カテゴリ:   1921~1940年( 3 )

京成 『旧博物館動物園駅』


 旧博物館動物園駅は 1933(昭和8)年12月開業。

 当時は駅舎の建設予定地が御料地だったため、御前会議での昭和天皇の勅裁を受けての建設となったといいいます。
 こうした事情が考慮されてか、駅舎内外の意匠は西洋風の 駅舎とは思えないほど荘厳なつくりになっています。

 開業後は帝室博物館(現・東京国立博物館)や 恩賜上野動物園の最寄り駅として利用されたそうですが、
 利用者の減少などで1997年に営業休止、2004年に廃止となりました。

d0174983_15472539.jpg


 ただ 鉄道線は廃止になっても、旧博物館動物園駅は 
 対面に「旧東京音楽学校奏楽堂」「黒田記念館」「国立国会図書館・国際子ども図書館」など 
 芸術の重要な拠点が連なる アート・クロスと呼んでいる交差点に存在していることもあり
 本年4月に鉄道施設として 初めて東京都の「歴史的建造物」に選定されました。

 そこで 本年7月から改修を進めていたのですが その工事が完了しました。
d0174983_15472872.jpg

 改修前の駅舎出入口扉は 無機質な灰色の鉄扉でしたが、
 改修工事で新設した扉は、上野エリアの9つの文化・芸術施設「上野の森美術館」
 「恩賜上野動物園」「国立科学博物館」「国立国会図書館国際子ども図書館」「国立西洋美術館」
 「東京藝術大学」「東京国立博物館」「東京都美術館」「東京文化会館」をモチーフに、
 東京芸術大学美術部長である日比野氏がデザインし、緑銅色で とても重厚感があります。
d0174983_15473138.jpg

 
 実は 11月23日から、東京・上野の旧博物館動物園駅の駅舎内部を 一般公開することになったとのこと。

 期間は2019年2月24日までの 金~日曜日で 時間は午前11時から午後4時まで。
 入場は無料で 視覚障害者向けに、展示に触ることのできるガイドツアーも実施するようです。

by saint-arrow-mam | 2018-11-14 08:00 |    1921~1940年 | Comments(6)

『黒田記念館』

d0174983_19065825.jpg

 日本近代洋画の父ともいわれる黒田清輝の遺産の一部を
 美術の奨励事業に役立てる目的で 昭和3(1928)年に竣工したのが黒田記念館です。

 黒田記念館が 昭和初期における美術館建築(岡田信一郎設計)として貴重な建物であることから
 創建当初の姿に復することとなり、平成12(2000)年から改修工事が始まり、
 さらに平成24(2012)年から耐震補強工事も行い 平成27(2015)年にリニューアルオープンしています。

 煉瓦タイルの色の日焼け具合が いい!!
 外観細部の美しさといい、年月をかけて修復しただけのことはあります。

d0174983_19070569.jpg

d0174983_19070209.jpg


 この日は 時間が無くて 現在展示中の「湖畔」を見ることができませんでしたし、
 建物内部の造作も見たいので 改めて行こうと思っています。

 ちなみに、黒田記念館の観覧料は無料で 東京国立博物館に準じて 原則週6日公開しています。

by saint-arrow-mam | 2018-11-13 07:59 |    1921~1940年 | Comments(4)

『築地本願寺』

 
 有名な 「築地本願寺」です。
d0174983_17133587.jpg


 築地本願寺は 関東最大の 浄土真宗本願寺派の寺院で、京都の西本願寺の別院として建立されましたが
 関東大震災で焼失したので 1934年に建築家の伊東忠太氏の設計により落成したのが 現本堂です。

 平安神宮や明治神宮を設計した彼の作品の中で 築地本願寺の古代インド仏教様式の外観は 少し違和感があります。
d0174983_17303183.gif

 正面には 阿弥陀如来が、、、浄土真宗の御本尊ですから これはごく普通。
d0174983_17153274.jpg


 欄干の飾りや モチーフに ゾウや猿が、、、、、これらはインド仏教建築を模倣した伊東忠太のデザインです。
 このほかにも 牛や鳩などのモチーフも インド風に仕上げています。
d0174983_17224052.jpg


 ステンドグラスに パイプオルガン、、、、、さすがに これらは教会のようで 目が点になりました。
 アールヌーボー調のステンドグラスは 伊東の作品ですが、パイプオルガンは違うと思います。
d0174983_17231617.jpg

 想像していた 「築地本願寺」と 大違いです。
 ジョサイアコンドル、辰野金吾の流れが過ぎた後、日本の西洋建築の大きな曲がり角だったのでしょうね。 

 パイプオルガンのコンサートが 定期的に開かれているようですし、
 伊東忠太の設計コンセプトの細部を楽しみたいので、改めて一人で また来ようと思います。
by saint-arrow-mam | 2013-08-24 07:57 |    1921~1940年 | Comments(8)