カテゴリ:  暮らしの手帳( 100 )

早々に 済ませました


 4日に参議院選挙が公示されると 翌5日には 『選挙のお知らせ』が届きました。
 
 投票日の21日には 広島にいないので 今回も「期日前投票」をしておきます。

 「期日前投票」は 『選挙のお知らせ』の裏面に その理由などを記入して持っていくと 選挙することができます。

d0174983_13380715.jpg


 まだ、公示後 間がないので、候補掲示板に ポスターが 数枚しか張られていないのですが、
 その数枚は 大きな政党に所属して 選挙資金がふんだんにありそうな 候補ばかり、、、。
 なんだかなあ。


 でも 投票を済ませたので 安心しました。


d0174983_11320078.jpg

by saint-arrow-mam | 2019-07-07 11:37 |   暮らしの手帳 | Comments(2)

横断歩道では 止まりましょう


 子供が多く住む豊洲だからでしょうか、
 信号のない横断歩道を渡ろうとすると 必ず車は 止まります。
 しかも スピードを落とすのではなく、完全に停車してくれます。

 それに慣れてしまって、広島で 無意識に横断歩道を渡ろうとして 危うく車にひかれそうになりました。

 そうでした。
「広島は 横断歩道で 車が止まらない」ということを 忘れていました。

d0174983_21561726.gif


 ちょうどタイミングよく? JAFが行った信号機のない横断歩道での歩行者横断時における車の一時停止状況全国実態調査で  
 信号機のない横断歩道を歩行者が渡ろうとしている場面で、9割以上のクルマが一時停止していないことが判明した 
 という報道がありました。

 さらに JAFのサイトをみると、下記のように書かれています。
ドライバーは、常に歩行者が安全に横断歩道を渡れるように保護しなければなりません。道路交通法第38条第六節の二「横断歩行者等の保護のための通行方法」には、①歩行者の有無を確認できなければ、横断歩道の停止位置で止まれるような速度で進行する。②横断しようとしている、あるいは横断中の歩行者や自転車がいるときは必ず一時停止をする。③横断歩道内およびその手前30mは追い越しや追い抜きが禁止。などが規定され、横断歩道を渡ろうとする歩行者がいる場合、ドライバーは横断歩道の直前でクルマを一時停止させ、通行を妨げないよう義務付けています。横断歩道を渡るのに時間がかかってしまう高齢者や幼い子供も、もちろん例外ではありません。違反者には反則金や違反点数が科せられます。



 そして JAFが調査した 都道府県別のデータを見てみると、
 一時停止した車両が最も多かったのは「長野県」で、58.6%で2台に1台は止まっている計算になり、
 2位の静岡県39.1%を 20%近く上回って ダントツの1位です。

 そして、調査の結果、最も車両が一時停止しなかった県は「栃木県」で、0.9%。
 「広島県」は なんと 下(どべ)から2番目、、、、
 ワーストな両県の 1%以下という数値は、ほぼ止まらないに等しい ということです。

 それにしても 全国平均の8.6%に比べて、何と情けない数値。
 これでは 国際観光都市の名が 廃ります。(泣)

d0174983_21060445.jpg


 豊洲の経験からすると 東京は上位だろうと思っていましたが 2.1%とは、、、
 想定外の低さに びっくりです。

 正直 私も 広島で車を運転している時に、横断歩道近くに子供や高齢者がいた時は止まりますが、
 それ以外の歩行者が 横断歩道に近づいたくらいでは 気にかけていませんでしたので 偉そうなことは言えません。
 
 そんな私が お江戸で 歩く側の人間になってみると 
 車が来ないうちに渡らなきゃ、、と 左右を見ながら 駆け足で渡るより、
 止まってくれた車の前を ちょこんと頭を下げてお礼を言いながら 
 足元を確かめて渡る方が 安全であることを実感しました。


 
 これからは 渡ろうとする人の姿を見たら 必ず停車しまーーーす。

 といっても 私の場合、これから先、何年 車の運転ができるのかわかりませんが、、、、、。(笑)

d0174983_20305763.jpg
 

by saint-arrow-mam | 2019-06-01 07:34 |   暮らしの手帳 | Comments(4)

自己満足の発見


 東京には マイカーがないので 地下鉄を利用することが多くあります。

 地下鉄も 有楽町線に始まり、大江戸線、丸の内線、東西線、日比谷線、三田線etc.があり
 いくつかの駅には 複数の線が入っています。

 乗り換えの時に どの電車に乗ればよいのかわからず いつもモタモタしていたのですが、
 『駅名の案内板の法則』に気づいてからというもの ちょっと楽になりました。
d0174983_20431465.jpg

 「永田町」のプラットフォームに下りる階段に掲示されている 案内板を例にとると、、、、

 「永田町」の にも にも 駅名が書かれています。

 この場合、、、、、、、、、

d0174983_20175948.jpg

 「永田町」より 右側に書かれた駅(和光市方面)に行くときは
 階段を降りた先のプラットフォームの に来た電車に乗ればよくて、

 「永田町」より 左側に書かれた駅(新木場方面)に行くときには 
 プラットフォームの に来た電車に乗ればよいのです。

d0174983_20320719.jpg

d0174983_20431465.jpg

 また 「渋谷」にある この案内板を例にとると、、、、

 「渋谷」という駅が に書かれています。

 この場合、、、、、、、、、

d0174983_20180390.jpg

 
 階段を降りた先のプラットフォームの 左右どちらに来た電車に乗っても
 同じ方面(和光市方面)に 行くことができます。

d0174983_20381348.jpg

d0174983_20431465.jpg

 広島では このような案内板そのものに 馴染みが無いので(地下鉄がなく 私鉄も路線が少ない)
 ずっと その使い方に気づかず 
 ホームに下りたものの 左右どっちの電車に乗ればよいのかわからず いつも焦っていました。

 ある時、ふとしたことから 『駅名の案内板の法則』に 気づいたのですが
 お江戸の人なら だれでも知っている ごく当たり前の事だと思うので だれにも話せず、、、、(泣)

 でも 地下鉄に乗る度に ちょこっと自己満足、、、しています。

by saint-arrow-mam | 2019-04-13 06:00 |   暮らしの手帳 | Comments(0)

時代は「令和(Reiwa)」へ


 5月1日からの新元号が「令和(れいわ)」になる という事が 決まりました。

 今日は 朝一番で オカリナを買うために 銀座に行くつもりでした
 
 テレビの発表までのカウントダウンに 気持ちが負けて 
 結局 新元号の発表を見てから 出かけることに。
d0174983_20455504.jpg


 「銀座」で【号外】が配られるかも、、、と 浅はかな期待をしたのです
 
 この日 【号外】が配られたのは 「新橋駅」でした。
d0174983_20455847.jpg


 30年前には 昭和天皇の崩御で 全てにおいて自粛ムードだったので
 新元号「平成」の発表は 厳かな雰囲気であったように記憶しています
 
 今回は マスコミによるお祭り騒ぎに いい歳をして すっかり踊らされてしまいました。
d0174983_20460181.jpg
  

 ちなみに 本日のNew York Timesの記事をみると 
 「時代」という意味の単語として ”period”ではなく ”era”が使われていました。

d0174983_09364157.jpg


 私は 今まで 展示されている文化財などの横に置かれた 英文での説明書きに習って 
 外国人に説明するときには 
 江戸時代を”the Edo period”、 鎌倉時代を”the Kamakura period” と言ってきましたが 
 そういえば エリザベス朝時代の事を Elizabethan Eraと表現しているよなあ、、と思いました。

 調べてみると
 日本独特の「時代区分」は 欧米のメディアや学術文献では”era”が使われ、定着しているようで、 
 平成に変わった30年前のNew York Timesでも「平成」は the Heisei eraと表現されていました。
 
 ”period”と”era”の どちらも「時代」という意味ですが、その違いに関しては 諸説あるようで、
 そのニュアンスの違いをこの機会に勉強しておこうと思います。


 とりあえず
 2019年4月30日の天皇退位とともに「平成」が終わり、新しい元号「令和」が始まります、、、と説明する場合、

 With the abdication of the current Emperor on April 30, 2019, 
 the era of ”Heisei” will end and a new era of ”Reiwa” will begin.

 で いいかな?


by saint-arrow-mam | 2019-04-02 09:16 |   暮らしの手帳 | Comments(6)

2か所の迎春準備 


 年賀状を出し、マンションの大掃除を済ませ、
 まだクリスマス前だというのに クリスマスグッズを片づけて、(笑)
 早々に 迎春の飾りつけをしました。

 そして 明朝、新幹線で帰広して 
 今度は 古家の大掃除をして 不在の間の所要を済ませ、また迎春の準備をします。
d0174983_12390477.gif

 ここまでの作業は 例年していることですが、
 今年は Shingranmaが 京都で新年を迎えることになったので、
 夫婦ふたりだけで新年を迎える、、、ということになりました。

 Shingranmaは 庭廻りの工事の間 疎開するべく、10月に京都に行ったのですが、
 暇に任せて、あちこち精密検査を受けたところ
 「腎動脈狭窄症」であることが わかったので 入院して カテーテル治療を行いました。

d0174983_12232759.gif

 治療は成功し、血管を広げることは できたのですが、
 当分の間、通院治療を続ける必要があるため、京都で新年を迎えることになりました。

 京都の大学病院であれば 今のような高度な治療を 優遇された環境で受けることができますが、
 広島では それはとても無理なことであることは 本人も良く理解していますし、
 妹の家族にとってみれば、初めてShingranmaと お正月を過ごすので
 姪や甥も楽しみにしていて Shingranmaも まんざらではないようです。

 とはいえ、Shinmamaは 迎春に着る服や 必要なものを持って行ってないと思うので
 私が まとめて広島から送り、さらに 年内に日帰りで 京都へ行く予定です。

 今年の年の瀬は 例年になく忙しいぞ!!

by saint-arrow-mam | 2018-12-20 12:59 |   暮らしの手帳 | Comments(8)

「新」豊洲市場


 豊洲市場が オープンして まだ1ヵ月経っていませんが、
 帰広する前に行っておくことにしました。
d0174983_17344611.jpg

 ニュースでみたような 酷い混雑はなく お店を見て歩くには不自由はありませんでした。
 ちょっと拍子抜け、、、、。
d0174983_17344957.jpg

 「包丁の専門店」 や 「秤の専門店」 など 本格的な品々が揃います。

 「ここに 買いに来ればいい」と思う一方で、
 私の料理の腕では ここまで買いに来る必要はないとも思います。(笑)
d0174983_17345255.jpg

 食料品も 築地のときのような活気はありませんが、ちらほらと売っています。

 ランチ用に Shinpapaの好きな 「玉子焼き」のサンドイッチを買いました。
d0174983_17345515.jpg

 見学ルートは ガラス張りになっていて 
 階下の青果市場の様子を 見下ろすことができるようになっていますが
 活気を感じるためには 早朝に来るべき、と思います。
d0174983_17345714.jpg

 掲示物は 多くありませんが、外国の方にもわかるように 工夫がされています。

 ただ、立ち止まって スマホをかざしている外国人はいませんでした。(笑)
d0174983_17350024.jpg

 館内を走る「ターレ」と呼ばれる乗り物が 壁にぶつかることを想定して
 柱には 強度のある金属製の保護ガードが つけられていたのが 目につきました、

 、、、というか どうしても こういうところが気になります。 <(_ _)>
d0174983_17350366.jpg

 さて、来週上京してくる広島の友達から 
 「築地」と「豊洲」のどちらに行った方がいい? と聞かれているのですが、

 私の答えは 「築地」。

 今の時点では 「築地」です。
by saint-arrow-mam | 2018-10-24 06:00 |   暮らしの手帳 | Comments(6)

豊洲市場に移転後の 築地市場 


 豊洲市場に移転した翌日から 築地市場では すでに解体工事が始まっています。
d0174983_17042288.jpg

 かつて築地市場の場内にあった店舗は 一斉に豊洲市場に移転したのですが、
 「築地場外市場」と呼ばれていたエリアの店舗の多くは 築地に残っています。

 平日にもかかわらず、築地の場外市場が 多くの外国人旅行者で賑わっているのをみると
 彼らは 市場が 豊洲に移転したことを知らなくて 築地に来たのではないかと思います。
d0174983_17045136.jpg

 一方で 中央区が設置した 仲卸を経営母体とした生鮮市場「築地魚河岸(つきじうおがし)」が 新しくオープンし、
 築地の活気とにぎわいを 将来に向けて継承しようとする 積極的な姿勢は見えます。
d0174983_17042736.png

 「築地魚河岸」は 小田原橋棟(おだわらばしとう)と海幸橋棟(かいこうばしとう)の2棟で構成され、
 1階が 水産物と青果物の市場となっており、築地の名店 約60店舗が軒を連ねています。
d0174983_17042427.jpg

d0174983_17151906.jpg

 でも 知名度が低いからでしょうか?
 それとも 館内で飲食することが許可されていないからでしょうか?
 館内に 人の姿は まばらで、お店の人の売り声だけが 空しく響いていました。
d0174983_17043831.jpg

 築地に行くと いつもお昼ご飯を食べるために 立ち寄る「鈴木水産」。

         ブログ 「鈴木水産」 → https://runslowly.exblog.jp/22782580/

 いつもは 行列必至、売り切れ覚悟 のお店ですが、
 今日は 行列が無いだけでなく 席が たくさん空いていたので びっくりしました。
d0174983_17045347.jpg

 なんだか 拍子抜けしたものの お目当ての「特・ウニ定食」を食べました。
d0174983_17045678.jpg

 箱盛りの新鮮なウニは 変わらず美味しくて ホッとしましたが
 いつも元気な おばちゃんの声が 心なしか沈んでいたように感じました。
d0174983_17045953.jpg

 豊洲市場の飲食店は オープン当初から、1時間待ちの状態とか。
 それに比べて 築地では 以前の人気店が ガラガラ。

 人々の関心も 築地市場から 新しくて衛生的な豊洲市場に 移転してしまったのです。

 これから 築地場外市場エリアの飲食店は 
 生き残りをかけて 相当の営業努力をしなければならないでしょう。

d0174983_17050271.png
 
by saint-arrow-mam | 2018-10-16 18:46 |   暮らしの手帳 | Comments(2)

捨・離・断 その5


 今は 買うことが無くなりましたが、亡義父が買ってくれたのを契機に
 海外旅行をするたびに 「自分の記念に、、」 と免税で買っていた 大判スカーフ。

 どこで、どういう状況で買ったのか 覚えている 印象深いスカーフもありますが
 お土産やプレゼントでいただいたりしたスカーフも含めると、
 全部で30枚程度 スカーフケースに収納したままになっていました。

d0174983_16430652.jpg

d0174983_16431032.jpg

d0174983_16431376.jpg

d0174983_16431601.jpg

d0174983_16431803.jpg

d0174983_16432152.jpg

d0174983_16432402.jpg

 
 中には 在職中、無造作に身に着けていたために ひどく汚れてしまい、
 クリーニングに出しても シミが取れなかったスカーフもあります。

 ところが そういうスカーフに限って 大枚はたいて 購入したので 
 もったいなくて 捨てることができず とりあえずクリーニングの袋に入ったまま 収納していました。

 今回、汚れているスカーフには ジムや温泉宿のお風呂など 着替えの服を持って移動するときに 
 それを包む風呂敷として 再度 働いてもらうことにするとして、、、、

d0174983_17340029.jpg


 一度も 身に着けたことが無い 新品スカーフをどうするか、
 スカーフは 毎シーズン、新柄が出るので、古い柄のスカーフに 価値があるとは思えず 古銭同様に 買い取りは期待できないし、、、、。

 うむ、とりあえず思い出のスカーフを”普段使い”しようと思いますが、
 数枚は 汚してしまう前に リフォームを含め、有効に活用する方法を 考えてみようっと。

d0174983_16593246.jpg



by saint-arrow-mam | 2018-06-27 06:00 |   暮らしの手帳 | Comments(6)

捨・離・断 その4


 広島で処分できるのでしょうが
 どうせなら と オリンピックの開催地=東京へ 持ってきた、古いガラケーです。

 さあ、オリンピックのメダルに利用してもらいましょう。
      (あまりに僅かすぎて、お恥ずかしい限りですが、、、)
 
   『都市鉱山からつくる! オリンピックのメダル』 のブログ → https://runslowly.exblog.jp/26614186/
d0174983_19365287.jpg

 買い物のついでに ららぽーと豊洲の3階にある docomoのお店に持って行きました。

 専用の回収箱に入れるだけだろう と思っていたのですが
 face to face で対応するといわれ 受付番号をとって しばし待ちます。
 
d0174983_19211462.jpg

 最初に 身分証明書を確認され、私の使っていたガラケー2台を渡すと
 お店の人が 中を開けて SDカードやSIMカードなどが残っていない事を確認します。

 次に 所有権を放棄する旨の書類にサインすると
 パンチの様な器具を取り出して来て、
 目の前で ガラケーの電源スイッチなど 3か所に穴を開けられます。

 右から、、、バチン
d0174983_19211648.jpg

 左から、、、バチン
d0174983_19211918.jpg

 もう1回 バチン とされ 無残にも こんな状態になりました。
d0174983_19212140.jpg

 最後に 名刺大のカードを 1枚もらって、手続き完了。
d0174983_19212426.jpg

 ガラケーは 処理できましたが、まだ 古いデジカメが残っています。

 、、、、、ついでの時に ビッグカメラに持って行こうっと。 

by saint-arrow-mam | 2018-06-23 06:00 |   暮らしの手帳 | Comments(4)

捨・離・断 その3


 「捨・離・断」も 3回目になりました。

   捨・離・断 その1 ブログ  → https://runslowly.exblog.jp/26106754/
   捨・離・断 その2 ブログ  → https://runslowly.exblog.jp/26585311/


d0174983_17055160.jpg まず、懸案だった、記念コインや古い紙幣、高値で取引されているコイン類ですが

 やはり 額面通りの評価しかなかったので、そのまま銀行で 通帳に入金しました。

 銭形平次が投げるような古銭なども、今では 全く価値はないと言われてしまいました。

 そうか、「貨幣」「日本銀行券」というものは 中途半端に蒐集しても 
 コレクターでない限り 100年200年程度で 価値を生み出すことはないんだ。




d0174983_17193711.jpg 次に 古いレコード盤ですが、

 [捨・離・断 その2] の買い取り価格の結果は たったの 260円でした。

 重いレコードを抱えて電車に乗り 渋谷まで持って行ったのに 交通費さえ出ませんでした。(笑)

 よって 残りのレコードは 全て 広島で 廃棄処分にすることにしました。




 最後に 今回の帰省時に 広島で大掃除した結果、出てきた
 使わなくなったアクセサリー、存在すら忘れていた腕時計などを 買い取ってもらい 処分しました。
 
「メルカリ」に 出せば 売れるかもしれない雑貨なども あるのですが、
 そこまでするのは 面倒なので、とりあえず お店に持ち込めそうな軽いものだけ持ってきました。

 引き出しの中で 化石となるはずのものが 数万円になりましたので、旅行に使おうと思いますが
 とりあえず、千疋屋へ。

 アフタヌーン セットを 豪勢に 2人分です。

d0174983_16461735.jpg

 上のお皿、、、
d0174983_16461921.jpg

 下のお皿、、、
d0174983_16462222.jpg

 そして フルーツティーです。
d0174983_16462446.jpg


 Shinに負担をかけないよう 夫婦二人の思い出の品は 夫婦二人で処分しよう、、と 決めた老夫婦。
 
 価値観を 共有できる夫婦で 良かったと思います。

by saint-arrow-mam | 2018-06-22 06:00 |   暮らしの手帳 | Comments(4)