カテゴリ:  暮らしの手帳( 88 )

都市鉱山からつくる! オリンピックのメダル

d0174983_13095955.jpg


 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は、(名前が長すぎ、、)
 東京2020大会で使用するメダルを 使用済み携帯電話等の小型家電から製作する
 「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」を発表しましたが
 いよいよ その回収作業が開始することになりました。

 オリンピック・パラリンピック合わせて 金・銀・銅あわせて約5,000個のメダル製作に
 小型家電から抽出したリサイクル金属を活用することで 環境に配慮し、
 また日本のテクノロジー技術を駆使して、金の精錬における リサイクル率100%を目指すそうです。
d0174983_13180433.jpg

 過去にも メダルの原材料の一部として リサイクル金属が含まれた例はありましたが、
 国民が参画し、メダル製作を目的に小型家電の回収を行い、集まったものから抽出された金属で
 メダルの製作を行うプロジェクトは、オリンピック・パラリンピック史上、東京2020大会が初めてということです。

  回収方法は →  http://www.toshi-kouzan.jp/recoveryMethod.html

 身近なところにも 専用のボックスが設置されるようです。
d0174983_13454919.jpg

 これで Myブログを終わるつもりでしたが やはり数字が気になり、調べてしまいました。
d0174983_13541506.gif

 メダルを作るためには それぞれの金属が どのくらいの量 必要なのか?というと
 公表されている資料なので、アバウトだろうとは思いますが、、、

          東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 公表資料より↓
d0174983_13305447.jpg


 そして 小型家電に含まれる金属の量は?

d0174983_13305777.jpg

 さらに とある東京大学名誉教授によると 
金メダルは、金無垢ではなく、360グラムの銀で作った土台の表面に6グラムの金を被せて作るので 1600個の金メダルのためには、6グラム × 1600 = 9.6キログラムが必要になる。 1トンの携帯電話から280~300グラムの金が回収できるので、9.6キログラムの金を回収するためには 32トンの携帯電話、台数にして32万台程度が必要。

銀メダルは、純度92・5%の銀で作るので、最小の360グラムのメダルとして、純銀は333グラムで、金メダルの土台の分と合計して3200個が必要になり、およそ1100キログラムが必要。1トンの携帯電話からは1.9キログラムの銀が回収できるので、580万台が必要。

銅メダルは 規定の最小寸法で作ると290グラムで作ることができるので、1800個では522キログラムの銅が必要。1トンの携帯電話からは137キログラムの銅が回収できるので、3.8トンの携帯電話、台数にして3万8000台ほどの携帯電話で十分。


 ということは 銀の需要が最大なので、概算で580万台の携帯電話が回収できれば
 東京2020大会のメダルは すべて都市鉱山の金属で供給できることに 計算上なるのでしょう。
d0174983_13510942.jpg
 
 広島の古家に 古いガラケーが4台と 故障した室内電話の子機が2機、 
 東京にも 動かなくなった古いカメラが 2台ありますので 
 この機会に オリンピックのメダルに 変身させてあげようと思います。
 
by saint-arrow-mam | 2018-03-30 06:00 |   暮らしの手帳 | Trackback | Comments(4)

捨てる? 売る? 売れる?


 私が 西宮の小学校に入学した時、亡父がステレオプレーヤーを買ってきました。

 私がピアノを習い始めたので、音楽をより身近なものに、、と 若き父が考えたのかどうかわかりませんが、
 父が休暇になると 外国で買ってきたボサノバやカンツォーネのレコードを 聞かせてくれました。

     webで調べると 似たようなステレオの画像がありました。 ↓
d0174983_21514650.jpg

d0174983_18314443.gif


 中学2年になり広島に引っ越したときに 新しいレコードプレーヤーに買い替えたのですが、
 その頃 ”MONKEYS”にハマっていた私は お小遣いをためてLPを買い、聞くのが楽しみで、
 小学生だった妹は ピンクレディーをはじめ歌謡曲に のめり込んでいました。

 やがて ”レコード”は ”カセットテープ”になり、プレーヤーは我が家から姿を消しましたが 
 家族それぞれが蓄積した 多くのレコード盤だけが 残されていました。

 昨年末 「レコード盤を処分をしよう」ということに なったのですが、

 捨てる? 
 それとも 売る? 、、、
 売るって これが売れるの?
 東京なら 売れるかも?

 などと 面白半分で とりあえずLPとEP合わせて 40枚程度 東京に持ってきました。

          EPのみ 並べて写してみました  ↓

d0174983_22144814.jpg
 それを 所用ついでに 渋谷の「レコード買取業者」に 査定をしてもらうことにしました。

 買い取り価格の連絡は 一週間後で
 その価格によって まだ100枚以上残っているレコード盤の処分方法が 決まります。

 不思議なことに 今の私には「懐かしい思い出が消える」という思いより
 「次の世代に迷惑をかけず 自分で処分できた」という 達成感の方が強いです。

by saint-arrow-mam | 2018-03-21 06:00 |   暮らしの手帳 | Trackback | Comments(6)

豊洲の開花宣言は 「まだ」


 東京の開花宣言が 17日に出ました。 

 数時間後に豆台風koharuが来るのですが その前に桜の様子を見に。
d0174983_12543678.jpg

 豊洲の桜は 開花まで もう少し時間がかかりそうです。
d0174983_12543978.jpg

 今日の散策は カメラではなくスマホを持ってきています。

 実は カメラの調子が悪いのです。
 そろそろ買い替えの時期かも、、、、。
d0174983_13181219.gif

 中庭のクリスマスローズは 今が花の盛り。
 あれま、低い位置の花の撮影は スマホの方が写しやすい!!
d0174983_12544370.jpg

 動きが早いヒヨドリも、、
d0174983_12544501.jpg

 ムクドリも スマホを警戒することなく じっとしている。
d0174983_12544847.jpg

 ふむ、これは 困った。
 カメラを買い替える口実が無くなってしまった。(笑)
by saint-arrow-mam | 2018-03-18 06:00 |   暮らしの手帳 | Trackback | Comments(4)

やっぱり、、米原、、。


 本日のニュースの中で 「やっぱりなあ」と思ったのが、、、このニュース 

d0174983_18515092.jpg

 閑散とした「米原駅」については 私も 2013年10月8日にブログにしていました。 

d0174983_18515916.jpg

 ところで 有名な建築家って誰だろう、、と調べてみたところ
 新国立競技場のデザインを手がけた 東京大教授の隅研吾氏のようでした。
 ふむ、彼か、、、。
 
 隅氏だけでなく 経営危機に陥っていたダイシン百貨店(東京)を 地域密着の経営手法で再生させたことで知られる 
 西山 敷(ひろし)氏が構想を描くというのですから ハード面だけでなくソフト面も充実しそうです。

d0174983_18515668.jpg

 限られた予算で さまざまな制限があると思いますが、
 私が見た時には 多くの空き地がありましたので、考えられるパターンが多いのではないかと思います。
 (と、偉そうに、、、、)

 政治がらみで腹立たしい記事が多い中で見つけた 私には とても嬉しいニュース。

 完成時に もし私が元気でいたら、米原に行き 2013年に見た駅前の風景と比較したいと My長期計画に ( ..)φメモメモ  しました。

by saint-arrow-mam | 2018-03-16 06:00 |   暮らしの手帳 | Trackback | Comments(10)

似て非なるもの


 コメダ珈琲に行くと、、、

 コーヒーと一緒に
d0174983_21455095.jpg

 必ず 「シロノワール」を注文する Shinpapa。


 以前にブログに書きましたが、「シロノワール」は あまりに高カロリーなので
     ブログ →  https://runslowly.exblog.jp/23496684/

 食べたい気持ちを ぐっと押さえて我慢している私の目の前で 
 彼は 実に美味しそうに食べるんです。
          ( 悪魔のような奴なのだ!! )

d0174983_21460391.jpg

 そんな Shinpapaに 朗報があります。

 森永チョコレートの「小枝」の 「シロノワール味」が新発売されたのです。
d0174983_21491718.jpg

 早速買って帰り、Shinpapaに食べてもらうと、

 あくまでも「小枝チョコ」であって 「シロノワール」では ない、、、そうです。(笑)

 残念ながら、我が家では これは認可されず、二度目の購入予定はありません。
 

by saint-arrow-mam | 2018-03-07 11:06 |   暮らしの手帳 | Trackback | Comments(2)

コーヒーかすの再利用


 家にいる時には カップが空になることが無いくらい ずっとコーヒーを飲み続けています。
d0174983_14250794.jpg

 お江戸には Shinpapaにプレゼントしてもらった ネスプレッソマシンがあり
 カプセルをセットするだけで いつでも美味しいコーヒーが飲めるのは嬉しいのですが
 その手軽さがゆえに 「カフェイン中毒」ではないかと思うくらい、次から次に 飲んでしまいます。
d0174983_14252521.jpg

 そこで マシンよりちょっとだけ手間がかかる 簡易ドリップを利用して 経費節減することに。
d0174983_14551770.jpg

 すると 毎回捨てる「コーヒーかす」が 気になって、、、
d0174983_14251319.jpg

 毎回、ドリップ後のコーヒーかすを、キッチンペーペーの上に広げて 乾燥させ、、、
d0174983_14251671.jpg

 密封できるビニール袋に集めて さらに乾燥させて保存し、、、

 「コーヒーかす」を 活性炭のように消臭剤として利用しています。
d0174983_14251936.jpg

 「コーヒーかす」は「お茶パック」に詰めて 調理道具の引き出しやシューズクロ―ゼットに置いていますが、
 「お茶パック」は 見た目が良くないので 目につくところに置くのは憚(はばか)られ、、、

 ところが クッキーの入っていた袋が、細かい目のオーガンジー生地の二重袋でしたので
 これを利用すれば 見栄えが多少なりとも 良くなりそうです。
d0174983_14252211.jpg
 年々 横着になり、エコライフとは ほど遠い暮らしをしていますが、
 若いころに経験したリユースやリサイクルの習慣は 
 たとえ それが「コーヒーかす」といえど 気になって容易に捨てられず 困ったものです。


by saint-arrow-mam | 2018-02-26 06:00 |   暮らしの手帳 | Trackback | Comments(4)

地震 東京の危険度ランク


 本日 2月15日付けで、東京都が 大規模地震による建物の倒壊や火災の危険性について、
 地域別に5段階評価した「危険度ランク」を約4年半ぶりに改定し、公表しましたが
 危険度が最も高い「5」は、地盤が弱く、古い木造住宅が密集する荒川や
 隅田川沿いの下町一帯を中心とする85地域(全体の1.6%)でした。

 特定の震源を想定せず、震度6強などの強い地震が起きたと仮定し、
 町丁目単位の5177地域ごとに、地盤の特性や建物の構造、密集度などを調べ、
 倒壊や火災による被害の大きさを算出したもので、
 避難や救助に必要な道路の整備状況も考慮し、総合的な危険度を示しています。

 2番目に危険度が高い「4」は287地域(同5.6%)で 「3」は820地域(同15.8%)。
 23区東部の下町地域以外では、品川区や大田区の一部、
 中野区や杉並区のJR中央線沿線などで 危険度「4~5」の地域が広がっています。

d0174983_19303716.gif

 さらに 『地震に関する地域危険度測定調査 地域危険度一覧表(区市町別)』で 

 区名をクリックし、
d0174983_19321077.jpg


 町丁目で検索すると 自分の住んでいる場所の
 「建物倒壊危険度」「火災危険度」「災害時活動困難度」などのランクがわかるようになっています。

 はてさて、 豊洲は? と調べてみると 全てのランクが 「1」でした。

d0174983_19304362.jpg

 初めて豊洲の高層マンション、高層ビル群を見た人から、「地震が起こったら 豊洲は悲惨だね」と よく言われますが
 近年の高層建築は 構造計算上 厳しい安全基準を満たしていますし、豊洲には 公開空地が多くありますので
 建築に携わった端くれとしては 豊洲の超高層ビルの安全性を 否定してはいませんし、
 今の時点では、総合危険度ランク「1」という評価を 妥当だろうと思っています。

 でも、個人的には 超高層マンションを いまだに好きになれませんけど、、、。(笑)
d0174983_21343013.jpg

by saint-arrow-mam | 2018-02-15 20:32 |   暮らしの手帳 | Trackback | Comments(4)

カードゲームの「DOBBLE」


「世界のボードゲームランキングで1位になった カードゲームだ」といって
 Shinが 買ってきてくれたのが 「DOBBLE」です。

 サイトを見ると 米仏で30万個突破した 大ヒットのパーティーゲーム、、とありますが
 日本でも 昨年 最も売れたカードゲームのようです。
d0174983_18332882.jpg


 1. それぞれのカードには  50種類以上あるマークの中の 8つが描かれている 
 2. カードは 55枚あり、2人から8人で遊ぶことができる
 3. 全てのカードは 他のカードと たった1つだけ共通するマークが描かれている
 4. このカードで遊ぶ方法は 5通りある。 
d0174983_18384895.jpg

 要は 
 2枚のカードを見比べて カードの間に共通するマークを 相手より早く見つけて 宣言する というのがルールですから
 必要なのは 「観察力」 と 「反射神経」です。
d0174983_18385519.jpg

 箱には 6歳から と書かれていますが、5歳のkoharuと私がやってみると
 全くのハンディーなしで 本気で競い合うことができました。

 しかも ゲームを何度かしているうちに koharuが 優勢になってくると
 ジージが本気になり koharuに勝って ドヤ顔をしているのが おかしくて、、、。(笑)

 Shingranmaとkoharuが勝負したら、きっとkoharuが勝つだろう、とは思いますが、
 子どもと老人が 一緒に遊ぶことができる 面白いカードゲームだと思います。  

by saint-arrow-mam | 2018-01-09 19:23 |   暮らしの手帳 | Trackback | Comments(4)

靴磨き


 ドキュメンタリー番組で 有楽町の靴磨きの職人さんを取り上げていたのですが、
 古くて傷んだ靴が 魔法にかけられたように みるみるきれいになっていくのです。

 大手企業の社長さんもやって来るという この靴磨きに行ってみることにしました。
d0174983_16514157.gif

 実は 長い間放っていたShinpapaの礼装用の靴を 
 フォーマルの時に履けないかと 広島から持ってきたのですが、
このままではとても履くことはできそうもなかったのです。
 
 靴磨きの職人さんは「千葉スペシャル」といい、同じ服を着て同じ帽子を被り、   
 有楽町のビルの踊り場で グループ営業しています。

 1人、1足、10分程度でピカピカにしてくれて、料金は一律1,100円です。
d0174983_16530668.jpg

 丁寧な仕事ぶりで 仕上がりがきれいなので 人気があり、
 メンバーは4人ですが、いつも長い行列ができていて 今日も40分待ちでした。

 靴を履いたままで磨いてもらうので、靴下やズボンを汚さない様に 
 まず ビニール袋を靴下のように履いて 靴を履きなおします。
                          イメージ↓
d0174983_16492319.jpg

 Shinpapaの磨いてもらいたい靴は 2足あるので
 磨いてもらう間、そのうちの1足を 私が 履きました。(チョーーーー 恥ずかしい)
 
 職人さんは 「賢いねえ」と言ってくれましたが、、、、。(笑)
d0174983_16531381.jpg

 ほぼほぼ同時に Shinpapaと私の履いた靴が磨き上がりましたが、2足ともピカピカ。
 これで めったに履くことが無い 礼装用の靴を買わずに済みました。

 ありがたい存在の 靴磨き「千葉スペシャル」。

 就活らしき若い人、地方から出てきたような人など、お客さんの年齢も職業も身なりも 千差万別。
 でも ピカピカの靴にしてもらうと みんな 笑顔で帰って行きます。

 靴がボロボロになるまで歩き回り 頑張っている 日本の労働者に混ざって 
 「靴磨き」という 貴重な経験をさせてもらいました。
d0174983_19375849.jpg

by saint-arrow-mam | 2017-11-10 06:00 |   暮らしの手帳 | Trackback | Comments(6)

捨・離・断 その1


 広島に帰るたびに 身の回りを整理し、できる限りシンプルに生きるために
 少しずつ 「捨・離・断」を実践しています。

 整理整頓、大掃除をして 出てくるものといえば ほぼほぼ1銭にもならないゴミですが、
 中には 価値がありそうなものも チラホラあり それを東京で換金してみることに、、、、
d0174983_16153638.gif

 まずは 祖母からもらった古銭をはじめとする オリンピックなどの記念硬貨古い紙幣です。

              イメージ ↓
d0174983_16083775.jpg

 ネットで調べると 安心できそうだったので 「銀座コイン」に持って行くことに。
 テレビの「お宝鑑定」に出てくる鑑定士さんがいるお店です。
d0174983_16084226.jpg

 彼曰く、、、、ほとんどの記念硬貨は 大量に出回っているため、額面通りの価値しかないので 
 古い100円札なども含め、記念硬貨も 銀行へ持って行って通帳に入金するのが良い、
 両替すると銀行に手数料を取られるので 通帳に入金しなさい、とのこと。

 そうか 価値があると思っていた古銭も 余程の物でない限り価値が無いんだなあ。
d0174983_16153638.gif

 次に 貴金属。
 東京駅の前にある「大黒や」に持って行くことに。
 
 「質」と書いてある個室に案内され ちょっと緊張。
 台の上に置かれた専用のトレイに 持ってきた古いアクセサリーを広げます。

                     イメージ ↓
d0174983_16185539.jpg

 結婚前に身に着けていた 古くて小さなアクセサリーなどで、もう使うことはない(使えない)代物を
 一つ一つルーぺで覗き込んで 重さを測り、値段を出していきます。
 
 すると 96,360円で引き取ってくれるといいます。
 学生だった私が バイトしたお金で買ったものですから、金額は知れているはずで
 買い取り価格は そのときの値段より かなり高いと思います。

 引き出しの中で 何十年も眠っていただけの 古いアクセサリーだったので
 なんだか 得をしたような気持ちになりました。
d0174983_16153638.gif

 とりあえず、本日の収益の一部で Shinpapaの大好きな「千疋屋」のパフェを食べに。
d0174983_16320378.jpg

 思いがけず ありがたい結果になると 古家の 面倒な捨・離・断も やる気になります。

by saint-arrow-mam | 2017-11-09 06:00 |   暮らしの手帳 | Trackback | Comments(4)