カテゴリ:  天体・気象( 69 )

2年に一度が 1年に2度


「ブルームーン」は、一般的に 『ひと月のうちに満月が2回ある』現象のことを言います。

 過去に、ガスや塵などの影響で本当に月が青く見えたこともあったそうですが、
 実際に青く見えることは ほぼほぼ ないため、
 北米などでは『とても稀なこと』を表す "once in a blue moon" という慣用句があるほど。

 150年に一度という スーパー・ブルー・ブラッド・ムーンで 大騒ぎした後なので
 今晩の「ブルームーン」は それほど騒がれていませんが、
 「ブルームーン」は、2~3年ごとに1回しかなく、次は オリンピックイヤーの10月だとか。
 さらに 1年に2度も 「ブルームーン」が観測できるのは、今年を逃すと 次は11年後です。

 『見ると幸せになれる』といわれているブルームーン、、、
d0174983_20012017.gif

 画像加工は 何をして遊ぼうかな、と考えて

 コンデジのホワイトバランスを「白熱灯」に設定して 文字通り青く写した「ブルームーン」の画像と 
 昨日 行った「増上寺」の画像を 合成して、、、

d0174983_19563431.jpg

 
 ありえない 画像ですが、エイプリルフールだから ま、いいか。

d0174983_20085279.jpg

 
 今日は 家でゴロゴロしていたので、花粉症も収まり、風邪も良くなってきました。
 お天気が良いので、外出したいのですが、もう1日 ゴロゴロしていようと思います。
by saint-arrow-mam | 2018-04-01 06:00 |   天体・気象 | Trackback | Comments(2)

寒波襲来


 そろそろ 厚手のコートを片づけて 春物の服を出そうとしていた矢先、

 朝、起きてみると みぞれまじりの雨がふっています、、、、ヒャーーー、昨日まで あんなに暖かかったのに、、、。



 でも今日は 月に一度の「パンと乳製品の大安売り」の日なんです。

 お昼を過ぎるまで 暖かくなるのを待っていたのですが、、、時間と共に 気温は下がる一方。

d0174983_20434550.jpg

 テレビをつけてみると、六本木でも 雪が降っているようで、

 あの満開だった桜の花たちも 大寒波襲来に 驚いているにちがいありません。

d0174983_20434936.jpg


 できれば 外出したくない、、と 躊躇したのですが、

 やはり 主婦には「パンと乳製品の大安売り」を 諦めることはできませんでした。


 夜のニュースを見ると

 ノーマルタイヤに 交換したばかりの車が スリップ事故を起こしたり、

 奥多摩の低山に登った軽装備の登山客が 雪で下山できなくなって 夜遅く救助活動が行われたり、

 明日に向けて まだまだ 油断できません。

d0174983_20435231.jpg




by saint-arrow-mam | 2018-03-22 06:00 |   天体・気象 | Trackback | Comments(4)

春と一緒に、、、


 昨晩のニュースで 
 「明日は 春の嵐が吹く」「明日は暴風が吹き荒れる」「明日は、、、」「明日は、、、」と脅かされたのですが、
 木曜日は "英会話"と"オカリナ"のレッスン日なので、 外出しないわけにはいかず、
 どうしたものかと悩みながら 寝ました。

d0174983_12485990.jpg

 ところが 夜の間に嵐は過ぎ去り、朝起きてみると 風は そよそよ、、、  

 外出するには ノープロブレムになった、、、のですが、
 今度は 雨後の晴天は たとえそよ風でも「花粉」の飛散量が急増する 悪条件に。
 
 一難去って また一難です。
d0174983_12490226.jpg

 本日の東京の最高気温は 22℃まで上がり、外国人が半袖で歩くほど。

 青空を背景に 一気に膨らんだ ”木蓮”の蕾を見ると ウキウキします。 
d0174983_12490526.jpg


d0174983_14010314.jpg しかし


 うかれていてはいけない!!

 これは 春と一緒にやって来た ”敵”(花粉)との 

 壮絶なバトルの幕開けを 意味するのだ。

         ,,,,,,,To Be Continued


by saint-arrow-mam | 2018-03-02 06:00 |   天体・気象 | Trackback | Comments(6)

雹? or 霰?


 朝起きて、雨が降っているのかと思いましたが、
 外に出てみると 地面を転がっていく白い粒が見えます。

(ひょう)」も「(あられ)」も、空から降ってくる氷の粒で 成因は同じですが、
 直径が5ミリ以上のものを「(ひょう)」、5ミリ未満のものを「(あられ)」と分類するそうですから
 今日降ったのは 「(あられ)」でしょう、、、、たぶん。

 ちなみに 「雨」(あまかんむり)の漢字は 7年半前にあった下記の事が 私のトラウマになっています。

      ブログ → 「アタック25」
d0174983_09265569.gif

 その「」が アスファルトの上を転がっていくのが面白くて 動画で写してしまいました。
 
 久々に動画作成をしてみると、 作業方法を忘れていて モタモタ・・・・
 モタモタついでに スロー再生をくっつけて 遊んでいます。

         

 今日の東京の最高気温は たった 3℃、、、

 寒い中 何度も外出をしたので 咳が酷くなってしまいました。

 行きたいと思っているコンサートがあるのに、、咳が出るのは 困るなあ。

d0174983_17470911.jpg


まだ 寒い冬は 続くのかな?

そだね、、、。
by saint-arrow-mam | 2018-02-23 09:31 |   天体・気象 | Trackback | Comments(2)

Super Blue Blood Moon

d0174983_20113508.jpg  AFPBB Newsによると

 月が地球の影に隠れる皆既月食と、満月がひと月に2度訪れる「ブルームーン」が重なり、
 さらには満月が通常より大きく見える「スーパームーン」も同時に起こる可能性がある。

 今回の天体ショーを米航空宇宙局(NASA)は
 「スーパー・ブルー・ブラッドムーン(Super Blue Blood Moon)」と名付けており、
 地球の影に隠れて赤く染まった月が観測できるかもしれない。
 天体専門誌Sky and Telescopeによると、ひと月で2度目の満月に皆既月食が重なるのは、
 西アジアの現地時間から計算すると、1982年12月30日以来のことだそうです。


 ちなみに 
 「ブルームーン」は、
  月が青く見えるというわけではなく、満月がひと月に2度訪れることを意味し、平均で3年ごとに観測されることで
 スーパームーン」は、
  月が地球に最も近づく「近地点」で迎える満月のことで、通常よりも最大14%大きく、30%明るく見えることで
 ブラッドムーン」は、
  皆既月食で、月の表面が赤っぽく見える満月のことです。
  夕焼けが赤いのと同じ現象です、、、、だと思います、、、、、、ですよね?

 そして 今月3日、1回目のスーパームーンのブログは こちら。
         → http://runslowly.exblog.jp/26292988/
d0174983_20162994.jpg

 ブログの先輩から教えていただいた 貴重な天体ショーです。

 高層のビル群が立ち並んでいる豊洲 という悪条件ですが、
 予想時間をもとに 何度も外へ出て、カメラを構えました。
d0174983_20084417.jpg

 最初は 雲の中だったので、これはダメだと思いましたが、、、、
d0174983_22291603.jpg

 きれいな「スーパームーン」が見えて、、、、
d0174983_22291987.jpg

 あとは 時間経過で、、、、、
d0174983_22292302.jpg

d0174983_22292630.jpg

d0174983_22293055.jpg

d0174983_22293229.jpg

 食の最大の時には 月がほぼほぼ闇の中、、、
 でも カメラで写してみると 10円玉の色? ボルドー色? の「ブラッドムーン」が 写っていました。
d0174983_22395243.jpg

 ここまでは マンションとマンションの間に見えましたが、この後は影に隠れてしまい、観察は終了です。

 明日のお江戸は 「雪」の予報 。。。。。。。。 あ~~~ 寒かったぁ〜〜
d0174983_23070592.png
 
by saint-arrow-mam | 2018-02-01 06:00 |   天体・気象 | Trackback | Comments(6)

48年ぶりの寒さ


 いくら街角に 残雪があっても 
 老々夫婦は 「札幌に比べると お江戸の寒さは たかが知れてるね」と 言っていたのですが、
 朝 一番で その言葉を 修正。
 洗濯物のTシャツが 干して30分で凍って 板のようになったのです。

 出かけたときにも 「豊洲風(とよすかぜ)」と地元で呼ばれている ビル風が吹くと 
 その強烈な冷たさに 鼻先が痛み、涙目になりました。
 札幌に行く前の豊洲は こんなに寒くなかったのに、、、。

 でも 耳がちぎれるような感覚はないので、札幌の方がやっぱり厳しかったなあ、、、
 と 負け惜しみをいいながら おろおろと歩きました。
 
 ニュースによると、、、

d0174983_17102885.jpg


 なんと 48年ぶりの冷え込み、、、平成になって一番の寒さとは、、、

d0174983_20423328.png

 今日、Shinpapaが帰広し、余計に部屋が寒々しく感じるのかもしれませんが

 夜になり、室温が20℃を切りましたので、床暖房のスイッチを入れました。

 まだまだ 寒さは続くようです、、、、、。


by saint-arrow-mam | 2018-01-26 09:10 |   天体・気象 | Trackback | Comments(4)

2018年のスーパームーン


 年明け早々の1月2日の満月は、2018年で最も大きく見える満月 スーパームーンです。

d0174983_19192310.jpg


 月は、地球の周りを公転していることは 小さな子供でも知っていますが、
 月の軌道は円形ではなく楕円形をしているため、地球と月との距離は一定ではありません。
 また、月の軌道は太陽や地球などの重力を受けてわずかに変化するため、月が地球に最も近づく位置や、
 最も遠ざかる位置での距離は、上の図のように毎回異なります。

 満月における地心距離(地球の中心から月の中心までの距離)は、およそ356,000kmから406,000kmの間で変化し、
 月の視直径は、地球と月との距離が近いときには大きく、遠いときには小さくなります。

 最も大きな満月は 最も小さな満月に比べて、14パーセント視直径が大きく、30パーセント明るく見えます。

d0174983_19213224.jpg


 実際の夜空に月を並べて比べることはできませんが、上の図のように2018年最大の満月と最小の満月を比較すると、
 大きさの違いがよくわかります。
d0174983_19460989.jpg


 広島は 今夜も晴れ。

 しかも 実家のある田舎は 豊洲のように高いビルはなく 夜空がとても広いので
 たやすく 月をカメラでとらえることができます。

 それにしても 今年のスーパームーンは びっくりするほど大きくて 明るくて 立派な月様で
 新年早々ということもあって 特別ハイな気持ちになりました。


       『広島廿日市大橋とスーパームーン』

d0174983_19282178.jpg


 実は スーパームーンだけを写しても 面白くなかったので、
 下左の画像(2日の昼間に写した瀬戸内海の画像)を「モノクロ加工」し、「グラデーション」をかけたものと 
 下右の画像(2日のスーパームーンの画像)を 「明るい画素優先」設定で合成し、、

d0174983_19350279.jpg

 
 さらに 上右の画像(2日のスーパームーンの画像)に 「ノイズ付加」と「モザイク」の加工を行い 
 濃灰色のグラデーションをかけたものを 再度「明るい画素優先」設定で合成しました。

d0174983_19382422.jpg



by saint-arrow-mam | 2018-01-03 10:21 |   天体・気象 | Trackback | Comments(2)

十三夜に曇りなし

d0174983_15534150.gif

 以前 ブログで 名月について書いたのですが、、、
     十五夜・十三夜・十日夜

 その時に  
 本来 お月見は「十五夜」と「十三夜」のセットで 片方だけ見るのは 「片見月」といって縁起が悪い。
 「十五夜」を見たら「十三夜」も見る、「十五夜」を見なかったら「十三夜」も見ない

 ということを知りました。

 ところが 情報番組などのお陰で「十五夜」は 毎年忘れないものの
 情けないことに「十三夜」のことは 忘れがちです。(というか すっかり忘れてます)

 そこで 今年は10月に「十五夜」を見たときに 忘れない様に11月1日が「十三夜」とカレンダーに書いておきました。
  (最近、なんでもかんでもカレンダーに書きすぎて かえって忘れることが多くなりましたが)
d0174983_16131040.gif

 はてさて、「十三夜に曇りなし」と言われる通り、今日は晴れてます。

 しかも 今日は オカリナの練習をカラオケですることを優先させ、ジムをサボり、
 ウォーキングをしなければならない夜なのです。

 はいはい、ウォーキングに カメラを持って せっせこ、、せっせこ、、、、と歩きます。

d0174983_21200246.jpg

d0174983_21282435.jpg 以下、サイトから引用

中秋の名月は中国から伝わったものだが、十三夜は日本独自のもの
「十三夜」を祝うようになったのは、延喜19(西暦919)年9月13日、寛平法皇の頃という説がある。昔から十三夜は、満月に次いで美しい月といわれ、中秋の名月を「前の月」、十三夜を「後(のち)の月」と呼んだり、二つの月を合わせて「二夜(ふたよ)の月」と呼ぶなど、月を愛でる風習をとても大切にしてきた。


 「十三夜」は 栗の形に似合ているので「栗名月」と呼ぶようになった、、という説もあり、
 「栗」を お供えにするそうです。
 
 ふむ、確かに 栗の形に似ているよなあ、、、と 下手な言い訳を見つけ、ウォーキングから帰って、モンブランを食べました。
 
 あちゃーーー、何のためのウォーキングやら。

by saint-arrow-mam | 2017-11-02 06:00 |   天体・気象 | Trackback | Comments(6)

お江戸は 冷夏です


 高校の同期生との LINEグループでは
 大阪在住の友達 と 広島在住の友達が 毎日「暑い・暑い合戦」をしていて
 私も参戦したいのですが お江戸では 雨が続き 気温が低い日が続いています。

 8月になってこれだけ東京に雨の日が続くのは 50年ぶりの事だそうですが
 最高気温を 比較してみましたら、、、、ヒャーー 大阪も広島も暑いはずだわ。

d0174983_10581720.jpg

 ● 保育園から プール遊びをする子供の声が聞こえてこない。
 ● Shinpapaが アイスクリームを食べたいと言わない。
 ● とぎれとぎれに鳴くセミの声に 元気がない。
 ● 洗濯物が乾かず 室内干しになってしまう。
 ● 日傘ではなく 雨傘を持ち歩いている。
 ● 日焼けをした人が少ない。


 グラフといえば こちらも アップしておきたい、、、、<(_ _)>

d0174983_14464177.jpg
 

by saint-arrow-mam | 2017-08-16 14:50 |   天体・気象 | Trackback | Comments(6)

東の空 & 西の空


 台風5号が 来るぞ来るぞ、、、と思っていたのですが、
 豊洲を無視して 富山の方へ抜けて行きました。

 夕方、買い物からの帰り道に 交差点で信号待ちをしているときに
 
 ”東の空” を見ると 青い空に白い雲、、、
d0174983_16463251.jpg

 ところが ”西の空” を見ると 灰色の空に黒い雲、、、

 同じ時間に 同じ場所から見た空なのに、こんなに違うなんて、、、、
d0174983_16464294.jpg
 
 
 アメダスの画面で 豊洲の位置を とすると
 確かに 東(右側)はクリアーなのに 西(左側)に 雲の帯がありますね。
d0174983_16465006.jpg
 
 今年のお江戸の夏は 気温がさほど上がらず、湿度だけが高いのですが、
 暦の上では すでに「立秋」。
 今日からは もう残暑というのですね。

by saint-arrow-mam | 2017-08-08 17:11 |   天体・気象 | Trackback | Comments(6)