カテゴリ:  友人・知人・恩師( 55 )

晩秋の農園 2018


 「帰ってるの?」 「野菜を取りにおいでよ」 とAさんから電話。

 「はーーーーい」と 良いお返事をして出かけます。


 Aさんの農園は いつも整然としていて 本当に気持ちが良いです。

 こんなに きちんとした農園で作られている野菜だ と知っていると、
 できるだけ ”新鮮”なうちに ”生”で食べたくなります。
d0174983_14572707.jpg
 
 農園の空気は澄み渡り 吹く風も とてもさわやか。
d0174983_14573966.jpg

 Aさんも 野菜も とても元気です。
d0174983_14574680.jpg

d0174983_14575390.jpg

 今回いただいたのは、
 「わさび菜」「サニーレタス」「レタス」「白葱」「おくら」「ピーマン」「ブロッコリー」
 「サツマイモ」「玉ねぎ」「ナス」「落花生」「小松菜」「キャベツ」です。
d0174983_14580043.jpg

 主婦としては たくさんの種類の野菜を 少しずついただくのが うれしいのですが
 いつも ご自分で料理をなさるAさんは それをよくご存じです。

 ハイライトは 今回 初めて栽培されたという 「落花生」。

 ゆでて食べる種類の「落花生」だと言われたのですが、
 Shinpapaの希望で 殻をむき、フライパンで気長に炒ってみました。
d0174983_15501629.jpg

 見た目は イマイチでしたが、甘くて 香ばしく美味しかったので、 
 3時のおやつに半分食べて  残りの半分は今夜のビールのあてに。

by saint-arrow-mam | 2018-11-03 06:00 |   友人・知人・恩師 | Trackback | Comments(6)

どこで会う?


 数日前、Nご夫妻と会食をするための個室をお願いするため 
 オーナーの奥さんである友人と連絡を取った時、即決で この日に会うことが決まりました。

 彼女と私は 年齢が離れているのですが、ママ友として知り合ってから もう20数年の付き合いです。

 忙しい彼女 と 私の帰広している時期があわなくて なかなか会えないときもあるのですが、
 前回会ったのは、今年の5月 でしたから 5カ月ぶり、、、まずまずのペースです。

 待ち合わせ場所は 彼女の家からも近い 県立美術館にしようというと
 それだったら、、と 彼女が美術館の中のレストランを予約してくれたのです。

 実は 県立美術館の中のレストランは 予約が取りにくいと評判のイタリアンレストランなのですが
 彼女の名前を持ってすれば 数日前であっても 予約を取ることができたのでしょう。
 Thank you です。

d0174983_09094862.jpg 

お店の名前は 「ゾーナイタリア・イン・チェントロ」

広島市内には たくさん系列のお店があるようですが 
私は 西区にあるお店にしか行ったことがありません。


 レストランは 美術館の1階の奥まったところにあるので、
 知っていなければ 通りすがりに入るようなことはないレストランです。

 ただ、隣の縮景園に面した位置にあり 眺めも雰囲気も良いので 
 おしゃれなレストランに敏感な 広島の有閑マダムには人気があるようです。

d0174983_17052304.jpg

 特に 今回の席は 彼女のおかげで 一番奥で角の 特等席でしたので 
 隣を気にすることなく ゆっくりと話ができてよかったです。

d0174983_17051614.jpg

 
 彼女は 「蟹」と「海老」のアレルギーがあるのですが、
 同じ甲殻類でも ザリガニ科伊勢海老オマール海老は大丈夫だというので、 
 2人とも オマール海老のパスタコースを注文しました。

 ウェイトレスさんに 「食べ物で アレルギーはありませんか?」と聞かれたときは
 すでに オマール海老のパスタを頼んだ後だったので、
 海老は海老でも、、、などと ややこしいことを 言いにくくなり 「ありません」と答えた彼女。

 ところが なんと前菜のフリッターが 海老のソースと一緒に出てきました。
 「海老のソースって オマール海老のソースじゃないよね」 と彼女。
 「うん、オマール海老も入っているかもしれないけど、ソースだから普通の海老も使ってるかもよ」 と私。
  
 ということで、できるだけ海老のソースをつけないようにして 前菜を食べた後、、、

 「ねえ、ということは パスタのソースにも 普通の海老が使われているってこと?」 と彼女。
 「うん、オマール海老のパスタって オマール海老がのっているという意味で ソースまでは どうだろう」 と私。

 「やめた方がいいんじゃない」と 何度も言ったのですが
 食べちゃいました、
美味しさに負けて、完食してしまいました、彼女。

d0174983_17053141.jpg

 デザートのころになっても 発作は起こりませんでしたが、、
d0174983_17053890.jpg

 そのまま別れて その後 彼女に 何かあったら、申し訳ないので、
 縮景園を一緒に散策して 歩きながら さらに 話をしました。
 
 縮景園の園内には ツワブキの花が あちこちに咲いていたのですが、
 彼女の様子に変化がないか気になって、カメラを構える精神的余裕がありませんでした。

 約1時間 一緒にいましたが、幸い、彼女に何も変化はなかったので 
 パスタのソースは オマール海老だけのソースだったのでしょう。
d0174983_17504081.jpg

 絵もピアノも とても上手な彼女ですが 美術展にもコンサートにも興味がないので 一緒に行ったことがありません。

 彼女には「才能があるのに もったいないなあ」 と いつも言うのですが、
 「興味がないのに 行く方が もったいないよ」 と言われてしまいます。
 
 ということで ブリューゲル展へは 彼女と別れた後に 一人で行きました。


by saint-arrow-mam | 2018-10-31 06:48 |   友人・知人・恩師 | Trackback | Comments(4)

打ち合わせを兼ねて、、、


 知人と食事をする場合、
 カテゴリーを 「外食」にしようか 「友人・知人・恩師」にしようか と 悩むのですが、
 結局 あいまいなまま、、、、、


 ご一緒させていただくのは
 ハウステンボスに別荘をお持ちの 先輩ご夫妻です。

 私が帰広しないときには Shinpapaをゴルフに誘ってくださり、
 私が帰広した時には 「一緒に食事を」と 誘ってくださるのですが
 今日は あれこれと打ち合わせをする予定があるので 
 友人の経営する料亭に 個室を用意してもらい ご招待することにしました。

 打ち合わせメインで、さすがにお料理の写真を写す余裕は なかったので 
 HPより画像をお借りしました。

d0174983_23070090.jpg


 実は 来月 先輩ご夫婦とご一緒にクルーズをさせていただくのですが
 ご夫婦は 初めてのクルーズですので ドレスコードやエクスカーションの手続きの方法について お聞きになり、
 添乗員Shinmamaは お二人の寄港地観光のご希望などを 伺いました。

 いつもより、しっかりと準備をして 抜かりなくご案内したいと思います。
d0174983_08455791.jpg


by saint-arrow-mam | 2018-10-27 17:32 |   友人・知人・恩師 | Trackback | Comments(2)

恩師からの便り (2018/8)


 思いがけず 2か月前に 届いた恩師からの葉書には
 習い始めたという 先生の日本画が描かれていました。

      恩師からの便り (2018/6) ブログ  → https://runslowly.exblog.jp/26874029/

 私が 今、東京に住んでいること と 豊洲の住所もお伝えしたところ
 再び 豊洲にお葉書を頂戴し、近況も詳しく教えてくださり 恐縮しました。

 この度、帰広してみると 8月5日の消印で 2枚目の葉書が 届いていました。
 今回は 元気よく 天に向かって伸びていく 『筍』が描かれています。

 Shinpapaが 先生とご一緒に ゴルフをさせていただいたことがありますので、
 今回だけでなく いつも年賀状に 「御主人によろしく」と添え書きして お気遣いくださいます。
 

d0174983_10485039.jpg


 手描きの葉書を 送っていただけるだけで ありがたいことですので 
 東京と広島の どちらに送っていただいても うれしいのですが、
 広島だと 届いたことが すぐにわからないので、お返事が遅くなり 申し訳ない気持ちになります。

 何ごとも サッサと パッパと なさる先生ですので 尚さらです。
d0174983_11412167.png

 (厚かましい願いながら)
 先生が ずっとお元気で 手描きの絵葉書を これからも届けてくださいますように、、
 という願いを込めて

 ブログのカテゴリーに 「恩師」という文字を追加し、
 同一のブログタイトルにして シリーズ化できるようにしました。 

by saint-arrow-mam | 2018-08-29 12:48 |   友人・知人・恩師 | Trackback | Comments(10)

近況報告の食事会 14回目

 
 前回(13回)は 今年の5月4日でしたので 3ヵ月ぶりです。

 お店はいつもと同じ 「QUITETTO」ですが、今日の集合時間は 少し早い5時半。

 スカイツリーが どーーんと よく見えました。
d0174983_11221460.jpg

 来るたびに 長居をし、食べて飲んで 賑やかな高齢者4人。
 さすがに お店の人が顔を覚えていてくれています。
d0174983_11221782.jpg

 お店に着くとすぐ、「今日はありますよ」と言われるほど、
 毎回 お願いする ズッキーニの花のフリット。

 中に入っているチーズが なんとも美味で 1本500円なのですが、
 いつも 1人2本食べます。
d0174983_11232300.jpg

 それ以外は ニューバージョンになった シーザーサラダと、、
d0174983_14400357.jpg

 海老のアヒージョ
d0174983_14400552.jpg

 ノーマルな 鶏のから揚げ
d0174983_14400829.jpg

 それ以外にも パスタやガーリックトースト等 頼んだのに、
 話に夢中になってしまって 写せていません。

 というのも 来月、N君の奥さんが娘さんと 初めてクルーズをされる予定で
 クルーズについて わからないことがある というので、詳しくレクチャーを、、、、。

 初クルーズが エーゲ海というのが うらやましい限りですが
 N君(ご主人)は 趣味の畑仕事があるので 行かない(行けない)ことが 奥様には残念そうでした。

 老後に 日々の管理が必要な趣味を持つと
 家族旅行に行くときの 足かせになることもあるんですね。

 さてさて、我々老夫婦は 連日の高カロリーの外食を なかったことにするために 
 今日から 「粗食生活」です。 
d0174983_14584938.jpg


by saint-arrow-mam | 2018-08-19 22:32 |   友人・知人・恩師 | Trackback | Comments(0)

真夏の農園へ


 先月 お邪魔したばかりなのに、
 「帰ってきてるの?」「美味しい枝豆があるよ」と お誘いを受けて 夕方からいそいそと いつもの農園に。

 お邪魔するたびに、耕作面積が どんどん広がり お一人で管理できる限界ではないか? 思うのですが
 そんな様子は みじんもなく、いつも 驚くほど整然としています。
d0174983_11041017.jpg
 

 また道具の保管や ひと休みできる空間として ご自分で建てられた小屋があるのですが
 この夏は、小屋まで配管を伸ばして、山の水を引き込み、(高低差を利用して)ポンプなしに屋根に流し、
 まるで 滝の中に小屋があるようなイメージにされていました。

 在職中、ゼネコンの技術者だったA氏ですので、そのパイプには ちゃんとしたコックがあり、
 水量が自由に調節できる 本格的なもので、暑い日には頭から水浴びもできそうです。
 
 農園自体も 耕作品種の増加と地元農協への出荷の手間を考えて、
 独自のアイデアで 収穫の効率化に取り組んでいらっしゃいます。
 そのアイデアは 素人農園の域を超え、農家の方に逆伝授されるべき 素晴らしい工夫だと思いました。

 たとえば 左がオクラ、右がピーマンですが、
d0174983_11042320.jpg

 収穫時に腰を曲げて 野菜をもぎ取らなくて済むように 四方を丈夫なパイプで囲み、
 植物の幹をきちんと立たせ、成長に応じて パイプを上に上に 伸ばしていけるようになっています。
 
 さらに 山の水を引き込んだパイプを配管して、必要な時に コックを空ければ 自動給水できるようになっています。
d0174983_11042881.jpg

 茄子も同様に 頑丈なパイプによって支えられていまので
 1本1本を軟な支柱で支えた時のように 自重で傾いてしまう心配がありません。
d0174983_11041476.jpg

d0174983_11041947.jpg
 
 幸運にも 今回、豪雨の被害はなかったそうですが、
 もしもを考えて、事前に 小玉西瓜を ネットに入れて パイプにぶら下げてみたそうです。
      (パイプは 筋違が入り強度が計算された かなり堅固なもので、建築現場を思い起こさせるほどです)

 完熟マンゴと基本的には同じ考え方だと思いますが、結果、日当たりがよくなり、表面の緑が濃くなったそうです。
 お調子者の私が 「エアー 西瓜」と名付けました。(笑)
d0174983_11043320.jpg

 その他にも、温室の中には巨峰(左)、土の中にはジャガイモ(右)

d0174983_11043752.jpg

 枝豆(左) と 私の好きなミニトマトのアイコ(右)
d0174983_11044265.jpg
 モロッコいんげん や 白葱、ニンニクまで、大きなプラスチック籠 2つ分もいただいて帰りました。

 A氏の農園に魅かれるのは、新鮮な作物をいただけることは もちろんですが、
 農園内に建設されている さまざまな構造物を拝見できることです。

 内緒の話ですが、いつの日か 野菜よりも 構造物を作るのを手伝いたいと 憧れています。(笑)

d0174983_08530232.gif

 この日、15年ぶりに 火星が地球に大接近。

 蚊が ブンブン飛んでいたので、時間をかけて撮影するのをあきらめて 
 コンデジの手持ち撮影にしたところ、ただの オレンジの点になりました。(笑)

d0174983_08511675.jpg


by saint-arrow-mam | 2018-08-01 08:55 |   友人・知人・恩師 | Trackback | Comments(6)

恩師からの便り (2018/6)


 大学4年の時に 卒業論文のご指導をいただいた 物理研究室の恩師 K教授から 葉書が届きました。

d0174983_21344454.jpg

 
 <学生時代>の K教授との思い出は

d0174983_09194759.jpgオリジナルの大きな真空脱気装置(ベルジャン)を製作し 来る日も来る日も 真空状態で金属薄膜をガラス板に蒸着させ、電気伝導の異方性について 実験し、データを出し、論文にまとめる際、ご指導をいただいたこと。

他大学の物性物理教室と 合同研究をする道を作ってくださり 実験や研究の幅を広げてくださったこと。

UCLAの教授が学会で広島に来られた時、両教授の通訳として ご一緒にマツダ工場や宮島などをご案内したこと。
 
<個人的>には ゴルフを何度かご一緒したことや ご自宅に伺って奥様の手料理をいただいたこと。



 <卒業後>は 大学に助手として残り、勉強を続けられるように 推薦し、採用してくださったこと。

 K教授の退官記念パーティーで 司会をさせていただいたこと。

 住居工学を学んでいる学生に 設計と建築の現場について講義をすることになった時 懇切丁寧にアドバイスをしてくださったこと。
 など 公私にわたり お世話になった恩師です。


 退官後も 地元のテレビ局が主催するカルチャー教室の 講師をされたり
 ゴルフのほかに、アコーディオンを習われたりして、人生を謳歌されていることは 年賀状で 存じておりましたが
 現在 82,3才になられた教授が 日本画教室に3年も通っていらっしゃったなんて、、、、、
 うーーむ、刺激を受けます。

 これから時々 素敵な葉書を送ってくださるのではないかと思うと 楽しみでなりません。
d0174983_09333024.jpg


 ちなみに 昨日 スーパーで 「先生?」と 声を掛けられました。
 最初、私のことだとは 思わなかったのですが、、、、私のことでした。

 学生の時に ずっと中学生の家庭教師のバイトをしていたのですが、
 声をかけてくれたのは その時に 生徒だった 瑠璃ちゃんです。

 ほぼほぼ 40年ぶりの再会。
 瑠璃ちゃんは 54歳のおばちゃんになっていましたが
 私も すっかり白髪の おばあちゃんに。

 「昔の面影なんか欠片もないのに よく あんただと わかったな」 と shinpapaが大笑い。
 悔しいけれど 返す言葉もありませんでした、、、はい。
d0174983_21293984.gif


by saint-arrow-mam | 2018-06-07 06:00 |   友人・知人・恩師 | Trackback | Comments(6)

久々に 農園へ


 ゴルフの時に 私が広島にいることを Shinpapaが話したので
 「農園に おいでよ」 と 私にも 声をかけてくださいました。

 梅雨に入り、収穫作業で お忙しいのでは、、と思ったのですが、新鮮なお野菜の誘惑には 叶いません。 

      前回のブログ  →  https://runslowly.exblog.jp/23111429/


 当然のことですが、季節によって 農園の野菜たちの顔ぶれは変わります。

 黄色いよく似た 花が咲いていて これから実を結ぶのが 「南瓜」と「西瓜」
d0174983_19193585.jpg

 収穫できるジャガイモは 「北あかり」と「メークイン」
d0174983_19194070.jpg

 茄子は そろそろ収穫できそうですが、 白葱は まだ苗の状態です。
d0174983_19194589.jpg

 青梗菜、九条ネギ、パクチー、ニンジン、ニンニク、ブロッコリー など 大きなカゴ2つ分も いただいた後

 「好きなだけ 持って帰りなさい」と 袋詰め前の玉葱のところへ、、、、


 きゃーーーー、  玉ねぎ、  玉ねぎ、  玉ねぎ !!!!!

 頭の中に 熱々の オニオンスープが 浮かんできました。
d0174983_19195041.jpg

 早速 フランスパン と ミックスチーズを買って帰り、 

 玉ねぎをスライスして ひたすら炒めて オニオンスープを作りました。
d0174983_19503683.jpg

 「甘もうて うまいのぉ (甘くて おいしい)」と Shinpapaが喜んで食べてくれました。

  はい、素材が良ければ 必ず美味しい料理になるのです。


by saint-arrow-mam | 2018-06-06 06:00 |   友人・知人・恩師 | Trackback | Comments(6)

また会えたね


 Shingranmaは デイサービスに出かけ、Shinpapaは ゴルフに出かけ、、、、
 夕方まで 自由時間をもらったので 友人と会います。

 前回、彼女に会ったのは 2016年の8月でした。
      ブログ → https://runslowly.exblog.jp/23429760/
    (こんなとき、ブログに残していると 「いつだったかなあ?」の話題に即答できるので 便利)

 彼女のご主人の経営する飲食店は 「和食」「焼肉」「中華料理」「鉄板焼き」「居酒屋」「高級クラブ」など いろいろありますが、
 今回も 手軽に ランチが楽しめる「焼肉」に。
d0174983_16253198.jpg

 「昼だから アルコールはねえ」
 「うん、昼だからねえ」、、といいながら まずは ビールで乾杯!!
      (呑ベエの2人にとって ビールはアルコールではないのだ)
d0174983_16253490.jpg

 気の置けない友人なので ラインでつながっていますが、
 積もる話が 次から次に、、、、
d0174983_16253862.jpg

 相手の家族のことも 考え方もお互いによく知っているので 
 前回からの続きの話だけで 十分つながります。
d0174983_16254164.jpg
 
 テーブル担当のお姉さんが やや緊張気味で 気の毒ですが、
 おばちゃんたちは 気づかないふりをして 焼いてもらいながら 食べ続けるのです。
d0174983_16254479.jpg

 親の介護に関しては 彼女の方が先輩なので 手続きなど いろいろ教えてもらいました。
 代わりに 彼女の実家の建物について アドバイス。
d0174983_16254721.jpg

 シンデレラのように 家に帰る時間を気にしながら ではありますが

 久々に だべリング(死語?)をして 楽しい時間を過ごしました。

by saint-arrow-mam | 2018-05-25 06:00 |   友人・知人・恩師 | Trackback | Comments(6)

近況報告の食事会 13回目

 毎年 5月のゴールデンウィークには 帰広していたのですが
 今年は 妹一家が帰広するというので、家を彼らに開け渡して 東京で過ごしています。
 
 今日は N夫妻との近況報告会の13回目です。
 また 前回から 5か月経ちました。

 お店も いつもと同じ 「QUINTETTO」に 午後5時集合。
 若者と異なり、老々4人は まだ明るい時間に 食事をします。(笑)
d0174983_22105057.jpg

 このお店は 今の季節に行くと、、、大好きな「花ズッキーニのフリッター」があり、、、
d0174983_22105399.jpg

 この料理を食べることができるだけでも このお店に来る甲斐があるというものです。

 花の中に 熱々のモッツァレラチーズが入っていて 本当に絶品です!! 
d0174983_22105591.jpg

 会わなかった5か月の間に 何も変わらず、話題が昔話だけになる時もありますが、
 今回は 2月にN氏のお父様が 92歳で他界され、先月 ご長男が結婚されたので
 今日は その話題が中心に。

 4人とも ほぼほぼ健康で、良く呑んで、良く食べますが
 「フリッター」以外は いずれも1人前を頼んで 4人でシェアするので
 量的には そこそこかも、、、。
d0174983_22105735.jpg

d0174983_22105920.jpg

d0174983_22110267.jpg
 
 支払いが 1人3,500円でおさまる リーズナブルなお店です。

 最後にいつも 4人で一緒に旅行がしたいね と話をするのですが、
 奥様が 来年2月まで現役なので、リタイアしたら、、、、と思っています。

 次も 元気に4人で会えますように、、、、、。
by saint-arrow-mam | 2018-05-04 06:00 |   友人・知人・恩師 | Trackback | Comments(7)