

 お店のおばあちゃんは とても良い人で、電話をしてくれた後、
 タクシーが来るまで一緒に外で待ってくださり、タクシーに乗り込むと見送ってくれました。
 こんな親切な方に出会うと旅が楽しくなり、 飫肥という町が大好きになりました。

 おばあちゃん手作りの 「かるかん」、、おいしかったです。
d0174983_15283351.jpg

 沖縄 那覇港からアップ

by saint-arrow-mam | 2018-11-29 00:00 |   (A)南西諸島・台湾(’18) | Comments(6)