<   2018年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

介護クルーズ4日目 石垣島


 昨年、フォーレンダムで石垣島に来たときには 島に着岸しましたが、
 ダイアモンド・プリンセスは 大型船なので、着岸はできず、船は沖に停泊し、テンダーボートで石垣島に上陸します。

 テンダーボートというのは 船の救命艇を利用した「渡船」のことです。

 長い列を作って テンダーボートに乗る番号札をもらい、コールされた人から、順に乗っていくのですが、
 車椅子では テンダーボートに乗せてもらえないので 必然的に上陸不可な私たち。(泣&笑)
d0174983_20213959.jpg

 

 次々にゲストを乗せたテンダーボートが 船を離れていくのを 部屋のバルコニーから見送ります。
d0174983_20213470.jpg
 
 昼食後も 往来するテンダーボートを ぼんやりと眺めていた Shinpapaが 

 「石垣に上陸したいなあ」 とぽつりと言ったのを聞いて、、、、、
d0174983_20214334.jpg

 「午睡」の時間に テンダーボートで上陸してもよい、、という お許しが出ました。

d0174983_20341007.jpg

 上陸する人は ツアーに参加する人を含めて ほとんどの人が 午前中に上陸しているので
 午後のテンダーボートで上陸するのは たった、3人。

 それゆえ、愚かな夫婦は 日焼けも気にせず テンダーボートの屋根の上に。
d0174983_20215144.jpg

 私達以外に乗っていたのは 流暢な英語を話す セルビア人のイケメンのクルー Predです。
d0174983_20215406.jpg

 Predは 船に乗るようになってまだ1か月ですが
 それまでは 世界のあちこちを旅する エンターテイナーだったそうです。
   (facebookを見せてくれて アドレスも教えてくれましたので 帰宅後 画像を送りました。)

 写真も写したいけど、話し上手のPredの面白い話も聞きたい、、、(^'^)へへへ、、
d0174983_20215892.jpg

 テンダーボートに乗って、約20分で石垣島の波止場へ。
d0174983_20220206.jpg

 石垣港に立つ この人に会うのは 4度目かな? 5度目かな? 
d0174983_20220817.jpg

 話の流れから 神社仏閣に興味があり、石垣でも神社に行きたいというPredに
 「桃林寺」を案内することになってしまいました。

 ただし、彼に 事情を話し 大急ぎで行くということで、、、。
d0174983_20214726.jpg

 「桃林寺」は以前、石垣島に1週間滞在していたときに 知ったお寺です。

       石垣滞在時のブログより →  https://runslowly.exblog.jp/20300673/
 
d0174983_21023236.jpg

 その後、wifiが使える喫茶店で アイスコーヒーを。
 このお店は 以前にフォーレンダムで石垣に来た時に入り、外国人のゲストと長話をした 感じのいいお店です。

    フォーレンダムで来た時の ブログ →  https://runslowly.exblog.jp/24102241/

 私たちは 時間がないので、この店でPredと別れ、船に戻ります。
d0174983_21023770.jpg

 帰りのテンダーボートは 満席ですが
 日本人は 日の当たらないテンダーボートの室内の席に座るので、 屋根の上は空いております。(笑)
d0174983_21024099.jpg

d0174983_21024375.jpg

d0174983_21024692.jpg


 ずっと 室内にいたせいか、Shingranmaが参加したいというので 大急ぎでシャワーを浴びて 「クイズ トリビア」へ。
d0174983_21381379.jpg

 日本人のクルーによる 日本語で行われる 日本人のためのクイズですが、
 オーストラリアのメルボルンから来たという夫婦が クイズに参加したい、、と来ていました。

 司会者が 「日本語でしか問題を出さないので」と 断りましたが
 「その 日本語を聞いているだけでもいい」と 私の横に座りました。

 なんだか かわいそうになり、私とチームを組むことで 司会者に了解を得て 彼らも参加。

 1問1問 司会者が出す問題を 即座に英語にして 彼らに説明しながら 問題を解いていきます。

 問題の中には アメリカのアポロは 何号まで打ち上げられたか?
 イギリスの最初の切手は その色から 何と呼ばれているか?
 木星の第3惑星の名前は? などは 彼らが答えを知っていたので 教えてもらいました。(笑)

 結果 わたしたちのチームが準優勝し、商品をもらいました。
 彼らは自分たちももらえると思っていなかったらしく すごく喜んで ハグ。

 (このオーストラリア人ご夫婦とは その後も 何度か船で会い、長話をしました)

 ちなみに 準優勝の商品は 船内の宝石店が提供した イミテーションのネックレスとピアスでした。
d0174983_21444101.jpg

 今日も 夕食時、神戸のTさん御夫婦から 石垣観光のお話を聞き、
 私達は 石垣の寺に行った話とトリビアの話を。
d0174983_21025098.jpg

 クイズが面白かったのか、Shingranmaの機嫌が少し良くなったので、ほっとしました。

 明日は 台湾の基隆に行くので 船内で出国審査がありました。
d0174983_21424124.jpg

d0174983_11192459.jpg


by saint-arrow-mam | 2018-05-31 00:00 |   (DP)日・台('18) | Comments(4)

石垣島の沖合い ナウ

d0174983_07562187.jpg


朝から 強烈に 暑いです。
by saint-arrow-mam | 2018-05-30 07:54 |   (DP)日・台('18) | Comments(2)

介護クルーズ3日目 那覇


d0174983_15102226.jpg

 朝の7時に那覇港に着岸しました。

 多くのゲストが次々に観光バスに乗って 出かけていきます。
d0174983_15102794.jpg

 Shingranmaは 朝4時に起きて ごそごそしていた後、二度寝をしたので 起きたのが9時前。
 朝食レストランに行くと ほぼほぼ 朝食の時間は終わっていたので 閑散としています。

 3人だけで テーブルに座り、
 あーでもないこーでもない と 3人分の朝食を注文して無事 朝食終了。
d0174983_15103032.jpg

 部屋に戻り、ぐずぐずしていると すぐに ランチタイムです。

 寄港地に着岸しているときには 有料レストランは すべてクローズですし
 朝食から時間がたっていないので、ビッフェのレストランで 軽く済まそうということに。

 ところが ビュッフェのレストランに来ると 「料理が見えない」「どれが美味しいかわからない」と文句を言いだし
 子供のように抱き上げて ひとつひとつ料理を見せるわけにもいかず、
 結果、いろんな料理を皿に盛り、テーブルに置いたものの中から 好きなものを食べてもらい、
 残りを私が食べることで 事なきを得ました。
d0174983_15103371.jpg

 本日の Shingranmaの「午睡」の間に デッキ・ウォーキング。

 那覇に着ながら 街に出ることなく 船から港を見ているだけなんて初めてです。
d0174983_15103520.jpg

 昨日は雨だったのに、今日は ぴか天。

 梅雨のさなかに こんなに良いお天気なんて、、、私が 観光しないからだ、、、きっと。
d0174983_15103802.jpg

 誰もいない船なんて、珍しいので 写しました。

 でも あまりに 誰もいないので恐怖映画に出てきそうな 恐ろしさを感じます。
d0174983_15104198.jpg

 夕方 どこからか大きな客船が 那覇港に入港してきました。

 日本に来るクルーズ船は 年々増えているのですが、
 よからぬ船で よからぬ国から来た よからぬゲスト も多いらしく、
 万引きが絶えないので、「クルーズ船のゲストは お断り」の 張り紙が張っているお店もあったそうです。
 
d0174983_15104454.jpg

 夕食を食べるとき、同席の神戸のご家族に 那覇のどこに行かれたのか、
 また 何を召し上がって来たのかなど お話を伺うことで 観光した気分になります。

 今日もShingranmaは 一言も話しませんでした。 
d0174983_15104766.jpg

 終日航海日であっても 寄港日であっても 毎日のスケジュールは同じです。

 明日の石垣も下船しないと 言ってます。

 はいはい、心配いりません。
 明日は 沖に停泊して テンダーボートによる上陸なので 車椅子の人は 乗せてもらえないのだ、、、とは言えません。

d0174983_15340326.jpg


by saint-arrow-mam | 2018-05-30 00:00 |   (DP)日・台('18) | Comments(0)

介護クルーズ2日目 終日航海日


d0174983_13550706.jpg

 最初の終日航海の日ですが、あいにくの雨ふり。
 乗船前に 九州南部まで 梅雨入りしたので覚悟はしていたのですが、、、、。

d0174983_13551146.jpg

 いつもの私なら、クルーズ中は 朝のストレッチに行くのですが、
 今回は 自分のための時間は 可能な限り封印することにしました。
d0174983_14010302.jpg

 ビュッフェスタイルのレストランで 軽い朝食を食べたいShinpapa ですが
 Shingranmaが 車椅子から降りないので 料理を自分で取ることができず、
 かといって 人に取ってもらった料理では 気に入らないので 注文形式のレストランへ。
     
 レストランには 和定食があり、 それは 「お粥」か「ご飯」を選択すればよいだけなので、
 ボーイさんも 「ワショク?」「オカユ?」「ゴハン?」だけは日本語で言えるようになっています。

 でも 洋食にする場合は
 卵料理は 目玉焼き、スクランブルエッグ、オムレツ
、ゆで卵(茹で時間を指定することもできます)などのどれにするか?
 ハム、ソーセージなどの肉類は?
 ヨーグルトの種類は?
 果物は?       などなど 決めなくてはいけません。

 ただ、日本語メニューを指さして組み立てればよいのですが、
 中には 親切なボーイさんがいて いろいろ好みを英語で聞いてくれると さあ大変。
 日本人は 無言で メニューを睨んだまま固まります。

 そのままスルーしても なんとかなるのですが、
 私たちだけが、ボーイさんと冗談を言いながら 細かに英語で注文するのは悪い気がして
 同席になった方の様子を見ながら、おせっかいにならない程度に 全員の料理をオーダーするのを手伝います。

 特に あーでもないこーでもない、と いうShingranmaの注文を 英語で伝えるのが 一番厄介です。
   この日は トマトジュースは スライスレモンと一緒に、
   卵は オムレツに ハムとチーズとマッシュルームを入れて、
   ヨーグルトはプレーンタイプのものを スライスしたバナナの上のせて、
   ベーコンはソフトに焼いて、ハッシュドブラウンを添えて、
   パンケーキを2枚、蜂蜜とバターと一緒に。
   コーヒーと一緒に 温かいミルクも、、、などなど。 

 面倒なので いつも私は 「同じものを」と言って 注文を終了します。(笑)
d0174983_13551435.jpg

 食事の後は 船内を車椅子で散策。

「運動のために 少しでも歩いたら?」 というと 即座に Shingranmaの機嫌が悪くなりましたので
 翌日からは 言わないことにしました。

d0174983_13551636.jpg

 ランチは 寿司屋の「海KAI」で。

d0174983_13552620.jpg

 あれだけの朝ごはんを食べたのに 私と同じ量を ぺろっと食べるShingranmaに驚き。

 お店に来るまでは 「食欲がない」と ぶつぶつ文句を言っていたのですが、そんなことは 言えません。(笑)
 食べてくれれば うれしいと 思うことに、、、。

d0174983_13552921.jpg

 デイサービスでは 保育園と同じように『午睡』の時間があるので、
 昼食の後は眠るのが 習慣になっています。

 結果、夜になると 寝られないと騒ぎ、睡眠導入剤を飲んでいるのをみると
 『午睡』は 本当に必要なのかなあ と思いますけど、、、、これも言えません。(笑)

 ただ、『午睡』をするときに、「部屋の電気を消して、カーテンを閉めて」と いうので
 仕方なく その間 Shinpapaは プールサイドで本を読み、私は ロビーで 音楽を聴いていました。

d0174983_13552280.jpg

 午睡後、キャプテン主催のリピーターズ パーティーに
 「行く」と言っていたのですが、急に「行きたくない」と言いだしました。

 船長さんが どんな人なのか見たいですし、アルコールのドリンクチケットがもらえるので、
 私たちだけで行ったところ それが 気に入らなかったようで Shingranmaは 口をきかなくなりました。

d0174983_13565944.jpg

 夕食は 神戸の高校で地学の先生をされていたご主人と奥様、娘さんの3人家族と同席なのですが、
 とても 素敵なご家族でしたので、話が弾み、私には安らぎの時間になり
 料理を写す余裕もできました。

d0174983_13570271.jpg
d0174983_13570696.jpg

 入浴の際、慣れていない深い浴槽なので、浴槽の淵から 抱えるようにして支えていないと入浴できません。
 しかも 洗面所の狭いスペースでは着替えが難しいので 部屋の中を 下着姿で右往左往。

 そんな Shingranmaのために Shinpapaは 入浴が始まる前に部屋を出て、
 40分くらい 船内のどこかで時間をつぶしてくれるのですが、さも当たり前という顔をしているShingranma。
「ありがとう」や「ごめんね」ということを 口にすることがなくなったShingranmaに 私が落ち込んでしまいます。

 明日は 那覇に入港しますが どこにもいかないそうです。

d0174983_13570997.jpg

d0174983_13571253.jpg









by saint-arrow-mam | 2018-05-29 00:00 |   (DP)日・台('18) | Comments(0)

介護クルーズ1日目 神戸乗船

d0174983_16124726.jpg

 車椅子で新幹線に乗るため 数日前に「みどりの窓口」で 号車の1番後ろの座席を予約しました。

 身障者手帳保有者のShingranmaと付添1名の 乗車券は半額になりますが
 その場合 購入は窓口 オンリーとなります。

 まず 3人席のACの指定席を とります。
    (なぜ、3人席のACで指定を取るのか なぜ、3人分ではないのか など
     窓口の人に執拗に聞かれましたが、、、)
 チケットを受け取ったら 今度はスマホを使って いつものスマートEXで 3人目の席Bを予約します。

 少しでも お得にチケットを購入するために 考えた結果ですが、正解かどうかわかりません。(笑)
d0174983_16232622.gif

 新幹線の中で食べたお弁当に 心が和みました。
d0174983_09483511.jpg


 新神戸駅では、入れ違いに下船して、新幹線に乗る外国人のグループが
ホームで悩んでいたので、2、3組声をかけて、案内してから タクシーで移動します。
Shinpapaはいつものことなので慣れていますが、Shingranmaは驚いていました。(笑)

 乗船まで時間はあるので、神戸の街を歩きたいところですが、今回は 寄り道せず  ダイレクトに港に。

d0174983_13205075.jpg

 船のチェックインには 慣れているとはいえ、乗船券、パスポート、そのコピーなど人分用意し
 健康調査書も人分 その場で書かなければなりません。
 老眼鏡を かけたりはずしたり、最近、こういう作業が億劫になっています。

d0174983_13204248.jpg

 さて 部屋ですが
 前回まで Shingranmaは一人部屋でしたが 耳が遠く 時間の管理が難しいので 
 なにかと不都合が多いことが分かったので 今回は 3人同室に。

 それゆえ、いつものお部屋より広い ジュニア・スイートにしています。
    (ルームスチュワードさんによって 夜になると ソファーがベッドに変わります)
d0174983_09484051.jpg

d0174983_18012942.jpg
 
 いつものように 私とShinpapaの荷物は 10分で収納完了できたのですが
 Shingranmaの荷物は 本人に確認しながら収納するので 時間がかかります。

d0174983_14024611.gif 
手持無沙汰で 熊のように うろうろ歩き回っているShinpapaに 
一応『聖書』のチェックをしてもらいます。

海外では クルーズファンの暗黙のルールで
「クルーズ中に使いきれなかった ドリンクチケットや割引クーポンがあれば、
ベッドサイドの『聖書』に 挟んでおくこと」が 申し送り事項になっているので
外国船の場合、『聖書』に何か挟まれていないか 一応チェックします。

 でも ダイアモンド・プリンセスは 2200人の日本人が 乗船しており
 日本周辺のクルーズをすることが多いので その可能性は薄いのですが、、、、。


 大急ぎで3人分の荷物の片づけを終えると 待ってましたと おやつタイム。

 「夕食が食べられなくなるよ」といっても よく食べるShinganma.
 「最近食欲がない」と言っていたのは 嘘じゃないの。
d0174983_09484407.jpg

 エマージェンシードリル です。
 車椅子での移動は非常に大変、しかも妹が重たくて大きな車椅子を 新調してくれたので
 思うように動かすことができません。

 旅行用の車椅子は小さくて 軽いのに限ります。
d0174983_09485198.jpg

d0174983_17095348.gif

 部屋は ターミナルと逆側でしたので、 タグボートの活躍がよく見えます。
d0174983_09485972.jpg

 お部屋に届けられた シャンペンで 神戸に「乾杯」を。
d0174983_09490325.jpg

 太鼓の音が聞こえるので 急いで反対側のデッキに行ってみました。
d0174983_09490893.jpg

 すでに かなり離れていました、、、、、
d0174983_09491273.jpg

d0174983_09491655.jpg

 (@^^)/~~~ 神戸
d0174983_09492081.jpg

d0174983_17095348.gif

 夕食は 5時半から。
 車椅子でレストランまで行くのは ひと苦労です。

 外国船の場合、車椅子の人がいると 必ず優先ですし、
 エレベーター内に乗っていた人も降りて スペースを譲ってくれますが、
 日本の場合は、逆に「車椅子より先に乗るぞ」という感じで 押し寄せてきます。
 したがって 何回も 乗れないエレベーターを見送ることになるのですが、
 とても 文明国とは言えない日本に 情けなくなりました。

 隣にいた外国人が、エレベーターのなかにいる人たちに 降りて譲るように言ってくれたのですが
 英語は通じないし、そればかりは 私が翻訳するわけにもいかず、
 「ありがとう、日本にはまだ、ハンディキャップを持っている人たちへの接し方がわからない人がいるので」というと
 「貴方が大声を出すべきよ」と言われました。
 そうか、車椅子で迷惑をかけていると、卑屈になっていてはいけないんだ。
d0174983_10002477.jpg

 夕食時のテーブルスチュワードは インドネシア人の「ソニー」さんと タイ人の「アタポン」さん。
 2人とも 英語は達者なのですが、 時々私がインドネシア語とタイ語を混ぜると ウケます。
d0174983_10003053.jpg

d0174983_10003552.jpg

 前回、あまりに料理がひどかったのですが、今回は量も味もすごくよくなっていてビックリしました。
 マネージャーに聞くと 最近、シェフが変わったそうです。
 これは うれしい!!

 ショーに行かない、あれもしない、これもしない、いやあれはする、これはする、、と
 言いたい放題のShingranmaとのクルーズが始まりました。
 ふーーーーーーー


  << 追記 >>

 神戸在住の ブログの先輩が出航シーンを動画撮影してくださいました。

 自分の乗った船が 出航するシーンを 埠頭から動画で見たのは初めてです。

                 

by saint-arrow-mam | 2018-05-28 00:00 |   (DP)日・台('18) | Comments(4)

介護クルーズへ


 Shingranmaと3人で クルーズへ 行ってきます。

 Shingranmaは クルーズに行く度に「これが 最後のクルーズになる」というのですが
 なんとまあ、今回で 通算4回目です。(笑)

 1回目は 2013年に サン・プリンセス で 日本と韓国 10日間
         ブログ → https://runslowly.exblog.jp/18972054/

 2回目は 2015年に ダイアモンド・プリンセス で 日本一周 9日間
         ブログ → https://runslowly.exblog.jp/21838548/

 3回目は 2016年に 日本丸 で 熊野花火と徳島 3日間
         ブログ → https://runslowly.exblog.jp/23382761/

d0174983_17095348.gif

 2018年の今回は ダイアモンド・プリンセス で 日本と台湾 8日間のクルーズです。

 今回の寄港地は 「沖縄」と「石垣」と「基隆」の3か所しかなく
 逆に 終日航海日が 3日もあるので 船上でのんびりできるうえ、
 神戸から乗って神戸で降りるという Shingranmaにとって 負担が少ないクルーズを選びました。

d0174983_16464613.jpg

 ちなみに車椅子でクルーズに参加する場合、事前に船会社に車椅子の大きさや重さを 専用の書式で申告する必要があります。
 船の乗船口、タラップの昇降、部屋の出入り口、廊下など が通れるかどうかの判断をする必要があるからだろうと思います。

 また 電動車椅子の場合は 充電する電池の種類も申告し、許可を得る必要があります。

d0174983_16464926.jpg
  

 私にとっては 14度目、クルーズ終了時の延べ日数が227日になる このクルーズでは
 「添乗員Shinmama」ではなく 「介護士Shinmama」に徹し、
 Shingranmaに たっぷりとクルーズを楽しんでもらおうと 思っています。

d0174983_16464399.jpg

 タグボートを同行させますが WiFiに接続できるチャンスは 期待薄ですので 
 ブログは 広島に戻ってからになると 思います。 
by saint-arrow-mam | 2018-05-27 06:00 |   (DP)日・台('18) | Comments(8)

広島のお蕎麦


 東京で暮らすようになり、また長野に行く機会もあり、
美味しい蕎麦に出会うチャンスを得たことで、
 自分好みの蕎麦や つゆの味の良し悪しが 少しわかるようになりました。

 広島では 高橋名人が作った道場のお蕎麦が一番美味しい と思っていたので、
 今の私が もう一度食べて どのように感じるのか 比較したいところですが
 閉店してしまった今となっては 残念ながら それは叶いません。
 
     高橋名人のブログ  
                https://runslowly.exblog.jp/11699503/
                https://runslowly.exblog.jp/13725193/
                https://runslowly.exblog.jp/19097681/
                https://runslowly.exblog.jp/21774838/

 ところが、1年前に家の近くにお蕎麦屋さんが 高橋名人のお弟子さんのお店らしい という噂を聞き 
 それぇ、、と 3人で出かけていきました。

 お店の名前は 「無着庵(むちゃくあん)」といいます。

                        駐車場に車が止まっていたので 店構えが写せず 画像をお借りしました。↓
d0174983_15384468.jpg

 お店の中に 高橋名人の本が多数 置かれていて 期待感は大なのですが、
 いきなり 「名人のお弟子さんですか?」と 確認するのも 無粋な気がして、、、。(笑)

 店内を見渡すと ムムム? なぜか カウンターでフルーツジャムを たくさん販売しています。
 なんで?  期待感 ちょっと ダウン

 高橋名人のお店には 「もりそば」以外 メニューがありませんが、
 「無着庵」には 熱いそば、冷たいそば、だし巻き卵、つくね焼きなど いろんなメニューがあります。
 ふむ、、、、ふむ、、、これが いいのか、悪いのか。

 とりあえず、シンプルに 「とろろかけそば」を注文。
d0174983_15384982.jpg

 見た目は 高橋名人のお蕎麦と同じ 細いお蕎麦です。
d0174983_15385224.jpg

 蕎麦は歯ごたえがあり、のど越しも悪くはないのですが、つゆは カツオの風味が 非常に強い気がします。
 蕎麦湯を入れると さらにカツオの風味が引き立てられて なんとなく うどんのつゆのような感じがします。

 お聞きすると 高橋名人の蕎麦道場で修業した後、松山で10年蕎麦屋を営んだ後、
 故郷の広島で開店することになったそうです。
 なるほど、四国の松山なので、うどんのつゆの味なのか?

 これまでであれば 広島では珍しい 蕎麦専門のお店ですし、高橋名人の流れをくむお店ですから
 その存在だけで うれしいと思うのですが、
 私の中では
 虎ノ門の「砂場」、神田の「まつや」、渋谷の「玉笑」、信州蕎麦の「草笛」のビッグ4に 変わりはなく
 それらに比べると まだまだ のように思いました。

by saint-arrow-mam | 2018-05-26 06:00 |   外食の部 | Comments(2)

また会えたね


 Shingranmaは デイサービスに出かけ、Shinpapaは ゴルフに出かけ、、、、
 夕方まで 自由時間をもらったので 友人と会います。

 前回、彼女に会ったのは 2016年の8月でした。
      ブログ → https://runslowly.exblog.jp/23429760/
    (こんなとき、ブログに残していると 「いつだったかなあ?」の話題に即答できるので 便利)

 彼女のご主人の経営する飲食店は 「和食」「焼肉」「中華料理」「鉄板焼き」「居酒屋」「高級クラブ」など いろいろありますが、
 今回も 手軽に ランチが楽しめる「焼肉」に。
d0174983_16253198.jpg

 「昼だから アルコールはねえ」
 「うん、昼だからねえ」、、といいながら まずは ビールで乾杯!!
      (呑ベエの2人にとって ビールはアルコールではないのだ)
d0174983_16253490.jpg

 気の置けない友人なので ラインでつながっていますが、
 積もる話が 次から次に、、、、
d0174983_16253862.jpg

 相手の家族のことも 考え方もお互いによく知っているので 
 前回からの続きの話だけで 十分つながります。
d0174983_16254164.jpg
 
 テーブル担当のお姉さんが やや緊張気味で 気の毒ですが、
 おばちゃんたちは 気づかないふりをして 焼いてもらいながら 食べ続けるのです。
d0174983_16254479.jpg

 親の介護に関しては 彼女の方が先輩なので 手続きなど いろいろ教えてもらいました。
 代わりに 彼女の実家の建物について アドバイス。
d0174983_16254721.jpg

 シンデレラのように 家に帰る時間を気にしながら ではありますが

 久々に だべリング(死語?)をして 楽しい時間を過ごしました。

by saint-arrow-mam | 2018-05-25 06:00 |   友人・知人・恩師 | Comments(6)

雨の音


d0174983_10144638.jpg 雨の音で 目が覚めた。

 布団の中で 耳を澄ますと 
 その音は ザーザーという感じではなく 
 かといって シトシトという音でもない。

 サーサー、パシャ、チャポ、いろんな音が混ざっているが
 それぞれが とてもリズミカルで 音程も心地よい。

 東京のマンション暮らしでは 屋根に当たる雨の音は ない。

 それどころか 騒音と一緒に 風の音も雨の音も 
 防音サッシが すべて消し去っている。
 
 このまま起きるのも  もったいない気がして
 古い記憶を 無理やり引っ張り出して 口ずさむ。



   ♪♪ Raindrops keep falling on my head
      and just like the guy whose feet are too big for his bed
      nothing seems to fit, those
      raindrops are falling on my head they keep falling
      So I just、、、、、♪♪


 

by saint-arrow-mam | 2018-05-24 06:00 |   日々甘露苦露 | Comments(4)

ミッション完遂


 <ミッション その1>

 乗るのは 東京駅発11:50の新幹線ですが、少し早目の11時に駅に行って
 大好きな「フカヒレ」を食べます。

 その昔、「筑紫樓」の 頂上飯(フカヒレご飯)と 頂上麺(フカヒレラーメン)に はまり、
 東京出張の度に 必ずと言ってよいほど 食べていました。
 といっても ハレの日なら 「姿煮」を食べることができますが、
 普段は「ほぐし身?」しか 食べることができません。(笑)
 
 ところが 東京で暮らしているのですから いつでも行ける状況になったのに なかなか行けないので
 今日は 久しぶりに行こう、、、ということで。
d0174983_21323665.jpg
 
 うーーむ、フカヒレは たとえ「ほぐし身」であっても このお店の煮込みが 最高に美味しいと思います。

 今回、2週間以上 東京のマンションを留守にすることになるので、ここ数日 ずっと大掃除を実行し、
 手がカサカサになっていますので、少しは コラーゲンの補給になったかも? (笑)


 <ミッション その2>

 東海道新幹線に乗れば そして お天気が良ければ、、、見えるはず、、、、

 雲が邪魔をしていますが 『富士山』です。

 東京駅を出て ちょうど1時間経つと この景色になります。
d0174983_21320260.jpg


 <ミッション その3>

 先輩ブロガーがアップされていた「金の大黒様」を 私も カメラで捕らえました。

 見逃さないように 早くからカメラを構え、連写の設定にして、、、、。

 周囲に高い建築物がないので 大黒様は 結構目立つ存在でした。
d0174983_21320666.jpg

 そして 広島の家に着くなり、「冬」のままになっていた 2階の寝室と居間を大掃除して、
 夏バージョンに チェンジしなければなりません。
 
 この機会を利用して 「プチ 断捨離」を敢行しましたが、東京と広島の2件分の大掃除は 老体に堪えます。


 夜遅く 買い物に出かけたスーパーの飾りを見て

 広島に帰ってきたことを実感し、癒されました。
d0174983_21321053.jpg
 

by saint-arrow-mam | 2018-05-23 06:00 |   日々甘露苦露 | Comments(8)