カテゴリ:  健康( 69 )

ドライアイ 快方へ


 目の前が 白くかすむことに恐怖心を感じて 眼科に行ったのが、、、
(と ブログを振り返ると)2月26日でした。

     ブログ → https://runslowly.exblog.jp/27461388/


d0174983_22160432.jpg その時に もらった目薬は

      「ジクアス点眼液 3%」


 この点眼薬は
 差した瞬間に グググっと目に刺激がある点眼薬ではなく
 まるで”水”のように 頼りない点眼薬なので
 はなはだ 心もとない感じでした。

 



 最初の1週間は 全く変化なし。

 「この目薬 効かないんじゃないの」と 
 せっかちな私があきらめかけた頃から
 徐々に 白い霞が 気にならなくなってきました。

 1ヵ月経ち 処方された3本の点眼薬が無くなったので 
 眼科で再診してもらうと、、、、

d0174983_22160813.jpg


 ほぼほぼ ドライアイが完治しているとのこと。
 やったあ!! 
 あと2本の点眼薬で 1か月後に終了、、予定!!

 私に付きまとい、定期的に悪化する
 「頸椎ヘルニア」「足底腱膜炎」「飛蚊症」「不整脈」「喘息」も 今は 静かにしていますので、
 「ドライアイ」さえ治せば、『通院』の呪縛から逃れることが出来ます。
  
by saint-arrow-mam | 2019-04-05 09:32 |   健康 | Comments(2)

咳こんこん de 引きこもり


 お江戸の”鉄筋コンクリートのマンション”は 
 冬でも 暖房なしで室温を20℃前後でキープできます。

 なぜ マンションが暖かいかというと、大きくは以下の点が関係しています
  1.鉄筋コンクリート造は 木造に比べスキマが少ない(気密性が高い)
  2.上下左右を隣家に囲まれていて、外に面する面積が少ない
  3.一戸建てに比べ南側の日当たりがよく、日射熱が取り込みやすい
  4.木に比べコンクリートは 熱を蓄える力(蓄熱量)が大きく、昼間の熱を夜まで持ち越す


 一方 広島の”古い木造一戸建て住宅”は 
 暖房をしないと 気温が10℃前後まで下がるので 昼間でも暖房をつけています。

d0174983_11401987.jpg ❤
 指針を見ると
 呼吸器系疾患のある私には 
 せめて18℃を 維持したいところです。

 日中は 厚着をすれば なんとか凌げますが
 寝るときには Shinpapaの要請で 暖房をoffにしなければならないので
 室温10℃を切ることもあり、辛いものがあります。



 帰広して まだ3日目ですが、咳が出始めましたので

 用心して外出を控え、暖かい時間帯に 庭の花を写すだけにしました。


    << 紫木蓮 >>
d0174983_17042152.jpg


    << 大待雪草 >>
d0174983_17042620.jpg


    << ムスカリ >>
d0174983_17043098.jpg


    << 花にら >>
d0174983_17043581.jpg


by saint-arrow-mam | 2019-03-24 17:24 |   健康 | Comments(6)

新たな病気=ドライアイ


 紫斑病から解放され ホッと一息ついたと思ったら
 今度は 左目に違和感があり、白くかすむようになりました。

 花粉症で 目が痒くなり始めたこともあったので 
 「今年の花粉は 酷いなあ」と のんきに放っておいたのですが 
 時々 目を閉じたくなるくらい眩しくなったり、今まで経験したことがないくらい目がかすむのです。

 数年前に 友人が「網膜剥離」になって 大変な思いをしたこともあって
 心配になり 眼科に行きましたら 「ドライアイ」という診断で 目薬をもらいました。

 サイトで調べると
 ドライアイは 人によって さまざまな症状がでるようですが、、、、
d0174983_18465431.jpg

 
 私の場合、右目には異常がなく、左目だけなので 視界がアンバランスになり
 ひょっとして メガネが汚れているのかな?と いう感じがして
 何度もメガネを確認する羽目に。
d0174983_18432224.jpg


 ちなみに ドライアイのチェックシートはこちらです。
d0174983_18432587.jpg


 次から次に 身体のどこかに 悪いところが出てきます。
 人生50年という言われていたことを思えば、
 すでに 全ての臓器管が 使用期限を過ぎてしまっているのでしょうね。
by saint-arrow-mam | 2019-02-26 19:05 |   健康 | Comments(0)

紫斑 その9(治療終了)


 長くかかりましたが 聖路加大学病院への通院を 終えることができました。

 2年4カ月 通い続けた病院ですが 今日で見納めにしたいものです。
d0174983_12552886.jpg


 ブログに残した「アナフィラクトイド紫斑病」の経緯を 揃えて、
 このタイトルを とりあえず完結したいと思います。


 「紫斑 その1」  2016-10-12
         https://runslowly.exblog.jp/23547287/

 「紫斑 その2」  2016-11-15
         https://runslowly.exblog.jp/23616802/

 「紫斑 その3」  2016-11-22 
         https://runslowly.exblog.jp/23632009/

 「紫斑 その4」  2016-11-30
         https://runslowly.exblog.jp/23680197/

 「紫斑 その5」  2017-1-10
         https://runslowly.exblog.jp/23771893/

 「紫斑 その6」  2017-11-25
         https://runslowly.exblog.jp/26171041/

 「紫斑 その7」  2017-11-27
         https://runslowly.exblog.jp/26180808/

 「紫斑 その8」  2017-12-12
         https://runslowly.exblog.jp/26226718/

 
 そして 最終回の 「紫斑 その9」 が 2019-2-22  今日です。



 ただ、
 この病気は原因がわからないので 予防のしようがないこと。
 再発はしない、と言われている病気なのに 私は再発をしてしまったこと。
 効果的な治療方法が 確立されていないこと。

 ゆえに また再発する可能性は ゼロではありません。

 でも とりあえず 今夜は ボッチで 祝杯を!!
d0174983_13300256.gif
            
by saint-arrow-mam | 2019-02-22 13:32 |   健康 | Comments(2)

目指せ、2万歩


 寒い間は ジムのウォーキングマシンで歩くことが多かったので
 今日は 久しぶりにShinpapaと 屋外を歩くことにしました。

 コースは 「有楽町」〜 <日比谷公園> 〜 <新橋> 〜 <浜離宮恩賜庭園> 〜 「築地」です。


 <日比谷公園>
 お天気は良いのですが、イベントがない日比谷公園の 人影は まばらでした。 
d0174983_20481708.jpg

 満開の菜の花を 愛でる人もなかったので 独り占め、、いえ 2人占めです。
d0174983_20482130.jpg


 <旧新橋停車場>
 開業当時の駅舎は現存していませんが、遺構が発掘された場所に、駅を復元しています。

 無料で見学できましたが 展示されている資料の数が非常に少なくて ガッカリしました。 
d0174983_20482409.jpg


 <浜離宮恩賜庭園>
 園内にいるのは ほぼほぼ 外国人です。
d0174983_20482701.jpg

 すでに 梅が開花し、菜の花とのコラボが きれいです。
d0174983_20483190.jpg
 
 池に浮かぶように建っている「中島の茶屋」で ひと休み。
d0174983_20483485.jpg


 この時点で、13,000歩だったので、さらに築地まで歩き、
 場外市場をウロウロして、勝鬨橋からバスに乗って帰りました。

 歩いたのは 赤いラインです。↓
d0174983_20481303.jpg

 目標とした2万歩には 少し足りませんでしたが、
 久しぶりに 腕を大きく振り、速足で歩いたので 
 気持ちが 晴れ晴れしました。

by saint-arrow-mam | 2019-01-27 21:28 |   健康 | Comments(4)

グッドなグッズ


 ヘルニアになるには いくつかの原因があるようですが、
 私の場合、首の筋肉の緊張、、、つまり肩凝り、首凝りが 原因です。

 よって「温める」「ストレッチをする」ことで 筋肉の緊張を和らげるのが 治療法のひとつですが、
 かといって 四六時中 お風呂に入っているわけにもいかず、、、、。(笑)

 そこで 柔道整体の先生から教えてもらったのが
 「肩首ほっこり 温熱ベルト」です。

d0174983_18581593.jpg

 袋の中には ゲル状の保温材(左)と それを入れて首に巻くことができる袋(右)が付いています。

d0174983_19012381.jpg


 そして そのゲルを袋に入れて 電子レンジで温めて 肩に乗せます。

d0174983_19022558.jpg
 
 40~50分と表示されていますが、
 ほんわか 温かく感じるのは ほぼほぼ 30分。

 それでも ヘルニアの痛みは消えますし、
 肩に乗せたまま 家事ができるのが嬉しい!!
 しかも 冷めてきたら 再度電子レンジに入れて 繰り返し繰り返し使えるので 経済的です。
 
 夏ですと 肩にずっと熱いものを乗せておくのは 我慢できないと思いますが、
 この季節なら 全然平気です。

 「頸椎ヘルニア」の最適グッズ、、、見つけました。
 
by saint-arrow-mam | 2019-01-11 19:13 |   健康 | Comments(4)

頸椎ヘルニア 再々再発


 持病の「頸椎ヘルニア」が 再々再発しました。

 4度目となると 自己診断もできますし、自己治療もできる、、、と 偉そうに言う割には
 自己予防ができない愚か者です。

 ブログを振り返ると 前回は 2013年の9月でした。
 
  ブログ → https://runslowly.exblog.jp/19718057/


d0174983_21061474.jpg ← イメージ 画像

 昨年暮れから 徐々に悪くなっていたので
 年末年始は 運動らしい運動は我慢していたのですが、

 一向に良くならず、痛みが増すばかりなので、
 遂に 日常生活では「ネックガード」をして 首を保護し
 柔道整体に通って 調整することにしました。



 いつものように 温めて ストレッチをして、、、痛み止めを飲んでいますが
 寝返りを打つと 痛みで目が覚めるので 安眠できないのが目下の悩みです。

d0174983_21341941.jpg
 しかも オカリナを吹く姿勢が 
 首すじの筋肉を 緊張させるので
 吹くたびに 非常に痛みを感じます。
 
 かといって 「ネックガード」をして
 オカリナを吹くのは あまりに 惨めですし、、、、。(笑)



 しばらく 大人しくしています。 
by saint-arrow-mam | 2019-01-10 22:02 |   健康 | Comments(4)

視野検査


 先日 眼科に行き、軽度の「白内障」であることを 告げられたのですが、
 緑内障の検査をしたことが無いので、この機会に「視野検査」をしてみようということで
 予約をしていました。

 「視野検査」とは 

d0174983_12375933.gifまっすぐ前方を見ている時に、上下左右前方、
どの位の範囲を見えているかを調べる検査。

ちなみに正常な人では、片目につき上方に60度、
下方に75度、鼻側に60度、耳側に100度という広い視野を持っている。

通常人は両眼で物を見ているので、片方の眼を隠さないと、
自分の眼の視野に異常があるかどうかはわからない。

また 視神経の障害や緑内障などの眼疾患では、片方の眼が障害されたり
左右の眼の障害の程度が違ったりするので 左右別々に視野検査する必要がある。




d0174983_12525455.jpg私の行った「静的視野検査」
双眼鏡のようなものを通して、ジーーーと画面の中心を見ていて、(眼球を動かさないようにして)
周囲に小さな光の点が見えたら スイッチを押す検査でした。

いろいろな明るさの小さな光の点が ついたり消えたりするこの検査を
それぞれの目で 3分程度ずつ行うのですが、
ボーとしていては 見過してしまうので 瞬きをしない様にして
かなり集中力を継続していなければなりません。 

 
 結果は 下記のような表示され、視野が障害されていると そこが 黒で示されます。

 私の結果は 黒いところもグレーのところも 1つもなかったので
 お医者さんが 「年齢的に これはすごい!!」と 褒めてくださり
 私は ホイホイと木に登りそうになりました。

 でも 良く考えたら 喜んでばかりはいられません。
 「緑内障」はなくても 「白内障」はあるのですから、、、。(泣)
 
d0174983_12422022.jpg

 医師をしている 京都の義弟にメールをしたところ
 「視野検査によって、眼、視神経、脳などの沢山の病気が発見されることもあるので
 異常がないという事は よかったです」という返事。

 とりあえず
 めでたし、めでたし、、、、。

by saint-arrow-mam | 2018-10-11 13:16 |   健康 | Comments(4)

老化は着実に、、、


 このところ ドライアイ気味で、目薬をさしていたのですが
 体調の悪さのせいか 治りが悪いなあと感じていたところ、、、、

 有栖川宮公園に行ったときに、見える風景に違和感を感じました。
 まるで 近くで たき火をしているかように ガスっているのです。
d0174983_17125783.jpg

 瞬きを パチパチとしてみましたが、治りません。
d0174983_17122055.jpg

 年齢を考えて、即座に「白内障」という文字が浮かびましたが、
 友人がそうであったように 「白内障」と思っていたら 実は「網膜剥離」だった、、という事もあるので 
 念のため 眼科に行きました。
d0174983_18564902.jpg

 検査の結果は 軽い「白内障」で 「緑内障」でも「結膜結石」でも「網膜剥離」でもない、、、とのことでした。

 良く知られているように 「白内障」は 加齢やアレルギー、糖尿病などにより レンズが白濁することで起こる病気で
 手術でレンズを取り換えれば 二度と白内障になることはないのです。

 どうしても白濁が気になり 40代で手術を受ける人もいるそうですが
 何歳で手術をするか? あるいは白濁したまま一生を過ごすか?、、ということは 
 個人の考え方によるとのこと、、、、

 ふむ、避けては通れないという事か。

d0174983_17130008.jpg


 Shingranmaは 80歳を過ぎて日帰りで手術しましたが、
 術後 とてもクリアに見えるようになり
 「世の中が明るくなった。 早く手術すればよかった」 と何度も言っていました。

 しかし こういう手術は日進月歩で、昔に比べればレンズも手術法も かなり進化しているようですから
 私には 速い時期に手術をすることが 得策とは思えません。

 よって 今は「白内障」の進行を抑える目薬を とりあえず試してみようと 思います。

 あ~~  
 着実に 老化は 進んでいます。

by saint-arrow-mam | 2018-08-21 19:12 |   健康 | Comments(8)

「夫源病」


 本屋さんでチラ見した 週刊誌の表紙タイトルに
 ほぼほぼ 私と同年代の 関西の女性タレントKが 全く家事をしない夫に対するストレスから
 めまいなど 身体に異常が現れる「夫源病」になり ついに別居の道を選んだ、
 という記事が出ていました。
d0174983_21383540.jpg
 
 「夫源病」という言葉を聞いたのは初めてだったので、調べてみると

「夫源病」とは 夫の何気ない言動に対する不満、あるいは夫の存在そのものが強いストレスとなって、自律神経やホルモンのバランスを崩し、妻の心身にめまい、動悸、頭痛、不眠といった症状が現れる。
若い世代から60代の女性まで、夫(パートナー)を持つ女性なら、誰でも「夫源病」にかかる可能性があり、「夫源病」の具体的なケースとしては、
夫が家にいる週末は頭痛、平日も夕方からイライラし、夫に急に怒鳴られたのを機に動悸が始まり、唾が飲みこみにくくなった。 
夫の身勝手な発言を聞くと、顔ののぼせやほてりが起こるが、夫が出張などで夫が不在のときには症状が出ない(軽くなる)など。




 私も、朝から晩まで ワンルームマンションで Shinpapaと いっしょにいるので、
 疲れたときなどは Shinpapaが ”全く家事をしない” ことに 強烈なストレスを感じて イライラすることがあり
 タレントKさんの気持ちが わからないでもありません。 ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
d0174983_07241417.jpg


 ちなみに 「妻のストレス源になりやすい“夫”とは?」というチェック項目の表があったのですが、、、

d0174983_21100035.jpg


 なんとまあ、
この項目で Shinpapaに 当てはまることは ひとつもないことに 逆に驚きました。

 それどころか 私自身に あてはまる項目が多い、、、、
 それって 私がストレス源の「妻源病」の可能性があるってこと?
d0174983_07223170.jpg

 今日、Shinpapaが 帰広し、お気楽ボッチになりましたが、
 追いかけて 土曜日には 私も帰広する予定です。


by saint-arrow-mam | 2018-07-26 21:49 |   健康 | Comments(4)