<   2018年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

帰広2日目


 帰広2日目は 蒸し暑い室外 と 涼しい室内 を行ったり来たりして
 
 体調管理が 難しいと感じた1日でした。
d0174983_20512558.jpg

 >朝の庭掃除。 
 ちょっと動いただけで 服も首に巻いたタオルも 汗でぐっしょり
 シャワーを浴びて 服を着換えて 涼しい部屋でクールダウン

 >10時すぎに 所要のためshinpapaと外出。 
 繁華街独特の蒸し暑さに べっとりとした汗が 身体にまとわりつく。
 相手先のエアコンの吹き出し口の 真下に座ったため、体の芯まで冷え冷え
 青空の下に駐車していた車が サウナのようになっていて 熱地獄に。
 帰宅後 シャワーを浴びて、服を着替え 涼しい部屋でクールダウン

 >13時過ぎに Shingranmaと一緒に 料亭「やくも」で昼食。
 あーでもない、こーでもないと Shingranmaの着替えを手伝い 汗びっしょり
 道中の車内やお店の中は ひんやり、さらに冷たいビールで クールダウン

 でも 6,000円の料理×3人分の支払いで お財布の中も 寒くなった!!

d0174983_20330833.jpg

d0174983_20331467.jpg

d0174983_20331883.jpg

d0174983_20332252.jpg

 再び、青空の下に駐車していた車がサウナのような 熱地獄に。
 帰宅後 シャワーを浴びて、 服を着替えて クールダウン

 >夕食と日用雑貨を買うために 近くのスーパーとホームセンターへ。
 往路、背中を流れる汗が たらりたらり
 スーパーの冷房で クールダウン
 移動時、この地域の特徴である 凪(なぎ)になり、日陰にいても、汗が噴き出る
 ホームセンターの冷房で クールダウン
 帰路、荷物で両手がふさがり、汗が拭けず 汗が ぽたりぽたりと 落ちるがまま。
 帰宅後 シャワーを浴びて、服を着替えて 涼しい部屋でクールダウン
 
 >夕食の前後。
 Shingranmaに合わせた室内温度の中で夕食を作り 首に巻いたタオルが 汗でじっとり
 夕食後 2階の自室で、夫婦に合わせた室内温度の中でクールダウン
d0174983_20512558.jpg

 家中を涼しくできる 狭いワンルームマンションと異なり、
 部屋は涼しくても、廊下やトイレが非常に暑い 戸建て生活に  軟弱ものの私は すでにバテぎみですが、、、

 今日、明日の2日間 Shinpapaはゴルフに行くし Shingranmaは デイサービスに行き、終日ほぼほぼ ボッチ。

 よーーーし、
 今日は 塩飴をなめながら、夏の大掃除をするぞ!!!


by saint-arrow-mam | 2018-07-31 08:22 |   外食の部 | Trackback | Comments(2)

台風が やってきた

d0174983_13473648.jpg

 ただ今 台風12号が わが古家の真上を通過中。

 湿度が高く、 エアコンなしの室内の温度計は 39度を示しています。

 空はどんよりと曇っていますが、時折、雨がシトシトと降る程度で 風は ほとんど吹いていません。

 最近 雨が降らなかったので、庭木が 恵みの雨を喜んでいるようにすら 見えます。
d0174983_13505201.jpg



 ところが テレビのテロップをみると、前回の豪雨の被災地に 避難指示が出ています。

 これしきの雨で 避難指示が出るなんて、、、、かなり、地盤が弱っているんだろうなあ。

 心配です。

by saint-arrow-mam | 2018-07-30 09:27 |   天体・気象 | Trackback | Comments(4)

帰広当日の夕食


d0174983_20425745.gif 東京から広島まで 台風の影響は全くない スムーズな移動でしたが、
 夏休みの新幹線の車中は 子供たちの声が あちこちから聞こえ、それはそれは にぎやか。

 「親は何をしているんだ」と 怒鳴りたくなるのを我慢しての4時間、
 音楽を聴き、本を読み、座りっぱなしだった上に、
 広島駅に着くと、まとわりつくような蒸し暑さが待っていました。
 
 へーへー言いながら、在来線に乗り換えて帰宅すると
 動かないShingranmaに合わせて設定されている、家の冷房温度。
 どうしても こうしても 汗が止まりません。

 ボーっとして 思考回路がまとまらない私に
 ShinpapaとShingranmaが 異口同音に 「ところで 今日の夕食はどうするの?」と聞くのです。(泣)

 さすがに 家の中の片づけを済ませた後、買い物に行って 夕食を作る気には なれず、
 帰広当日の夕食は 近隣の商業施設内での ささやかな外食と あいなりました。
d0174983_20230261.jpg

 私が所望したのは お江戸では なかなか美味しいものに出会えない 高知の「カツオのたたき」ですが
 「龍神丸」は 本場土佐のお店で 目の前で ちゃんと”藁”で焼いてくれるので 美味です。

 「たれ」と「塩」の2種類を頼んだ他にも 魚料理をあれこれ食べたのですが、
 気が付いたら、最初に届いたビールと 「カツオのたたき」ひと皿以外、撮影するのを すっかり忘れていました。


d0174983_20225787.jpg

 非常に不本意ながら、食べることに 精いっぱいで、
 次から次に テーブルに並べられていく料理を 写すだけの余力が、、、、、ありませんでした。

by saint-arrow-mam | 2018-07-29 06:00 |   日々是好日 | Trackback | Comments(4)

台風に追いかけられる、、、、


 Shinpapaに 遅れること2日、所用のため 帰広します。

 ところが 台風12号が 「一緒に連れてってくれよ」と 言わんばかりの バッド・タイミングで やってきました。

d0174983_07065844.jpg

 新幹線の方が 台風より時速が速いので、
 昼前に東京駅を出ると 後ろから追いかけてくる感じになると思いますが
 気まぐれな台風が 進路をより西に変えて、先回りしないことを願っています。
 

d0174983_19034806.png



by saint-arrow-mam | 2018-07-28 07:34 |   天体・気象 | Trackback | Comments(4)

「夫源病」


 本屋さんでチラ見した 週刊誌の表紙タイトルに
 ほぼほぼ 私と同年代の 関西の女性タレントKが 全く家事をしない夫に対するストレスから
 めまいなど 身体に異常が現れる「夫源病」になり ついに別居の道を選んだ、
 という記事が出ていました。
d0174983_21383540.jpg
 
 「夫源病」という言葉を聞いたのは初めてだったので、調べてみると

「夫源病」とは 夫の何気ない言動に対する不満、あるいは夫の存在そのものが強いストレスとなって、自律神経やホルモンのバランスを崩し、妻の心身にめまい、動悸、頭痛、不眠といった症状が現れる。
若い世代から60代の女性まで、夫(パートナー)を持つ女性なら、誰でも「夫源病」にかかる可能性があり、「夫源病」の具体的なケースとしては、
夫が家にいる週末は頭痛、平日も夕方からイライラし、夫に急に怒鳴られたのを機に動悸が始まり、唾が飲みこみにくくなった。 
夫の身勝手な発言を聞くと、顔ののぼせやほてりが起こるが、夫が出張などで夫が不在のときには症状が出ない(軽くなる)など。




 私も、朝から晩まで ワンルームマンションで Shinpapaと いっしょにいるので、
 疲れたときなどは Shinpapaが ”全く家事をしない” ことに 強烈なストレスを感じて イライラすることがあり
 タレントKさんの気持ちが わからないでもありません。 ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
d0174983_07241417.jpg


 ちなみに 「妻のストレス源になりやすい“夫”とは?」というチェック項目の表があったのですが、、、

d0174983_21100035.jpg


 なんとまあ、
この項目で Shinpapaに 当てはまることは ひとつもないことに 逆に驚きました。

 それどころか 私自身に あてはまる項目が多い、、、、
 それって 私がストレス源の「妻源病」の可能性があるってこと?
d0174983_07223170.jpg

 今日、Shinpapaが 帰広し、お気楽ボッチになりましたが、
 追いかけて 土曜日には 私も帰広する予定です。


by saint-arrow-mam | 2018-07-26 21:49 |   健康 | Trackback | Comments(4)

追加データ購入が無料に。


 「差出人:ソフトバンク」と名乗るものから スマホに届いたメール。

d0174983_19133897.jpg

 この種類のメールは ほぼほぼ怪しいので 容易に信じるわけにはいかず、
 ソフトバンクのHPで調べると、、、

d0174983_19175350.jpg

 どうも ウソではないようです。

 私の登録が 広島の住所だからだと思いますが、
 何も手続きをしなくても 自動で適用してくれるなんて ありがたいことです。

 でも 今回、私に実被害は なかったので 逆にデータの使い過ぎに注意して、
 無償にしてもらうことがないように 気を付けなければなりません。

 また 万が一被災した場合には ソフトバンクによる さまざまな無償化サービスがあることを
 覚えておこうと思います。  

by saint-arrow-mam | 2018-07-25 06:10 |   パソコン・スマホ | Trackback | Comments(4)

新しいコンデジ


 ブログをするようになって、3台目のカメラを購入しました。

 パナソニックの 「Lumix DC-TZ90」です。

d0174983_20133215.jpg

 「コンパクト性」「画質」「ズーム倍率」「操作性」などを考えると 他メーカーも ”あり” だったのですが、
 コンデジは ずっと パナソニックを買い続けてきたので 浮気するのが難しいのです。(笑)

 事実、機種が新しくなっても 基本的な操作方法が同じなので
 説明書をチラッと読んだだけで すぐに 使いこなすことができ、ストレスが少ないです。
d0174983_20381551.gif

 とはいえ、全ての機能を使いこなせるわけではありませんが、
 今回のTZ90 で便利だと思う機能は

 スマホやタブレットとワイヤレスで接続できるので、
 TZ90 で撮った写真を その場でスマホで再生したり、保存したりできることです。
d0174983_20133443.jpg

 また、スマホやタブレット上で、撮影したい被写体にタッチするだけで フォーカスを合わせることができ、
 撮影設定(ホワイトバランスやISO感度、露出補正、絞り、シャッタースピードなど)を調整することも可能。

 何より、スマホでシャッターが切れるので 念願のリモート撮影ができるようになります。
d0174983_20315388.jpg
 
 ブログをスマホでアップする際に カメラで写した画像を そのままスマホで確認して送れるという事ですし、
 カメラで写した画像を WiFiで送れば お宿ではタブレットで、家に戻ればPCで
 ブログアップの作業が 即座にできるというのは便利そうに思います。
d0174983_20133781.jpg


 とはいえ、使いこなせるまでには まだまだ時間がかかりますので、
 半分楽しんで、半分悩んで、、、、、、。
by saint-arrow-mam | 2018-07-23 20:45 |   カメラ・旅レコ | Trackback | Comments(8)

信州の高原へ 2018夏 3日目


 ジャジャーン!!
 
 大変なことになりました。

 実は 前日の夕刻、お宿の周辺を散策に行って この写真を写したのを最後に、、、
d0174983_23400804.jpg
 
 私のカメラが故障して レンズが動かなくなり、シャッターが降りなくなりました。

 実は数か月前から カメラの調子が悪くて、
 レンズが延び縮みするたびに ズリズリと 大きな異音を立てていたのですが、
 遂に、、、最後の時が、来てしまいました。

 それゆえ、昨晩からスマホで写しましたが、遠景、近接、両方とも うまくいかず、
 3日目のブログは Shinpapaのカメラで 写してもらった画像が 大半を占めています。
d0174983_23452270.png


 千畳敷カールに行く道は細く、マイカー規制がありますので、バスかタクシーの乗って、
 ロープウェイの駅まで行かなければなりません。
d0174983_13184639.jpg

 今回は お宿の駐車場に車を置いたまま、お宿の人が「菅の台バスセンター」まで 送ってくださり、
 帰りは お宿の前のバス停で降ります。

 バスもロープウェイも臨時便を 出してくれますが、原則は 30分に1本しかありません。

 朝9時なので すんなりバスに乗ることができましたが、
 「オンシーズンになると バスに乗るだけで 2時間待ちだった」と 
 いかにも ベテランらしいおじちゃんが 教えてくれました。

d0174983_13184944.gif

 「しらび平駅」で バスを降りて、駒ヶ岳ロープウェイに乗換え、しばらく空中散歩です。

  乗っている時間は わずかに7分30秒ですが、高低差が950mもあり、日本最高のようです
d0174983_13185449.jpg

 さっきのおじちゃんが、 
 「滝が見えるので ロープウェイの中では 先頭に立っている方がいいよ」 と 教えてくれたので 
 先頭に立っていると、たしかに美しい滝がいくつも見えました。
d0174983_13185698.jpg

 千畳敷駅の標高は2,611.5m 日本最高所駅です。

 下界の気温は 28℃でしたが、ここは、、、 20℃、、、驚くほど 涼しい!!
d0174983_13185995.jpg

 カメラのかわりに 「スマホ」を手に持って いざ、、、、カールへ。
d0174983_13472540.gif

 わーーーー、きゃーーーーー

 何てきれいなのでしょう。
d0174983_13190153.jpg

 ポスターでよく見る景色が 目の前に広がっています。

 雲一つない、、、、晴れてよかった、、、、
d0174983_13190335.jpg

 黄色いシナノキンバイが たくさん咲いていますが
 よく見ると 他にもかわいい花たちを見つけることができます。
     (でもスマホで写したので ピントが合っていないものが多くて、、、)

d0174983_14595117.jpg

d0174983_14595840.jpg

 八丁坂の分岐点です。
 「木曾駒が岳」に登山する人は ここから左が登山口となり、
 千畳敷カールを歩くだけの人は右へ。
d0174983_13190564.jpg

 せっかくなので、登れるところまで行って見ようと、、、
d0174983_13385816.jpg

 でも 登山道は狭くて、モタモタしていると 登山する人に迷惑をかけてしまいそうなので、
 横倒しになった「中央アルプス駒が岳」の道しるべのところで 満足をして引き返しました。(笑)
d0174983_13390192.jpg

 遊歩道は 下りになるのですが、名残惜しいので、時々振り返り、駒が岳を見上げます。

 すると だんだん雲が 上がってきて 先ほどまで見えていた 青空の部分が消えていきました。
 最後には 時々 山の姿も 全く見えなくなりました。

d0174983_13390374.jpg

 剣が池で休んでいる時に 一瞬 青空が広がったので スマホで 撮影!!

 千畳敷カールは 何度も来てみたい、、と思えるほど 素晴らしい場所でした。
d0174983_14000806.jpg

 ロープウェイの駅は 千畳敷カールを目的に上がってくる人、
 昨夜は 山小屋に泊まり、下山する学生たちで ごった返していました。

 そして 千畳敷カール駅は あれよあれよと 雲の中に、、、、
d0174983_13390669.jpg

d0174983_14112820.gif

 お宿の駐車場で車に乗り、高速道路を「茅野」に向かいます。

 途中、諏訪SAで 遅いランチ。
d0174983_14124813.jpg

 「諏訪IC」を降り、「お諏訪様」と呼ばれる諏訪神社の総本社へ。
d0174983_14125127.jpg

 夫婦ともに 無神論者ではありますが、
 諏訪神社、、といえば、「本殿を持たない建築様式」と
d0174983_14125630.jpg

 7年目の寅と申の年に 行われる「御柱祭」が あまりに有名ですので 立ち寄りました。
d0174983_14125871.jpg

 緑に囲まれた社殿は ひんやりとして、静かで厳か。
 人もいないし、落ち着いた 良い時間を過ごすことができました。
d0174983_14125332.jpg

 ガソリンを満タンにして レンタカーを返し、茅野駅から特急あずさで 東京へ戻ります。

 JR茅野駅は 2日前に来たときと同じで、とても蒸し暑くて ゲンナリ。

 今回訪れた他の場所が 涼しかっただけに 
 茅野駅の看板の横に 巣を作っていたツバメが 気の毒に思えました。

 バイバイ!!! 
 今度くるときは 涼しい時期にするね。
d0174983_14130156.jpg

by saint-arrow-mam | 2018-07-20 06:00 |   甲信越地方 | Trackback | Comments(7)

千畳敷カール ナウ

d0174983_12071742.jpg


   気温 20℃    
                      (スマホよりup)
by saint-arrow-mam | 2018-07-19 12:06 |   甲信越地方 | Trackback | Comments(2)

お宿 『早太郎温泉 山野草の宿 二人静』


 Shinpapaが行きたいと思っている場所の一つが 「千畳敷カール」だったのですが、
 マイカーでは 行くことができない場所なので、前日に早太郎温泉に泊まることに。

 早太郎温泉のお宿の評判を ネットで調べると、「二人静」というお宿に
 「H.P限定特別割引・ロープウェイチケット付宿泊プラン」
 「和創匠 松葉 啓氏が紡ぐ空間に宿泊」「税・サービス料・朝食夕食付」という
 安価でお得そうなプランがあったので 申し込みました。

 なにせ 宿泊料金が 前日の「たてしな 藍」に比べると ちょうど「半額」
 Shinpapaに話すと 「俺、覚悟しとくよ。かんぽの宿より安いんだからな」と言われ、
 それもそうだと ドキドキしながらお宿に。
d0174983_19460726.jpg

 重厚感のある家具が置かれた ロビー。
d0174983_19461075.jpg

 四方を囲まれた中庭を廻り、広い廊下を通ると、、、
d0174983_19461316.jpg

 専用の通行証カードを通さないと ドアが開かず、入ることができない 「別邸 一花一葉」へと続きます。
d0174983_19461860.jpg

 お部屋は 「桜鏡」という名前の 最上階のバルコニー付きの角部屋で
 広めの小上がりと 和室を洋室のように使う”擬洋室” です。
d0174983_19462076.jpg

 そして 濡れ縁部分に 洗面所と猫足のバスタブがあり、
 バルコニー側のガラス戸を開ければ 半露天風呂になります。
d0174983_19462395.jpg

 角部屋だけに バルコニーからの眺めは 素晴らしく、
 目の前に流れる 大田切川の上流(右)と下流(左)
d0174983_19462677.jpg

 「山野草の宿」と言うだけあって、館内の至る所に花が活けられています。
 
d0174983_19461699.jpg

 早速お風呂に、、、
 Shinpapaが カメラで写して来てくれました。
d0174983_19462999.jpg

 お風呂上りには 冷たい「中央アルプスの伏流水」が 置かれていました。
d0174983_19463198.jpg

 お部屋に問題はなく、むしろ眺めが良く バスタブまでついていたことで、
 マイナス思考の強い老夫婦には 夕食が期待できなくなりました。(笑)

d0174983_21411223.gif

 食事会場は 広いお部屋なのに きちんと間仕切りされていて
 宿泊客が お互いに顔を指すことはありません。
 
 しかも 仲居さんが若くてきれいな女性だったので Shinpapaが大喜び。(なんじゃ そりゃ)

     左;オリジナルビール
     中;地ビール
     右;山葡萄と山桃のカクテル
d0174983_20245205.jpg


     左;先付 南瓜豆腐
     中;一口海老真薯
     右; 御造里 鯛、信州サーモン、甘海老
d0174983_20244430.jpg


     山菜釜飯
d0174983_20244777.jpg


     信州アルプス牛すき鍋
d0174983_20244900.jpg


     左;鮎塩焼き
     中;海老芋根菜万頭 卵白餡掛け
     右;ダブルベリーソースのパンナコッタ
d0174983_20245649.jpg

 昨晩に比べると 驚くほどの御馳走ではありませんが、
 我が家には これで十分、これ以上は無理という量でした。

 なにより温かいものが温かく出され、料理を食べるのが早いShinpapaのペースにあわせ、
 待たされることなく 次々に料理がサーブされたことに 驚きました。
 むしろ 御飯は 目の前で炊き立てのお焦げまで いただくことができ 嬉しかったです。

 夜遅く もう一度 大浴場に行き 部屋に戻って、 
 そういえば 昨晩と違って ”夜食”がない事に 気づきました。(笑)
d0174983_21411223.gif

 翌朝6時頃、バルコニーに出てみると 野猿の群れが 下に来ていてびっくり。
d0174983_20403389.jpg

 朝食も美味しいと Shinpapa.
 長野の甘めの味付けが 我が家の好みに合うことがわかりました。
d0174983_20403639.jpg

d0174983_20403885.jpg

d0174983_20404104.jpg

 ただ、昨晩のお宿と同じで スマホの電波の状態が悪く、WiFiがお部屋にないのです。

 タグボートを置いてきて正解だった、と思いましたが ちょっと不便に感じました。
 まあ、山の中ですから、仕方ありませんね。

by saint-arrow-mam | 2018-07-19 06:01 |   甲信越地方 | Trackback | Comments(4)