カテゴリ:  関東地方( 103 )

お宿 『ウェルネスの森 那須』


 前回 宿泊した『ウェルネスの森 那須』は 素晴らしいお部屋でしたが、、
      前回のブログ → https://runslowly.exblog.jp/24583190/
 
 無料の招待券を使って宿泊する今回は きっと狭い部屋だろう、、、と 期待感はゼロながら、
 逆の意味で 「どんな部屋だろう?」と ドキドキ。
d0174983_19060599.jpg

 チェックイン時に 
 「本日は 002のお部屋を 用意させていただきました」 と言われ、
 「002って やっぱり、1階の小部屋か」 と覚悟して ドアを開けると、、、、
d0174983_19060980.jpg

 なんと 広くて とても明るい 素晴らしいお部屋です!!

 リビングとベッドルームの2部屋がある プライベートガーデンにテラス付きの角部屋で、

 HPを見ると このホテルで1番広い「ロイヤル」という 57㎡のお部屋でした。

 無料で この部屋というのは ないでしょうから、何かの手違いでは? 
d0174983_19061270.jpg

 バスルームも ミストサウナが付いた明るいお風呂で 
 庭に面した窓を開ければ 風が吹きぬけて 気持ちよさそう。
 (でも結局、お部屋のお風呂には 入りませんでしたけど)
d0174983_19061518.jpg

 このホテルには 無料で入ることができる 貸切り温泉風呂があるので、
 早速、館内着に着替え、用意されている「風呂かご」を持って、、、、
d0174983_19061879.jpg

 窓からゴルフ場が見えるのですが、だれもラウンドしていないようですので 
 大きく窓を開けて、ちょっとした露天風呂の気分。
 
 久しぶりの温泉の香りに 癒されます。
d0174983_19062127.jpg

 風呂上りは Shinpapaの大好きな これ、これ。
d0174983_19062792.jpg

 では レストランへ。
d0174983_19345009.jpg

 このホテルの 夕食が美味しいのは すでに経験済みだけに 期待感 

 まずは シャンペンで、乾杯した後、、、
d0174983_19345318.jpg


 地ビール と ペリエ
d0174983_19345892.jpg


  左:オードブルバリエ    中:桜海老とキャベツのパスタ     右:ミネストローネ
d0174983_19350186.jpg

  左:サヨリと魚のムース   中:菜の花とベーコンのサラダ     右:那須黒毛牛のローストビーフと煮込み
d0174983_19350545.jpg
  左:タケノコご飯 (メニュー外)  中:赤だし味噌汁(メニュー外)   右:デザート
d0174983_19350833.jpg

 どの料理も やや少な目に出されるので 完食できるのが 心地良いです。
d0174983_21482554.gif

 お部屋に戻り、ゆっくりした後、もう一度入浴して、
 予約していたアロママッサージへ 夫婦で。

 22時半から 夜泣きラーメンが提供されるので
 2人で 1つのラーメンを シェアしてから 寝の谷へ。
d0174983_19352914.jpg
 
d0174983_21482554.gif


 2日目も 良いお天気です。

 6時前に そっとベッドを抜け出して、テラスに降り、、
d0174983_19581104.jpg

 お庭の隅の小さな木戸をあけ、、、 
d0174983_19581434.jpg

 ゴルフ場に出て、深呼吸。

 静寂の中に 鳥の声が よく響きます。
d0174983_20065581.jpg

 庭木が高い上に、部屋の出隅(ですみ)が うまく配置されているので 
 ゴルフ場からは 室内が見えにくくなっています。
d0174983_19492792.jpg

 やっと Shinpapaが起きてきたので 昨日とは 異なる貸切り風呂へ。
d0174983_19493503.jpg

 湯上りの牛乳は 格別に美味しい!!
d0174983_19493831.jpg

 朝食は バイキングですが、手の込んだ料理が多い中、サラダを中心に。
d0174983_19494278.jpg
 無料で 宿泊させていただきましたのに
 素敵なお部屋で 美味しいお料理に 温泉も堪能させていただき、
 本当にありがたく 感謝です。

by saint-arrow-mam | 2018-05-18 00:00 |   関東地方 | Trackback | Comments(2)

花づくしの那須 2日目


 年をとると 言ったことを忘れて、同じことを何度も口にしてしまうのですが、
 それが 夫婦の場合、片方が同じことを言うと、もう一方の返事もまた同じ。

 「那須のこの道は 木漏れ日の感じが気持ちいいね」 と 私。
 「なんとなく 大山(だいせん)の周回道路に似とるのう」 と Shinpapa。

 「大山の周回道路」???  昨日もこの道で 同じ会話をしたんだ。(笑)
d0174983_14493851.jpg

 そんなこんなで 40分程度のドライブをして 「妙雲寺」へ。
d0174983_14494308.jpg

 平安時代の末、壇ノ浦の戦いに敗れた平家は、全国に落ち延びたのですが、
 平重盛の妹である妙雲尼がここ塩原に草案を結んだのが 妙雲寺の起こりと言われています。

 また 妙雲寺は 3,000本もの牡丹が植えられていることでも有名で 現在「牡丹祭り」を開催中。
d0174983_14494786.jpg

 せっかくなので 牡丹の花が 美しく咲いている朝一番に 見に行くことにしました。
d0174983_15335102.jpg

d0174983_14495092.jpg


 手入れの行き届いた由志園の牡丹も見ごたえがありますが、
 自然の滝や池を利用した 妙雲寺の牡丹も 圧巻でした。
d0174983_14495490.jpg

d0174983_21482554.gif

 再び 「NAOZO」で 焼きたてのパンを食べた後、「那須アウトレット」へ。
d0174983_14495928.jpg

 この日も 気温はどんどん上がり、那須が避暑地であることが信じられないくらい。
 那須も 開花の時期が例年に比べて早いと聞きましたが、この暑さでは、、、そうでしょう。

 冷房の効いた駅の待合室で 冷たい牛乳を飲んで 帰途に着きました。
d0174983_14500276.jpg


by saint-arrow-mam | 2018-05-17 00:00 |   関東地方 | Trackback | Comments(2)

花づくしの那須 1日目


 那須塩原駅までは 新幹線で、、、。

 那須塩原駅で レンタカーを借りるので 「レイル&レンタカー」のパックにするのと
 「えきねっと 2人分の早特」を利用するのと どちらが安いのか 検討しているときに、
 期間限定の「えきねっと+レンタカー2018」というキャンペーンを発見。

 これを利用すれば 新幹線が15~30%割引で 駅レンタカーも30%割引になります。
d0174983_21203112.jpg

 那須塩原の駅に着いたのが 12時前。
 パンが好きなShinpapaのために 那須で美味しいと評判のパン屋さんを 見つけています。

 お店の名前は 「NAOZO(なおぞー)」  ← クリック

 木漏れ日の美しい通りに面していますが、周りに何もないところにポツンとあるので、見過ごしてしまいそうなお店です。
d0174983_21204155.jpg

 石窯で焼くハード系の食事パンがメインで、パンが焼き上がる時間に合わせて お客さんが次々にやってきます。
 たしかに これでは 欲しいパンを手に入れるために 予約が必要でしょうね。
d0174983_21204426.jpg

 焼きたてのホカホカをいただきたいので、カフェコーナーでイートイン。
 外はカリッ、中はしっとりの絶妙の食感です。

 
d0174983_21204802.jpg

 Shinpapaが とても気に入り 翌日も 来てしまいました。
    
d0174983_21482554.gif

 「花づくしの那須」の その1は 八幡つつじ園

 2016年に ツアーに参加して ぼっちできたことがあるのですが、
 その時に あまりにツツジがきれいだったので Shinpapaに見せてあげたいと 
 ずっと思っていたことが 実現しました。

 ネットで調べたところ 前日の那須の気温が15℃だったので、肌寒さを想定していたのですが、
 この日は 気温が26℃まで上がってしまい 那須らしからぬ暑さ。

 展望台から見ると ツツジより 那須連山の方が 目につきます。
d0174983_21205848.jpg

 ツツジの開花も例年より 10日くらい早いようで すでに傷み始めている花もあり、見頃ぎりぎりでした。

 処分しがたい画像が多いので、動画加工で、、、

        

 ヤマツツジ、ミツバツツジだけでなく ドウダンツツジ(左)やゴヨウツツジ(右)も
 今が盛りと咲いていました。
d0174983_21210102.jpg

d0174983_21482554.gif

 さらに 車を走らせて「フラワーワールド」へ。
d0174983_21590326.jpg

 ポピーのピークには 少し早いようでしたが、、、
d0174983_21590617.jpg

 雪渓がみえるベンチに座っていると 心地よい風が吹き抜け、
 このまま 時間が止まればいいのになあ、、と思うのでした。
d0174983_21590982.jpg

 さあ、ホテルへ。


by saint-arrow-mam | 2018-05-16 00:00 |   関東地方 | Trackback | Comments(4)

那須塩原へ


 昨年の6月に 那須高原 「ウェルネスの森 那須」に2泊
      2017年の お宿ブログ → https://runslowly.exblog.jp/24583190/

 今年の1月に 修禅寺の 「湯回廊 菊屋」に1泊
      2018年の お宿ブログ → https://runslowly.exblog.jp/26365270/

 ということで 共立メンテナンスの経営するお宿に 計3泊しました。
    (それより以前に宿泊した 草津の 「お宿 木の葉」も共立メンテナンスでしたが、、、)

 実は 期間限定で 
 JTBを通して共立メンテナンスの宿に 通算3泊すると 共立メンテナンス共通の招待券が もれなく もらえる

 というキャンペーンがあったので それぞれのお宿でスタンプをもらって送ったところ

 結果、送られてきたのが    こちら ↓
d0174983_09555716.jpg

 この招待券1枚で 指定された中から選んだお宿に 好きな時に 2人で1泊できます。

 有り難いことに 夫婦それぞれにキャンペーン適用となりますので、
 手元には 2枚の招待券があり、2人で2泊できます。(うふ、、、うれしい)
 
 連泊しても良いのですが、せっかくなので今月と来月に分けて
 異なる宿にそれぞれ1泊することにしました。

 そこで 
 第1弾の今回は 山ツツジの美しいこの時期に合わせて 「那須塩原」へ行ってきます。
           1泊だけなので タグボートは お留守番させます。
d0174983_10313847.jpg


by saint-arrow-mam | 2018-05-15 06:00 |   関東地方 | Trackback | Comments(6)

鮮やかな春の彩り満喫ツアー

 白馬旅行でお世話になって以来、「阪急交通社」さんから パンフレットが届くようになりました。
 正直 毎週、山のように送られてくるので、見るだけでも大変ですが、
 Shinpapaには 良い暇つぶしになるようです。(笑)

 その中から Shinpapaが選んだのは 「鮮やかな春の彩り」というツアーで
 栃木県と茨城県と群馬県と埼玉県の県境を 春を求めて廻ります。

d0174983_20044155.jpg

d0174983_21493937.gif

 立ち寄る先が多く慌ただしいツアーなので 朝7時半に 新宿集合。
 うむ、6時には家を出なければならない、、、、。

 しかも 申し込んだ当初は 春の麗らかなバス旅行、、をイメージしていたのですが
 昨日今日の寒波襲来で 1日中寒いんじゃないの? 雪は? 雨は?と 失望感に満ちた出発となりました。

d0174983_20044557.jpg

 桜の開花状況を見て、キャンセルをした方も多かったのでしょう。
 最少催行人数は 35名と書かれていましたが、バスの中には 21名しかいません。

 朝7:30 新宿出発。
d0174983_21265778.jpg

 << イチゴの里 >> スカイベリー食べ放題

 初めての「イチゴ狩り」です。
 ツアー代金に含まれていますが、農園の看板には 1人2,000円と書いてありました。

 ビニールハウスが ずらーーっと並んでいる中で 指定されたビニールハウスに入り、、、
d0174983_21281818.jpg

 ヘタの近くまで 真っ赤になったイチゴを見つけては パクリ。

 なんとまあ、すごく甘くて すごくジューシー。
 スカイベリーという種類のイチゴは 1個350円くらいの値段がするそうですが
 たしかにそうだろう と思う この美味しさ。
d0174983_21282283.jpg

 掌に載せると ずしっと重い、、、
 とても一口では食べることができない 大きさです。
d0174983_21282589.jpg

 私は 30個くらい食べましたが Shinpapaは10個くらいしか食べなかったと言います。

 何故かと思ったら、
 Shinpapaの狙いは ショップに並んでいたイチゴのケーキだったようです。
d0174983_21282714.jpg

d0174983_21413191.jpg


 << とちぎ花センター >>  国内最大級の温室と色とりどりの花壇

 パンジーやビオラなどで あちこちに地上絵が描かれていて 華やかな植物公園です。
d0174983_21460562.jpg

 温室では ちょうど「らん展」が開催中で、豪華なランを堪能しました。
d0174983_21460817.jpg

d0174983_21493937.gif

 << みかも山公園 >> 一面紫色のカタクリの世界
 
 一週間前にサイトで調べたときには 今日の日に開花が間に合うとは 思えなかったのですが、、、
 山道を15分ほど 登ると、、、
d0174983_21515767.jpg

 斜面に咲く一面のカタクリの花は 圧巻でした。
d0174983_21520000.jpg

 帰路に アズマイチゲを見つけカメラで写していると ツアーでご一緒している人に花の名前を聞かれました。

 たまたま 名前を知っている花でよかったです。
d0174983_21520394.jpg

d0174983_21493937.gif

 13:00 サンルートホテルで ランチバイキングを済ませると
 予定になかったのですが 近くの「般若院」まで 枝垂れ桜を見に行ってくれることになりました。

 << 般若院 >>  
 樹齢600年の見事なシダレザクラ(品種はエドヒガンザクラ)は高さ10m以上、
 幹回り5mの大木で、県の天然記念物に指定されているそうです。
d0174983_22022984.jpg

 淡墨桜ですので 花の色が少しくすんだ色の桜です。
d0174983_22023374.jpg

d0174983_22134428.gif

 << 出流原弁天池 >>
 出流原弁天池は、環境省認定の名水で、栃木県指定の天然記念物だそうです。

 その池の水の清らかさは、ほとりに立って覗き込めば一目瞭然。
 水中で優雅に泳ぐ鯉の姿、そのうろこの輝きまで見えるというのですが、、、。
d0174983_22024012.jpg

 日の当たり方によって、水の色が異なって見える方が 私には面白く感じました。
d0174983_22024328.jpg

d0174983_21493937.gif

 << 古河総合公園 >>  5種類のハナモモが公園を染める
 
 今回のツアーのベストプレイスは この公園のハナモモでした。

           
d0174983_21493937.gif

 << 権現堂桜堤 >> 桜のトンネルと菜の花が広がる

 関東有数の桜の名所ですが、残念ながら、開花しておらず、すごすごと退散。
d0174983_22312277.jpg

 花を見に行くツアーは 開花時期を予想するのが難しいので 
 桜が咲いていなくても 文句は言えませんが、
 代替え地として「般若院」に連れて行ってくれた 阪急交通社のサービスには
 素直に 感謝です。
d0174983_13221095.jpg

by saint-arrow-mam | 2018-03-24 23:28 |   関東地方 | Trackback | Comments(4)

筑波山麓ウォークと水戸偕楽園


 クラツーの 3(サン)月 9(キュー)日、特別企画のウォーキングツアー。

 筑波山麓をウォーキングし、水戸偕楽園の梅まつりを見るという 盛りだくさんのツアーです。
d0174983_11022671.jpg
 申し込んだ2か月前には ”早春の麗らかな気候の中のウォーキング” と考えていたのですが
 2月中旬から、花粉症に悩まされるようになると
 もし 天気予報で となったら、キャンセルしようと 毎日 天気予報をチェック。
 幸いなことに 天気予報は 3日前まで ずっと だったのです。 
 
 ところが 2日前になって 天気予報が に変わってしまい、
 ”花粉”の心配は必要なくなりましたが 行く気が失せました。(笑)
d0174983_11202508.gif

 人気があるツアーには バスをどんどん増やして とことん稼ぐというのがクラツー。

 このツアーも なんと バス11台という 民族大移動的な化け物ツアーになっていました。
 ただ、それぞれのバスごとに ルートを変え、さらに時間をずらして移動していますので
 現地でバスが重なり 困ることはありませんでした。
d0174983_11022905.jpg

 筑波山神社まで 2時間で往復しなければなりませんので
 歩く自信のない人と 雨の中歩きたくない人は バスで神社まで行くことができます。

d0174983_11092801.jpg

 この天気では 私も厳しいかな? と思いましたが、
 傘をあきらめ雨合羽を着て 大急ぎで坂を登り、足元に気を付けながら 小走りで下りました。

 < 筑波山口 >
d0174983_11085622.jpg

 < 燧(ひうち)池 >
d0174983_11085906.jpg

 < つくば道 >
d0174983_11090584.jpg

 < 筑波山神社 >
d0174983_11090842.jpg

d0174983_11091174.jpg

d0174983_11092158.jpg

 冷たい雨にうたれ、手袋が必要なくらい寒かったのですが、バスに戻るころには 汗だくに。
 
 お昼御飯として「たこ飯弁当」をもらいましたが、雨が降る中 食べるところもなく 結局 車中で。
d0174983_11092543.jpg

d0174983_11202508.gif

 水戸の偕楽園へ移動します。
 雨は 強くなったり、弱くなったりしているので、梅園に人の姿は ほぼほぼありません。

 筑波山の集合時間に 大幅に遅れるという確信犯のお陰で 偕楽園で過ごす時間が短くなってしまいました。
d0174983_19231599.jpg

d0174983_19231100.jpg

 水戸の6名木を 探したかったのですが、雨の中 無謀なことは止めました。
d0174983_19233129.jpg

d0174983_19232482.jpg

d0174983_19231974.jpg

 最初から最後まで 集合時間に 常に遅れる6人。
 添乗員さんから 何度も注意をされても 平気な様子。

 いずれも隣国の方でしたが、日本語はわかるようですから 確信犯です。
 これからのツアーは こういうことが増えるのだろうなあ、、と思います。

 追記; 筑波らしい マンホールの蓋のデザイン。
d0174983_10552696.jpg


by saint-arrow-mam | 2018-03-10 19:41 |   関東地方 | Trackback | Comments(4)

偕楽園 ナウ

d0174983_14420754.jpg


雨が降るなか 梅三昧。(泣)
by saint-arrow-mam | 2018-03-09 14:40 |   関東地方 | Trackback | Comments(2)

宝登山の蝋梅(ろうばい) & 三十槌の氷柱(つらら)


 東京駅の八重洲から バスに乗車。
 今回は 西武観光のバスでしたので 乗車する際に「レオちゃん」を目印に バスを探せばよいので 思いのほか楽でした。
d0174983_21105456.jpg

 トイレ付のバスでしたが、それより驚いたのは
 各席に ふた口のコンセントとUSケーブルの差し込み口があったことです。
 なるほど、というか、、、、ここまでするか? というか、、、。
d0174983_21105805.jpg

d0174983_21284357.jpg

 宝登山には 11:40到着し、ロープウェイで 山頂に。
 グループ全員が乗ることができる 大型ロープウェイです。
d0174983_21110176.jpg

 「ろうばい祭」が開催中でしたが、花は ”7分咲き” といったところでしょうか?
 それでも 蝋梅の香りに全身が包まれる感じがしましたので
 2000本の蝋梅が満開の時には どんなだろう? と想像の翼を広げて、深呼吸。

 デジイチをコートの上からぶら下げて歩きましたが、やっぱり重い。
 首に ずしっとくる感じです。(笑)

d0174983_21110690.jpg

d0174983_21110988.jpg

d0174983_21111351.jpg

d0174983_21203151.jpg

d0174983_21203585.jpg

 蝋梅が目的ですが、せっかくですから 宝登山の山頂まで。
d0174983_21203987.jpg

 バスを降りる際にもらったお弁当を、山頂付近のベンチで食べることに、、、。
 家から持ってきた水筒の熱いお茶が 事のほか美味しく感じました。
d0174983_21204513.jpg

 日当たりが良くて暖かい、、、
 山頂は寒いだろうと厚着をしてきたのに 拍子抜けです。

 低山なので 軽装のハイカーが 次々登ってきますが 
 山頂は広いし、眺めも良いので 達成感があるでしょうね。

 山座同定をしているのを 得意の盗み聞き、、、。(笑)
d0174983_21204230.jpg

 蝋梅以外にも
 マンサクと、、、
d0174983_21204891.jpg

 早咲きの梅の花が、咲いていました。
d0174983_21205263.jpg

 集合は麓の駐車場に停められているバスですが、
 ロープウェイで早めに降りて、往復20分で宝登山神社までお参りに。

 昭和天皇がご成婚されたときに植えられたという 赤松と黒松の「相生の松」は
 地下で根が一緒になっているとか、、、。
d0174983_21205539.jpg

d0174983_21284357.jpg

 バスで隣に座ったおばさんが 「氷柱」を「ひょうちゅう」と言うのです。
 間違っていませんが 普通は「つらら」かな?
 でも ここは忖度しして 一緒に「ひょうちゅう」と、、、。(笑)

 「三十槌の氷柱(つらら)」は 毎年、この時期になると ニュースに出てくる有名な場所なのですが、
 昨年に比べると今年は小ぶりだとか、、、、。
d0174983_08573313.jpg

 行ってみて びっくりポン!!
 『天然ゾーン』 と 『人工ゾーン』があるというのです。
d0174983_22230812.jpg

 なんじゃそりゃ、、と思いながら、まず 『天然ゾーン』に。 (青枠)
d0174983_22224494.jpg

 「足元がアイスバーンになっているので、歩くのが不安な人は 河原に降りないでください」
 と注意する添乗員さん。
d0174983_22230431.jpg

 でも ここは近づかないと その迫力がわからないでしょう、、、、と思っていたら、
 なんと添乗員さんが 一番危険なところを歩いて氷柱に近き カメラで写していました。(笑)
d0174983_22224836.jpg

 天然ゾーンの氷柱は 岩の割れ目からできているのが 神秘的。
d0174983_22225446.jpg

 一方 『人工ゾーン』は、というと 大きくて幅もあり、迫力はあるのですが、、、、  (緑枠)
d0174983_22225743.jpg

 『人工ゾーンの氷柱は 全体的に 甘くて(丸くて) 透明感が無いような気が、、、。
d0174983_22230025.jpg

 それに比べて 『天然ゾーン』の氷柱は透明感があり、先端は凶器になるくらい鋭いものでした。
d0174983_22225009.jpg

d0174983_08573313.jpg

 その他に お菓子の工場や酒蔵所などにも立ち寄ったので、
 皆さんお帰りの時には 両手に大きな袋を抱えていらっしゃり、満足度は高かったのではないかと思います。

 ニュースや雑誌、旅行会社のパンフレットで見て 実際行って見ると 
 その大きな差に ショックを受けることがありますが、
 私的には 想像していた風景の80%程度の現実 で済んだので ヨシとします。
by saint-arrow-mam | 2018-01-30 09:18 |   関東地方 | Trackback | Comments(12)

蝋梅と氷柱を見に


 K社の日帰りツアーは 1人参加をする同年代の女性が多いので 行きやすいのですが、
 前回、とても自己中心的な男性の参加者がいて、嫌な思いをしたので、しばらく遠ざかっていました。

 その時 バスで隣り合わせになった女性から 「蝋梅と氷柱をみるツアー」が良かったと 勧められたので 
 気持ちを新たにして 行くことにしました。
d0174983_19022413.jpg

 都心からそれほど遠くない 埼玉県の奥秩父までの バスの日帰り旅行です。
d0174983_18445957.jpg

 ただ、寒い時のバス旅行は 狭い車中でコートを着たり脱いだりする上に、
 相席は気疲れするので、帰宅後は温かいお風呂に飛び込んで、バタンキュー、の予定。
d0174983_18444677.jpg


  天気予報を見ると 雨の心配はなさそうですので、デジイチを持って行こうと思います。
d0174983_18545121.gif
 

by saint-arrow-mam | 2018-01-29 10:18 |   関東地方 | Trackback | Comments(2)

初旅は 伊豆へ。


 東京から 近いのに なかなか行くことができない伊豆です。
 そこで 初旅は 伊豆にしようと 昨年から計画。

 豆半島の東岸、その名の通りの「伊東」へは Koharuと行きましたので、
      ブログ → 「移動臨託で 大室山へ」

 今回は 伊豆半島の西岸中央山間部を 踏破したいと思っています。

 熱海でレンタカーを借りることと 2泊分のお宿は確保していますが、
 それ以外の事は その日のお天気を見て 考えようと思っています。

 ルートもいろいろあるようですし、見たいものも、食べたいものもたくさんあるので、
 添乗員Shinmamaは スケジュール管理を しっかりしないといけません。
d0174983_19533993.jpg

 タグボートを持って行き、現地からブログをアップしたいと思っていますが
 もし、アップできなかったときには 2,3日 お休みさせていただきます。

by saint-arrow-mam | 2018-01-15 06:00 |   関東地方 | Trackback | Comments(6)