カテゴリ:   1941~1960年( 1 )

『武相荘(ぶあいそう)』


 2012年に 吉田 茂を取り上げたドキュメンタリードラマ を見たことがきっかけで
 「白洲次郎」という人に興味を持ち 彼に関する本を読んだことを ブログにアップしました。

 その際に いろいろサイトで調べているうちに
 東京の町田に 彼の家「武相荘」が残っていて それが一般に公開されていることを知りました。

 ずっと行って見たいと思っていたのに 町田は遠くて行けないままでいましたが
 やっと 実現しました。003.gif

  豊洲 〜(有楽町線)〜 市ヶ谷 〜(総武線)〜 新宿 〜(小田急線)〜 鶴川
   快速急行を利用しても 片道 1時間かかります。
d0174983_19364510.jpg

 海外での生活経験が長い白洲次郎は、昭和15年、日米戦争は不可避だが、
 参戦すれば日本は負けると断じて 職を退き、疎開の準備に入り、
 昭和18年には 東京郊外の鶴川に移転して もっぱら農業に従事しました。
 
 その際 地元の農家を農地ごと買い受け、「武相荘(ぶあいそう)」と名付けました。
 「武相荘」とは、武蔵と相模の境にあるこの地に因んで、
 また彼独特の一捻りしたいという気持から 「無愛想」をかけたようです。

 半世紀にわたり、白洲次郎氏と奥さんの正子さんが住んでいた「武相荘」は
 2人が亡くなった後、ご家族の手で 2001年より、萱葺き屋根の母屋・納屋など、
 ほぼ全域が公開されています。

d0174983_19365368.jpg

d0174983_20275085.jpg

 昔は のどかな田園地帯だったのでしょうが、今の鶴川は ベッドタウンです。
 鶴川駅から 歩くこと15分、閑静な住宅街の中に「武相荘」があります。
d0174983_19530236.jpg

 入口の新聞入れを兼ねた郵便入れは 木製の臼(うす)です。
d0174983_19531076.jpg

 平屋建ての母屋を 資料館として利用しています。
d0174983_19531924.jpg

 茅葺き屋根に はえている苔の緑が美しく、周囲の風景にうまく溶け込んでいます。
d0174983_19532501.jpg

 次郎・正子二人の書斎や家族の居間には、家具や持ち物、写真類、
 次郎手製の調度品や実際に使った農機具などが 所狭しと展示されています。

 ただ、館内は撮影不可なので、HPの画像で。
 
d0174983_19595057.jpg

 母屋の隣の農作業小屋が レストランになっています。
d0174983_20084788.jpg

 中には 2人の写真や調度品が飾られています。
d0174983_20090407.jpg

 2人の趣味が良かったのか、ご家族のインテリアセンスが良いのかわかりませんが
 アンティークが醸し出す素敵な空間になっています。
d0174983_20111770.jpg

 メニューは多くありませんが、
 白洲次郎が好きだった料理が 再現されているようです。

 「豚肉のソテー」と
d0174983_20123526.jpg

 「親子丼」を頼んで シェアしました。
d0174983_20140460.jpg

 どちらも 少し個性がありインパクトがある味で とても美味しかったです。

 食後に遊歩道を散策。
 遊歩道と言っても 庭の中の歩道、、という感じです。
d0174983_20153807.jpg

 人工的に作られた庭ではなく 自然の花が咲いているお庭であるところが
 イギリス育ちの彼らしい気がします。
d0174983_20172946.jpg


 東京では珍しいことに マンホールの蓋が ちょっとオシャレな 鶴川。
d0174983_20195585.jpg

 歴史上の人物だと思っていた白洲次郎を より身近に感じることができて
 楽しい1日でした。

by saint-arrow-mam | 2016-09-18 06:00 |    1941~1960年 | Comments(6)