<   2018年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

明けちゃいました


 今日(29日)の 雨雲の様子を見ると  
 九州地方、中国地方、北海道に 雨が降っているようです。

d0174983_13592056.gif ところが 東京は 身体に まとわりつくような蒸し暑さで、
 出先から戻ると シャワーを浴びて服を着替えないといけないほど 汗をかきます。


d0174983_13341110.jpg


 東京の最高気温をグラフ化してみると、
 ここ数日 最高気温が30℃越えた真夏日が続いていることが わかります。

d0174983_13304062.jpg

d0174983_19065176.jpg ついに
 気象庁が しびれを切らして 「梅雨明け」を発表しました。      

 「6月の梅雨明け」は 統計を開始して以降 初めて、、、とは 驚きの早さです。
        (9月に 梅雨明けの日の見直しが行われ、もっと早くなるかもしれません)

 あまりに早く梅雨が明けたので、
 タチアオイが先端まで咲くことができたかどうか 心配です。


d0174983_15240616.jpg




 7月中旬ごろの 旅行の予定を立てようとすると 
 いつも「7月の20日にならないと 梅雨は明けないぞ」と 鼻の穴を膨らませていう Shinpapaですが、
 せっかくの持論も 昨年に続いて 木端微塵に破れたり。(笑)

d0174983_13340528.jpg


 北海道で 友人とゴルフ三昧の日々を送っているハズのShinpapaは
 あいにくの雨に しかたなく 部屋でカラオケをしているそうです。(笑)

 明日からの天気は どうかな?
 
d0174983_13341303.jpg


  「北海道には 梅雨がない」といいますが、、、雨続きのようです。
d0174983_15421695.gif

 
by saint-arrow-mam | 2018-06-30 06:00 |   天体・気象 | Comments(8)

映画『ジュラシック・ワールド』4D

 昨年、豊洲のシネマコンプレックスに 4D専用の部屋ができてから、
 ずっと 4D映画を経験してみたかったのです。

 4D映画とは、、映画の世界を五感で味わう “体感型” の上映システムのことで
 映画のシーンに合わせて 座席が動いたり揺れたりするほか、お花や煙の匂いを感じたり、  
 嵐で水しぶきや風を受けるなどの 特殊効果があるのが特徴です。

d0174983_13464685.jpg

 遊園地のアトラクションのような ドキドキ感や、
 映画の世界に入りこんだような 圧倒的な臨場感を楽しめるというものですが、
 ジェットコースター系は 絶対にダメ というShinpapaに断られたので、ボッチで行くチャンスを狙っていました。
d0174983_20541608.gif

 今回見ることにした 第1の理由は 鑑賞料金です。
 一般の3D映画で 3,000円以上、4Dは さらにそれより1,000円程度高くなるそうですが、
 現在、特別興業料金の1,500円で 4D映画を見ることができるという事。


 2番目の理由は 手に持っているポップコーンが飛び出るほど 椅子が揺れる4D映画
 ほぼほぼ ”吹き替え”にされていることが多いのですが、
 この映画が日本語字幕の映画であり、しかも日本語字幕を読まなくても ストーリーが分かる事。

 「待ってました」とばかりに 勇んで見に行ったのは「ジュラシック・ワールド」でした。(笑)

d0174983_23001051.gif 

 長々と偉そうに 書きましたが、 
 実は この映画は 8月に封切りされる予定の
『ジュラシックワールド/炎の王国』の 前回作なのです。(泣)



 Youtubeに 予告編が残っていましたので アップしましたが、
 見る時に、身体を絶えず前後左右に揺らし、また恐竜の足音に合わせて ドスンドスンと椅子を揺らし
 頭上と耳元に 扇風機を吹きつけていただくと 4Dのイメージに近くなるかもしれません。

           

 幸いにも シリーズ1作目のこの映画を クルーズ船や飛行機の中でも 見る機会が無かったので
 突然でてくる恐竜に驚き、音に驚き、光に驚き、風に驚き、水に驚き、煙に驚き、、
 「ワオ」「ヒャー」と 声を出してしまいました。
 
 隣に座っていた イケメンの外国人男性も ”Wow" ”Wow” と 大声を出していたのには 笑いました。

d0174983_22472635.jpg

 クライマックスシーンで 大きな揺れが続くときには 両手で肘掛を握りしめて 体を支えていたのですが
 自分の重い身体を 腕だけで支えきれず、だんだんずり落ちていく私に
 映画が終わった時、「あなたが 最後に椅子から落ちるのではないか と心配した」と 言い残し 
 イケメン男性が 笑いながら帰って行きました。
 
 明日 私の上腕二頭筋は 間違いなく筋肉痛になっているでしょう。 
by saint-arrow-mam | 2018-06-29 06:00 |   映画・本 | Comments(2)

映画『万引き家族』


 このところ見たい映画がなかったので、映画館に行くのは 3月以来です。

 正直、今は この映画よりも見たい映画があるのですが、
 カンヌ映画祭で 最高賞(パルムドール)を受賞した「万引き家族」に 敬意を表して、この映画を優先。

 なにせ カンヌ映画祭で 9分間ものスタンディングオベーションの賞賛を受け、
 海外の審査員に 「完全に圧倒される 並外れた作品である」と絶賛されるほど 高評価をもらった映画ですから。


         


 結果からいうと
 映画が始まりが 万引きシーンだったことには 軽い衝撃を受けましたが、
 中盤は 樹木希林の名演技に 惚れ惚れ、、、、
 そして それまでの話の流れとは一変して 緊迫したシークエンスと共に、
 家族の秘密が明らかになる終盤になって、意外性は感じたものの、鈍感な私は 感動には至りませんでした。

 でも 是枝監督の 『そして父になる』の映画を見たとき、
 見た直後には へえ、、、という薄い感想しか 持てなかったのに
 時間が経つにつれて 徐々に心が動かされ、記憶に残る映画の一つになったのと 似ている感じがします。

 映画の どの場面が海外の人達の心の琴線に触れたのか 今の私には想像がつかないのですが、
 見終った直後、味わったことのないほど 居心地の悪さを感じる映画であったことは 間違いありません。

 これは 決して映画がつまらないとか、俳優が下手だとか いうのではなく、むしろその逆で
 ハッピーエンドで終わらない映画であったために 「何とかならないの?」と感情移入した結果の
 居心地の悪さであり、やるせなさ でした。

d0174983_18385632.jpg

by saint-arrow-mam | 2018-06-28 08:31 |   映画・本 | Comments(6)

捨・離・断 その5


 今は 買うことが無くなりましたが、亡義父が買ってくれたのを契機に
 海外旅行をするたびに 「自分の記念に、、」 と免税で買っていた 大判スカーフ。

 どこで、どういう状況で買ったのか 覚えている 印象深いスカーフもありますが
 お土産やプレゼントでいただいたりしたスカーフも含めると、
 全部で30枚程度 スカーフケースに収納したままになっていました。

d0174983_16430652.jpg

d0174983_16431032.jpg

d0174983_16431376.jpg

d0174983_16431601.jpg

d0174983_16431803.jpg

d0174983_16432152.jpg

d0174983_16432402.jpg

 
 中には 在職中、無造作に身に着けていたために ひどく汚れてしまい、
 クリーニングに出しても シミが取れなかったスカーフもあります。

 ところが そういうスカーフに限って 大枚はたいて 購入したので 
 もったいなくて 捨てることができず とりあえずクリーニングの袋に入ったまま 収納していました。

 今回、汚れているスカーフには ジムや温泉宿のお風呂など 着替えの服を持って移動するときに 
 それを包む風呂敷として 再度 働いてもらうことにするとして、、、、

d0174983_17340029.jpg


 一度も 身に着けたことが無い 新品スカーフをどうするか、
 スカーフは 毎シーズン、新柄が出るので、古い柄のスカーフに 価値があるとは思えず 古銭同様に 買い取りは期待できないし、、、、。

 うむ、とりあえず思い出のスカーフを”普段使い”しようと思いますが、
 数枚は 汚してしまう前に リフォームを含め、有効に活用する方法を 考えてみようっと。

d0174983_16593246.jpg



by saint-arrow-mam | 2018-06-27 06:00 |   暮らしの手帳 | Comments(6)

シマトネリコの花


 Shinpapaが帰広する前日の 焼肉ランチ、、、
d0174983_14004018.jpg

 お肉が焼ける間、ぼんやりと外を見ていると
 
 街路樹に 白い花が咲いているのが見えました。

 あれは?  

 きっと、、、、
d0174983_14004361.jpg
 
 お店を出てすぐ 白い花の咲いている方へ行って見ると、、、
d0174983_14004791.jpg

 やっぱり シマトネリコだ!!
d0174983_14005193.jpg

 シマトネリコは 生命力が強く、成長が早い上に 手間がかからないので
 在職中 戸建てのガーデニングの庭木として よく利用した樹木です。

 また 美しい小葉が規則的に並んでいる間から 降り注ぐ木もれ日が、涼しげでさわやかな印象を与えるので
 商業施設の街路樹や公園樹などの緑化に用いたことも多く、私には 懐かしい樹木の一つです。

 その時に 専門家から聞いた話では、
 木材としては 弾力性に優れているので、野球のバットやテニスのラケットの材料にされ、
 「バットの木」と呼ばれることもあること、
 また 近縁種の「アメリカトネリコ(ホワイトアッシュ)」は、
 ギターなどの楽器に用いられることでも 知られているそうです。

 植えたときには 細くて か弱そうに見えたシマトネリコ達も 今は立派に成長し 幹も太くなり、
 目の前のシマトネリコのように 白い花を美しく咲かせているだろうなあ。

 、、、と 遠い広島に 思いをよせて、、、。
d0174983_14490897.jpg
 


by saint-arrow-mam | 2018-06-26 06:00 |   植物 | Comments(6)

豊洲のリンゴ 2018


 この時期になると 気になる(木になる?) 豊洲のリンゴですが

 今年も 小ぶりながら、ちゃんと実をつけ 赤くなり始めています。

d0174983_19500741.jpg

 雨上がりゆえ 水も滴る いいリンゴです。

d0174983_19501170.jpg

 Shinpapaが 帰広しました。
 彼は 月末から1週間 友人たちと北海道にゴルフに行くことになっています。

d0174983_21074229.jpg 
 私も一緒に、、と 誘われたので 
 オカリナのレッスンを休んでも 行こうと思ったのですが、

 月初めに お泊り臨託と 病院の定期検査があるうえに、
 コンサートのチケットを2か所分 買っており、
 また 東京の友人と ミニトリップまで約束しているので、、、、仕方なくあきらめました。

 いつもなら 過ぎるくらい なのに、、、、。(泣)

マンションの玄関で Shinpapaを見送りながら
1人でちゃんと旅支度をして 出かけることができるだろうか、、、と 心配しきり。

by saint-arrow-mam | 2018-06-25 10:39 |   日々甘露苦露 | Comments(2)

大学講座『シニアの数学教室〜江戸時代にも数学があった?!〜』


 豊洲キャンパスでは 「建築」に関する面白い講座があったのですが、、、、
 
    1回目の講座 『丹下健三』のブログ  → https://runslowly.exblog.jp/24170678/
    2回目の講座 『片山東熊』のブログ  → https://runslowly.exblog.jp/26194316/

 残念ながら、今年の前期には 建築関係の講座が開講されませんでしたので
 3回目の今回は 「シニアの数学教室〜江戸時代にも数学があった?!〜」を 受講しました。
d0174983_19140681.png

 S大学の芝浦キャンパスは JR田町駅の近くにあります。

 今まで 目と鼻の先の豊洲キャンパスでしたので、気楽に参加していましたが、
 電車に乗っていくというだけで 真面目に勉強しなくっちゃ、、という気になります。(笑)
d0174983_17202164.jpg

 講師は 「マッキー先生」という愛称で呼ばれている 牧下英世 准教授です。

 経歴を見ると 中学、高校で数学を教えてこられた方のようですので
 わかりやすく教えてくださるのではないかと 期待大です。
d0174983_19224560.jpg

 講座の内容は 江戸時代、日本独自に栄えた算術(数学)の「和算」です。

 「和算」といえば すぐさま 冲方 丁の「天地明察」が頭に浮かびますが、
 国立科学博物館で 実際に算額や算盤を見て 感激をしたことも 忘れられず
 この講座は 私にとっては 千載一遇のチャンスでした。

    「天地明察」のブログ  →  https://runslowly.exblog.jp/21848421/
    「算術の世界」のブログ →  https://runslowly.exblog.jp/19897483/

 講座は マッキ―先生が書かれた テキストに沿って、行われますが
 「和算」の問題は 漢文形式で書かれていますので まず、簡単な単語を理解します。
 
  「全円」 → 内接円        「長円・側円」 → 楕円
  「三角」 → 正三角形       「圭」 → 二等辺三角形
  「三斜」 → 三角形        「釣股弦(こうこげん)」 → 直角三角形
  「方」  → 四角形        「術文」 → 解き方
  
 そして 円の問題では、半径ではなく直径を用いるのですが
 半径で考えることになれているので これが 結構ややこしい!!
d0174983_17202769.jpg

 板書とスライドを並行させて 次から次に算額に書かれていた問題を
 『和算』と『数学』で解いていきます。    (休憩中に撮影 ↓)
d0174983_17202443.jpg


d0174983_17504649.jpg また和算には 
 1辺が aの正三角形の面積を求める公式 a²×0.433 というものが存在し、
 0.433 のことを「三角の法」と呼んでいたそうです。

 現在の数学で正三角形の面積を求め 比較すると 
0.433という数字が √3/4  を表すことがわかると
なんとも 愉快。

 昔の秘密を 解き明かしたような気分になります。



 また 相加平均や相乗平均の基礎となるようなことが 和算で証明、そして利用されていますし、
 ピタゴラスの定理も 和算で利用できるのです。
 今回は 時間が無くて 検算できませんでしたが、ヘロンの公式や 反転法、メビウス変換も 和算で利用できるそうです。

 さらに 江戸時代に刊行された「塵劫記(じんこうき)」で 
 円の面積を (直径)²×0.79で 計算しているそうですが
 私は 昔は 円周率として 7/22、あるいは 355/113 という分数を使っていた
 と思っていましたので ちょっと驚きました。
 
 個人的に 検算してみると 0.79では少し大きすぎるので 
 0.785くらいでないと つじつまが合わなかったのではないかと 思ったりして、、、、。(笑)
d0174983_19140681.png

 和算の術文を 数字や記号に置き換えて その解法の筋道を知ると
 数学では 想像することが難しい、面白い発想で解いていることもあり、
 感動し続けていると あっという間に 2時間が経ちました。

 『和算』に関して 役に立ちそうな 面白いサイトを教えてもらいましたので、ブログに残します。

   『和算の館』               http://www.wasan.jp/ 
   『算額をつくろう コンクール』     http://www.wasan.org/event/38/

by saint-arrow-mam | 2018-06-24 12:28 |   講演会 | Comments(2)

捨・離・断 その4


 広島で処分できるのでしょうが
 どうせなら と オリンピックの開催地=東京へ 持ってきた、古いガラケーです。

 さあ、オリンピックのメダルに利用してもらいましょう。
      (あまりに僅かすぎて、お恥ずかしい限りですが、、、)
 
   『都市鉱山からつくる! オリンピックのメダル』 のブログ → https://runslowly.exblog.jp/26614186/
d0174983_19365287.jpg

 買い物のついでに ららぽーと豊洲の3階にある docomoのお店に持って行きました。

 専用の回収箱に入れるだけだろう と思っていたのですが
 face to face で対応するといわれ 受付番号をとって しばし待ちます。
 
d0174983_19211462.jpg

 最初に 身分証明書を確認され、私の使っていたガラケー2台を渡すと
 お店の人が 中を開けて SDカードやSIMカードなどが残っていない事を確認します。

 次に 所有権を放棄する旨の書類にサインすると
 パンチの様な器具を取り出して来て、
 目の前で ガラケーの電源スイッチなど 3か所に穴を開けられます。

 右から、、、バチン
d0174983_19211648.jpg

 左から、、、バチン
d0174983_19211918.jpg

 もう1回 バチン とされ 無残にも こんな状態になりました。
d0174983_19212140.jpg

 最後に 名刺大のカードを 1枚もらって、手続き完了。
d0174983_19212426.jpg

 ガラケーは 処理できましたが、まだ 古いデジカメが残っています。

 、、、、、ついでの時に ビッグカメラに持って行こうっと。 

by saint-arrow-mam | 2018-06-23 06:00 |   暮らしの手帳 | Comments(4)

捨・離・断 その3


 「捨・離・断」も 3回目になりました。

   捨・離・断 その1 ブログ  → https://runslowly.exblog.jp/26106754/
   捨・離・断 その2 ブログ  → https://runslowly.exblog.jp/26585311/


d0174983_17055160.jpg まず、懸案だった、記念コインや古い紙幣、高値で取引されているコイン類ですが

 やはり 額面通りの評価しかなかったので、そのまま銀行で 通帳に入金しました。

 銭形平次が投げるような古銭なども、今では 全く価値はないと言われてしまいました。

 そうか、「貨幣」「日本銀行券」というものは 中途半端に蒐集しても 
 コレクターでない限り 100年200年程度で 価値を生み出すことはないんだ。




d0174983_17193711.jpg 次に 古いレコード盤ですが、

 [捨・離・断 その2] の買い取り価格の結果は たったの 260円でした。

 重いレコードを抱えて電車に乗り 渋谷まで持って行ったのに 交通費さえ出ませんでした。(笑)

 よって 残りのレコードは 全て 広島で 廃棄処分にすることにしました。




 最後に 今回の帰省時に 広島で大掃除した結果、出てきた
 使わなくなったアクセサリー、存在すら忘れていた腕時計などを 買い取ってもらい 処分しました。
 
「メルカリ」に 出せば 売れるかもしれない雑貨なども あるのですが、
 そこまでするのは 面倒なので、とりあえず お店に持ち込めそうな軽いものだけ持ってきました。

 引き出しの中で 化石となるはずのものが 数万円になりましたので、旅行に使おうと思いますが
 とりあえず、千疋屋へ。

 アフタヌーン セットを 豪勢に 2人分です。

d0174983_16461735.jpg

 上のお皿、、、
d0174983_16461921.jpg

 下のお皿、、、
d0174983_16462222.jpg

 そして フルーツティーです。
d0174983_16462446.jpg


 Shinに負担をかけないよう 夫婦二人の思い出の品は 夫婦二人で処分しよう、、と 決めた老夫婦。
 
 価値観を 共有できる夫婦で 良かったと思います。

by saint-arrow-mam | 2018-06-22 06:00 |   暮らしの手帳 | Comments(4)

""ボーっと 生きてんじゃねーよ””


 先日 臨託の時に

 「バーバ、あのね  チコちゃんがさあ 怒ったらさあ
 ””ボーっと 生きてんじゃねーよ”” って言うんだよ」 とkoharuが言うのです。

 てっきり チコちゃんという 口の悪いお友達がいるんだと思い、大笑いしていたのですが、、、
 今日になって、友人が 保育園に通っている孫から
 ””ボーっと 生きてんじゃねーよ”” と言われた、、というので びっくり。


 どうやら これは koharuのお友達の話ではなさそうです。
d0174983_15124369.png


 ググってみると、、

 総合 毎週金曜日の 午後7時57分から NHKで放映されている テレビ番組
 「チコちゃんに叱られる!」の中で チコちゃんが使っている言葉でした。

d0174983_14563908.jpg

 「いってらっしゃーいってお別れするとき、手を振るのはなぜ?」
 「かんぱーいってするときにグラスをカチン、あれはなぜするの?」
 など 5才のチコちゃんが 問いかける素朴な疑問。

 それに ゲストの大人たちが答えられないと

 チコちゃんが 目から炎を出して ””ボーっと 生きてんじゃねーよ!””と叱るのです。(笑)

d0174983_15015506.jpg



 チコちゃんが Koharuと同じ 5歳児という設定であることから、
 東京の園児の間で このフレーズが流行しているのかもしれません。

 お江戸では 若者たちの普段の会話の中で  
 「そんなことは ねーよ(そんなことは ない)」「知らねーよ(知らない)」 という言葉が 良く使われていますので、
 馴染みのある言い回しではありますが、全国的にウケるかどうか、、、


 それにしても ジージとバーバにとって

 ””ボーっと 生きてんじゃねーよ””  とは なんとも 的を得た厳しい言葉。

 半端なく 胸に突き刺さります。(笑)  

by saint-arrow-mam | 2018-06-21 09:33 |   日々甘露苦露 | Comments(2)