2019年 06月 14日 ( 2 )

鳥海山 ナウ

d0174983_12333245.jpg


快晴のもと、日焼けを気にしつつ湿地散策をしています。
by saint-arrow-mam | 2019-06-14 12:32 |   東北地方 | Comments(6)

みちのくハイキング 5日目


 お宿の移動がいないので、荷物は 棚に入れて一週間そのまま。
 もちろん 寝間着は毎日交換してくれますし、タオルや洗面用具は 毎日新しいものを支給してくれます。
 マイ歯ブラシを使う老夫婦は チェックアウトの際に まとめて歯ブラシをお返ししましたが 
 タオルは 捨てるわけにもいかず 計12枚も いただいて帰りました。

 今回 特によかったのは 夕食は毎晩6時、お宿を出発する時間は毎朝8時に固定されていたことです。
 老夫婦は 毎朝6時に起きて温泉に入り、7時に朝食というルーティーンを守ることで
 長い旅行期間の体調管理を 非常に楽にすることができました。

d0174983_16495883.gif

  
 バスに乗り、八幡平に向かう途中で トイレ休憩の「玉川ダム」へ。
 お天気が良かったので 水の色がなんとも美しい!!
d0174983_16500197.jpg


 お宿から 八幡平まで 片道2時間以上かかるのですが、ほぼほぼ 寝ていました。(笑)

d0174983_16500423.jpg


 八幡平の「見返り峠展望台」で バスを降りると 震えあがるように寒い!!
 急いで、ウィンドブレーカーを着て、歩き始めます。
ここが、山頂への登山口なのです。
d0174983_16500867.jpg


 ちょっと石畳の道を歩くと すぐに雪渓が始まります。

 「簡易アイゼンが要る」と騒ぐ人、「タウンシューズなので滑る」と騒ぐ人、
 初心者の集団ですから 2人のガイドさんは その対応に大忙し。
d0174983_16501385.jpg


 多くの観光客が これを目当てに来るという、「ドラゴン・アイ」ですが
 残念なことに 連日のお天気で すっかり形が崩れてしまっていました。
d0174983_16501511.jpg


 さらに 登って、、、、
d0174983_16501869.jpg


 「八幡平山頂」へ。
d0174983_16502500.jpg


 展望台に 次から次に 観光客が登って来るので、
 我々のツアーは 早々に退散し、「がま沼」に向かいます。
d0174983_16502930.jpg


 「ガマ沼」には 注ぎこむような形で 雪原が張り出ているので
 アラスカの グレッシャーの ”超縮小版” のイメージです。

 青い空が水に映り込む その美しさには ただただ感動!!
d0174983_16504334.jpg

 
 そして 展望デッキから 「八幡沼」を見下ろしながら、、、
d0174983_17095901.jpg


 ランチ タイムです。
d0174983_17100980.jpg

d0174983_17104565.gif
 
 ここから 各自の体力と相談して、2つのルートに分かれます。

 1つは 「ガマ沼」の横を通って 近道を下山するコース(緑のライン)で
 もう一つは 「八幡沼」を 約1時間かけてぐるりと回ってから 下山するコース(赤のライン)です。

d0174983_17101562.jpg


 老夫婦は後者にしましたが、歩き始めが いきなりの広い雪渓でしたので ちょっとビビりました。(笑)
d0174983_17101810.jpg


 釧路や尾瀬に似た ”高層湿原”では 木道が整備されていて、、、
d0174983_17102141.jpg


 水芭蕉の花が 満開でした。
d0174983_17102497.jpg


 点在する沼の中には 氷の塊が浮かんでいる沼もありますし、、、
d0174983_17102708.jpg


 展望が開けると なんとも雄大な眺めが目に飛び込んでくるという
 素晴らしいウォーキングコースでした。
d0174983_17103056.jpg


 最後に ガイドさんによる山座同定、、、
 といっても 私には聞き馴染みのない山の名前ばかりで どれがどれかさっぱりわかりませんでした。 
d0174983_17103303.jpg

 
 <この日の夕食>
d0174983_15283109.jpg

 
by saint-arrow-mam | 2019-06-14 00:00 |   東北地方 | Comments(6)