みちのくハイキング 4日目


 7日間(6泊)したお宿は 秋田県の公共施設である「健康増進交流センター ユフォーレ」です。
d0174983_14120039.jpg


 秋田駅から 車で40分くらい走った山の中に 広い敷地を持っています、、、、

 公共交通手段が 何もありません。(公共の施設というのに、、、、)

d0174983_14121052.jpg


 トレーニングジムには トレーナーのお兄さんも多くいて、骨密度の測定をしてくれたり、
 ウォーターベッドなどで マッサージを受けることもできます、、、、

 今回は トレーニング施設を利用している人は ほとんどいません。(もったいないなあ、、、、)
d0174983_14120612.jpg


 1人用の「自炊棟」に、ボッチで参加の人たち(13名)が 宿泊し、
 3人以上のグループは「和室」に、夫婦は「洋室」に配置されました、、、、

 自炊棟は 部屋にトイレや洗面所がなく 棟全体で共用だったそうです。(かわいそうすぎる、、、)
 
d0174983_14121705.jpg


 館内には レストランが1ヵ所あります、、、、

 ツアー参加者は 大広間に食事が用意され 隔離されていました。(ビールが高くてびっくり、、、)

d0174983_14120382.jpg

 
 ただ、2日目と5日目は バーバキューハウスに食事が用意されていました。
d0174983_14121461.jpg


 浴室は プール横のバーデ―ゾ―ンにジャグジーと岩盤浴があります、、、、

 水着を持って来ていないらしく、数人しか利用していませんでした。(いつも 私たちの 貸切り状態、、、、)
d0174983_14122264.jpg


 大浴場は かけ流しで 露天風呂もあります、、、、
 
 利用時間が 夜10時までというのは ちょっと早すぎる。(寝る前に入りたかったのに、、、)

d0174983_14122004.jpg


 「ユフォーレ」は ホテルでも、旅館でもない 知られざる山奥の公共施設です、、、
 
 温泉は 源泉60度の加水式で 質が良いので飲むこともでき、
 お肌がツルツルになったことは 嬉しい誤算でした。(保湿クリームいらず、、、)

d0174983_15000190.gif


 今日は フリー・デイです。

 30名近くの人は シャトルバスで秋田市内に出かけていきましたが、
 私は 4月に秋田に来たばかりですので、街には行かず、ホテル周辺の散策をしたり、
 トレーニングジムやプール、岩盤浴を 思う存分利用させてもらうことにしました。

 とはいえ、あちこちに見かける この看板。
 大きな声では言えないけど、この界隈で 熊の被害にあった人が 今年すでに数人いるとのこと、、、。

 森には 入れません。
d0174983_19011759.jpg


 かといって これを見たら、うっかり橋を渡ることも 恐ろしくてできません。(笑)
d0174983_19012147.jpg


 川に沿って歩いてみましたが、、、
d0174983_19013453.jpg


 高い木の上で 見張っているアオサギに出会っただけ。
 でも いかにも 「ヤマメ」や「イワナ」が 泳いでいそうな渓流です。
d0174983_19013765.jpg


 1時間半歩いても 延々とのどかな田園風景のまま 景色が変わりません。(笑)
d0174983_19014144.jpg


 第1村人を発見したので、ついていくと 小さな神社がありました。
 地元の鎮守なのでしょう。
d0174983_19014450.jpg


 来た道と 違う道を帰ろうにも 他に道はなく一本道です。(笑)

 出逢ったのは アオサギ1羽と 村人2名と 「アマガエル」「アサヒナカワトンボ」だけ。
d0174983_19014802.jpg

d0174983_19424127.gif

 お宿に戻り レストランでランチ。
 料理人さん手作りの「稲庭うどん」が 美味しかったです。

 私たち以外のお客さんは 近隣のおばあちゃんたち。

 話している言葉が 全然 理解できなかったので、最初は どこの国の人かな?と思ったのですが、
 どうも「秋田弁」のようでした。(笑)
d0174983_19015156.jpg

d0174983_19424127.gif

 午後は プールで泳ぎ、岩盤浴をして汗を流し、ジャグジーで体をほぐしたあと、
 館内にある図書館から借りた本を 部屋で読みました。

 クルーズの終日航海日と同じように 緑に囲まれて のんびりと過ごしました。

d0174983_20282110.jpg
 
# by saint-arrow-mam | 2019-06-16 20:39 |   東北地方 | Comments(3)

みちのくハイキング 3日目


 なぜか 5時には 目が覚めるので とりあえず温泉に入り 7時に朝食を済ませました。
 8時にホテルを出発して 青森県との県境まで 北上します。

d0174983_22461896.gif


 バスが 日本海に沿って走っていると 五能線を走る観光列車に出会いました。
 
 ちなみに バスの席は 日替わりで添乗員さんに指定されるのですが、
 この日は ラッキーなことに海側でした。
d0174983_22462362.jpg


 2010年に 五能線に乗った時に 日本海の海岸線のユニークさに感動し、
 もう一度 その海岸線を見てみたいと ずっと思っていました。

 でも あっという間に時は流れ、9年経って やっと再び見ることが出来ました。
d0174983_22462703.jpg


 「白神十二湖」が有名ですが、「白神十三湖」というエリアが別にあり
 実際には 33個もの池があるそうです。

 まずは 車窓から、、、4つの池を確認。
d0174983_22464993.jpg

d0174983_22465332.jpg


 地図で見ると 青いラインは バスで走り 赤いラインは 歩きました。
d0174983_22470003.jpg


 白神山地は 日本で初めて登録された世界自然遺産ですが、「白神十二湖」は その範疇に含まれず
 13万ヘクタールもある ブナの原生林がその対象であることの説明に 愕然とします。
d0174983_22470312.jpg


 曇っているのですが、晴れ間が見えると 池の水の色が急変するのが とても神秘的でした。
d0174983_23040945.jpg

d0174983_23063264.jpg

 ここから 「ブナの自然林」に入ります。

 ガイドさんは 渡辺さんと見習いガイドさんですが、秋田弁ではない”標準語”でした。
 はい、失礼なことを申しました  <(_ _)>
d0174983_23041453.jpg

 説明の要約
  ブナのような落葉広葉樹の森は、針葉樹林にくらべて高い保水力を持っている。
  土には落ちた葉が積み上がっており、ミミズなどの動物が落ち葉を食べてやわらかくし、
  土にすき間が多くなるため、水をためやすくなる。
  ブナ林は水源であり、ヨーロッパでは、ブナのことを「森の聖母」と呼んでいる。

  豊かできれいな水を吐き出すおかげで、多くの生物がその恩恵にあずかっている。
  例えば 川の上流ではアユやイワナなどの魚を育て、下流では平野の農作物や飲料水として人間が利用している。
  沿岸の海藻類も ブナ林由来のきれいな水で育ち、その海藻を海の魚が食べることから
  間接的に漁業にも影響を与えている。


d0174983_23041898.jpg


 ウッドチップが敷かれた アップダウンが無い散策ルートを歩きますので
 皆さん 軽口をたたきながら 軽快なフットワークで歩きます。
d0174983_23042159.jpg


 次から次に 池が現れますが 山野草がないので 私には面白くありません。
d0174983_23042576.jpg


 早朝なら カワセミがいるそうですが、この日のお当番は「キセキレイ」でした。
d0174983_23043256.jpg


 森に入るにつれて 多少のアップダウンが続き 皆さんの口数が少なくなった頃、
 絶妙のタイミングで ランチタイム at リフレッシュセンター。
d0174983_23043944.jpg

d0174983_23063264.jpg


 昨日の話では 今日はアップダウンのない楽な道のはずが ここまで歩いてきた道以上に
 これから先は 山道に入り、急斜面が続く、、、と ガイドさんがいうのです。

 そこで ここでリタイアする人たちは ランチ後 バスでゴールまで移動することに。
d0174983_11181601.gif
 

 ここからの道は 森の中を歩く道で、木の根が顔を出す 歩きにくい道です。
d0174983_23211537.jpg

d0174983_23212090.jpg


 暗い森の中を もくもくと歩いている途中で、、、、
d0174983_23212305.jpg


 珍しい「ギンリョウソウ」を見つけたので ガゼンやる気になったのですが
 「この辺りでは 珍しくないよ」 とガイドさんに言われ、一瞬で落ち込みました。(笑)
 
d0174983_11394888.jpg


 女性の中には 手助けをしないと 急坂を下りることが出来ない人が出始めたので
 全員がケガをしないで 降りることが出来るのかどうか 心配でした。

 それだけに 急に視界が開けて 「日本キャニオン」が見えたときには ホッとしました。
 
d0174983_23212650.jpg

# by saint-arrow-mam | 2019-06-16 12:00 |   東北地方 | Comments(4)

いぶりがっこ&生ビール なう

d0174983_12172540.jpg


夕方の新幹線で、東京に戻ります。

ブログは明日から 怒濤のアップに。
# by saint-arrow-mam | 2019-06-15 12:15 |   東北地方 | Comments(4)