<   2019年 07月 ( 34 )   > この月の画像一覧

ホーランド de クルーズ


 ホーランド・アメリカ という船会社で 初めてクルーズしたのは
 2016年の MSフォーレンダムでした。
        ブログ → https://runslowly.exblog.jp/24054100/ から 19編

 翌年の 2017年には MSフォーレンダムで 2度目のクルーズ
        ブログ → https://runslowly.exblog.jp/26636921/ から 20編

 またその翌年の 2018年には MSユーロダムで アラスカクルーズ
        ブログ → https://runslowly.exblog.jp/27069342/ から 26編


 そして ホーランド・アメリカ社では 4度目となる今回は MSマースダムという船で
 ぐるりと 日本近海を15日間で クルーズします。

d0174983_21341683.jpg
 

 今や、日本には 数多くの外国船が 各国から来るようになったので
 自分にとって 心地よいと感じるクルーズ船を より多くの船の中から選択できるようになりました。

 例えば、船内では ゆったりとした空間で 本などを読んで のんびり過ごしたい私には 
 イベントやゲームが多く、船内を ざわざわ人が動き回る船は no good。
 また 夜には素敵なショーを楽しみたいと思うので 狭いステージの船も no good。
 さらに おしゃべりな日本人と 大声で話す隣国人が少ない、静かな船が bestです。
 
 一方、Shinpapaは 日本語が通じて、日本人の口に合う料理が提供される「日本船」を好んでいますが、
 「日本船」は値段が高い割に 昨今、乗客の品格が低下しているので、彼の悩むところとなっています。


 今回は 私の希望に一番近い ホーランド・アメリカ社の船ではありますが
 梅雨明けの一番暑い時期に クルーズすることに 恐れおののいています。

d0174983_22033710.jpg

d0174983_22034030.jpg


d0174983_22255550.gif
 
 明日より しばらくの間 スマホからアップする「ナウ」シリーズになりますが
 関門海峡を通る8月5日だけ 予約投稿をしています。

by saint-arrow-mam | 2019-07-31 06:00 |   (MD)ロシア・日本周遊(’19) | Comments(8)

カラオケ仲間 新登場


 
気温は うなぎ上り。
 ジージとバーバは 寝不足もあって バテ気味


 どこに行こうか?
涼しくて 長い時間を過ごせるところがいいなあ。



 ”カラオケ”はどう?

そうだ、”カラオケ”に行こう。



 でも koharuが カラオケで歌える?
 
 何のなんの
「童謡」「アニメの主題歌」「NHKみんなのうた」など 
歌詞を記憶している曲が 多くありました。


 なかでも 「パプリカ」は かなりのハイレベル
ただし、ババ馬鹿の 評価ですけどね。(笑)

d0174983_19184145.jpg


 
 やったあ!!

素晴らしい カラオケ仲間が 新登場!!



by saint-arrow-mam | 2019-07-30 06:00 |   koharu日記 | Comments(2)

八ヶ岳3日目


 昨晩、台風の影響が予想されるので、多くの施設、イベントが中止になるという
 お知らせが届きました。

 雨天決行のイベントに参加する予約をしているので どうなるのか心配でした。

 ところが 朝起きてみると、、、、この3日間で 一番良い天気でした。
d0174983_14015285.jpg


 涼しくて 気持ちが良いので 朝食を テラスでいただきます。
d0174983_14014926.jpg

d0174983_11054270.gif


 最終日に 予約しておいたのは 「おひさまキッチン」という 高原野菜の収穫体験です。


 参加者は 親子連れ4組。 総勢15人くらい。

 ホテルのバスで約5分、目の前に南アルプスの山々が広がる きれいな畑に到着しました。
d0174983_14015449.jpg


 子供たちが こけたり、靴を汚すことが無いようように、
 歩くところは 芝生で整地され、シートが敷いてありました。
d0174983_14020756.jpg

d0174983_14015778.jpg


 農家のお姉さんが わかりやすく 収穫の仕方を子供たちに教えてくれます。
d0174983_14020296.jpg


 収穫したのは 「トウモロコシ」「なす」「きゅうり」「ミニトマト」です。

 koharuは それぞれ 野菜によって花の色が違う事に興味を持ち、
 また トウモロコシが 茎に張り付くような形で生育していることに 驚いていました。

d0174983_14021013.jpg


 収穫した野菜は その場で焼いて食べることもできるというので
 我が家は バーバが切って 串に刺し、 ジージが焼いて koharuが食べました。
   (若いご家族は あまり焼いて召し上がりませんでした、、、不衛生だと思った?)

 野菜があまり好きではないkoharuですが、自分で収穫したことが功を奏して
 塩や醤油をかけただけの野菜を 「甘い」「美味しい」といって 食べていました。
d0174983_14021293.jpg


d0174983_14021650.jpg

d0174983_11054270.gif


 ホテルに戻り、軽くお昼ご飯を食べ、その足で 酷暑の東京に戻りました。

d0174983_14021956.jpg


 たった2泊3日でしたが、帰宅後体重計に乗ってみると 
 バーバが1kg、ジージが0.5kg 痩せていました。
by saint-arrow-mam | 2019-07-29 14:58 |   koharu日記 | Comments(0)

台風一過

d0174983_10330994.jpg


朝から予定びっしり、晴れて良かった。

by saint-arrow-mam | 2019-07-28 10:32 |   koharu日記 | Comments(2)

八ヶ岳2日目


 台風襲来の前兆で 小雨が降ったりやんだり。
 アウトドア系のアクティビティーのいくつかが 中止になっています。
d0174983_11054270.gif

 
 早起きkoharuは 5時半に起きてしまいました。

 6:45分から 朝食レストランがオープンするので それでは、、、と起きて出かけます。

 非常に手の込んだ料理が並んでいる 豪華なビュッフェスタイルの朝食ですが、
 子供連れが多いので 賑やかです。
d0174983_11055401.jpg


 koharuも 小学1年生になりましたので
 折あるごとに マナーを教え それを体で覚え、
 大人になったときには 何も考えなくても 自然にできるようになっていて欲しいと思っています。
 
 子供だから、、、というのをいつまでも許していると 大人になって マナーを知らないで恥をかくことになるので 
 嫌われても バーバが 手取り足取り 五月蝿く教えることに。

 まずは 姿勢、ナイフフォークの持ち方、手を置く位置、ナプキンの使い方、たたみ方だけでも。。。。

 「バーバ、マナーって なんだか面倒くさいね」 と 大きなため息をつくので
 「素敵なプリンセスになるためだよ」というと 俄然やる気になっていました。(笑)
d0174983_11055791.jpg

d0174983_11054270.gif

 食後に 敷地内を散策してると 蝉が鳴いていないことに koharuが気づきました。

 「どうしてかな?」と聞くと すぐに激しく雨が降り始めましたので
 セミが急に鳴かなくなった原因を 彼女なりに理解したようです。
d0174983_11060021.jpg

d0174983_11054270.gif

 朝8:00から 宿泊者が貸切りで プールを使うことが出来ます。

 屋根がありますし、雨の日は プールが一番。

 波のプールで koharuと一緒に 浮き輪に摑まり、ふーーらふらと漂っていると
 バーバは だんだん眠くなってきました。(笑)
d0174983_11060453.jpg

d0174983_11054270.gif

 午後は タクシーで近くのアウトレットに。

d0174983_11060683.jpg


 女の子にしては、服やかばんなどに あまり興味がなく、
 koharuが 欲しかったのは 「ジグソーパズル」でした。


d0174983_11221965.jpg
 70ピースのパズル。

 ホテルに戻ると すぐに箱を開け、
 
 集中して一生懸命に 取り組んでいましたが、

 やはり 1時間近くかかっていました。


 2回目は ずいぶん早くなり

 30分も かかりませんでしたが

 帰るまでに 何度も作っては壊し 作っては壊し、、、、

 飽きずに 取り組んでいました。


d0174983_11054270.gif

 3時からは 予約していた 「トンボ玉アクセサリー作り」へ。

 親が手を出さなくても 先生がつきっきりで 教えてくださるので
 ガラス棒を溶かして ガラス球を作るところから 全てを 一人でやり切りました。

 自分ひとりで トンボ玉を作り、さらにそれでネックレスを作ったことが 嬉しかったようで 
 部屋に戻ると 服を着替えて ずっとダンスを踊っていました。(笑)
d0174983_11060973.jpg


 夕食は ホテル内のにある ジビエレストランの「ベジビエ」に。
d0174983_11061183.jpg

 普段食べないであろう、「鹿肉」「馬肉」「猪肉」などを 美味しく食べさせて、
 食わず嫌いにならない様にしたい、、、と思ったのです。

 そのうち、エスカルゴや、蛙の足にも トライさせようと思っています。

 昔は 珍しかったこれらの料理も 今では メジャーな料理ですから、
 若い女性が 料理を前に「キャーーー食べれない」と 大声でいうのは 避けてほしいのです。(笑)


 なんと どれも美味しいとkoharuには好評で、特に「馬肉」が美味しいと言って
 バクバク食べていました。

 大人たちが 普通に美味しそうに食べている姿を見せ、
 ジビエに対する先入観のないうちに 美味しい経験をしておけば、大丈夫、、
 というバーバ馬鹿の持論です。
d0174983_11061476.jpg

d0174983_11061786.jpg


 少し小雨が降っていますが、大浴場に行き、混浴も、、、、。
 今日は ベッドで「なぞなぞごっこ」をしながら 寝の谷へ。

by saint-arrow-mam | 2019-07-28 00:00 |   koharu日記 | Comments(0)

八ヶ岳 ナウ

長期滞在型 臨託1日目が、無事終わりました。

d0174983_21032005.jpg

by saint-arrow-mam | 2019-07-26 21:00 |   koharu日記 | Comments(0)

八ヶ岳1日目(アクティビティー編)

 リゾナーレ八ヶ岳では 子供連れの家族向けに 
 さまざまなイベント・アクティビティーを用意していますが
 あまりに 数が多すぎて 1日、2日では 全てを楽しむことは できません。
    (以下の画像はHPより抜粋) 

d0174983_22223793.jpg


 この中から、お天気や koharuの興味と相談して
 初日は まず 「森の空中散歩」に参加しました。
d0174983_22224115.jpg

 地上5mから7mの本格的アスレチックコースを 1人ずつ 順番に進んでいきます。

 落下防止のために ワイヤーに命綱を通していますので、
 大人の手助けなしに 子供だけでトライできるので 付添いの大人たちは 楽です。
d0174983_22224459.jpg


 1時間以上、みっちりトレーニングした後は プールに移動。
 
 はい、とても元気です。
d0174983_22224890.jpg


      
d0174983_21491068.gif


 リゾナーレ八ヶ岳では 毎日14:30~16:00まで 「八ヶ岳アペリティフ」というイベントがあり、
 南アルプスと八ヶ岳を望むアルプス広場で ワインベースのカクテルと 葡萄ジュースが 無料で 飲み放題になります。

 バーバ、至福の時間です。
 と思っていたら、koharuも 何杯も葡萄ジュースを飲んでいました。
d0174983_22225279.jpg


 夕食は ホテルの敷地内にあるイタリアンレストラン「VINOTECA」へ。
 リゾナーレでは ワインショップで購入したボトルを レストランに持ち込むことができる 「BYO自由化宣言」というシステムになっています。

 いつもは好き嫌いのあるkoharuですが、さすがにお腹が空いていたのか
 驚くほどたくさん食べていました。

d0174983_22225623.jpg

d0174983_22230047.jpg


 お風呂は 大浴場に。

 広い混浴風呂(露天風呂)があり、専用の混浴着を置いてあります。
 koharu用のサイズもあり、家族連れが 利用しています。
   (ジジババは 我々以外いませんでしたけど、、、)
d0174983_22230422.jpg


 お部屋に帰り、布団に入り、本を読んでやっていると 
 バーバの方が 先に寝そうになりました。(笑)
by saint-arrow-mam | 2019-07-26 00:01 |   koharu日記 | Comments(0)

八ヶ岳1日目 (ホテル編)


 新宿駅から 特急列車の乗り 約2時間で 小淵沢駅へ。
 小淵沢駅からは ホテルのシャトルバスに乗り、緑の中を5分程度走れば ホテルです。
d0174983_20235942.jpg


 2泊するお宿は Shinが手配してくれた 「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」は、、、
d0174983_20240213.jpg

 緑に囲まれた 典型的なリゾートホテルです。

d0174983_20240507.jpg


 山の斜面を利用した建物で 地下2階から3階までありますが
 フロントは 地下1階になり、 車寄せも この階にあります。
 
 光をうまく取り込む工夫がなされている 面白い建築物です。
d0174983_20240851.jpg
 

 部屋は 「ピーマン通り」にあり、階段で 3階まで上がりますが
 1つの階段で 4部屋にしか行くことが出来ない構造になっており、
 1室1室が まるで「離れ」のように感じる効果がありました。

 宿泊した部屋のリビングは 3階にあり、
d0174983_20241160.jpg

 広いバルコニーからは 森が見え、鳥が ちょくちょく遊びにやってきます。
d0174983_20241443.jpg

 洗面所とお風呂は 白い統一されていて 清潔感がありますが
 滞在中「大浴場」に行ったので このお風呂を使うことはありませんでした。

 子供用の歯ブラシやスリッパが準備されていたので koharuが喜びました。
d0174983_20241767.jpg


 そして この部屋には 4階部分に上がる階段があり、ロフトがあります。
d0174983_20242072.jpg

d0174983_20242289.jpg


 ロフトには ベッドが3つ 置かれているので 川の字で寝ることが出来ました。

 真ん中のベッドが くしゃくしゃなのは koharuが喜んで飛び乗ってしまったからです。(笑)
d0174983_20242552.jpg

d0174983_21491068.gif

 
by saint-arrow-mam | 2019-07-26 00:00 |   koharu日記 | Comments(0)

長期滞在型 臨託が始まります。


 保育園には無かったので 小学校に入ったkoharuにとっては 初めての 

d0174983_22545552.jpg




 ジージとバーバは 今日から6日間、 koharuの長期滞在型 臨託を引き受け、
 それに合わせて Shinpapaが 本日 上京してきます。

 夏休みは暑いし、どこに行っても人が多いことを理由に 外出を控えてきたのですが、
今年は そんなことは 言っていられません。

せっかくの ”初” 夏休みですから koharuとの 楽しい思い出をつくろう と
明日から『八ヶ岳』に 2泊3日で 行くことにしました。



 
近年、知能面、体力面共に 不安を感じているジージとバーバですが 

一致協力して 30日まで 長期滞在型 臨託を 遂行しようと思います。


d0174983_09114181.jpg


 
by saint-arrow-mam | 2019-07-25 05:00 |   koharu日記 | Comments(4)

『旧日本銀行京都支店』

 
 前回と同じ 最上階のレストランで 朝食をとりましたが、
 今日は 霞んで遠くが見えませんでした。

 この日は 朝から異常に湿度が高く、ホテルの廊下を歩くだけで 
 むっとして 気持ちが悪くなり 私にしては 少ない量の朝食です。
d0174983_22545455.jpg


 今日は 病院に行く時間の調整で 午前中は 「京都文化博物館」に行こうと思っているのですが、
 半端ない蒸し暑さに ちょっと歩いただけで あっという間に汗がぼたぼた落ち始めました。
d0174983_13282991.gif

 本館で 「横山崋山展」を見る前に 別館へ。
   (三条通からいくと 別館が 博物館の入口になります)

 「京都文化博物館」の別館は 『旧日本銀行京都支店』として使われていた建物で、
 辰野金吾とその弟子・長野宇平治が設計し、2年10ヵ月の歳月をかけて完成し、明治39年6月に完成しています。
 現在では 明治を代表する洋風建築として評価が高く 昭和44年に国の重要文化財に指定されています。
d0174983_22545740.jpg

 
 S大学の特別講座で 片山東熊についての講座を聴講してから
 「旧日本銀行京都支店」は チャンスがあれば、見に行きたいと メモメモしていた建築物の一つです。

       片山東熊のブログ → https://runslowly.exblog.jp/26194316/



d0174983_08361163.jpg
 辰野金吾(1854-1919)

 現在の佐賀県唐津市に生まれ、明治6年に工部省工学寮に入学し、建築学を学ぶ。
 明治12年には首席で卒業、翌年からイギリスへ留学。
 ここで当時流行の最新様式を学んで帰国し、工部大学校(工学寮が改称)教授を経て、
 50歳で建築事務所を開く。
 辰野は全国的規模で日本銀行の支店などの設計に取り組んだ。



d0174983_08361994.jpg
 長野宇平治(1867-1937)

 明治26年帝国大学工科大学造家学科を卒業。
 横浜税関嘱託を経て奈良県嘱託となり、奈良県庁舎および県会議事堂を設計(明治28年竣工)。
 和唱洋髄と称する、和風意匠をはじめて試みた日本人建築家。
 数多くの銀行建築をてがけたが、代表作の大倉精神研究所(昭和7年)は、
 単なる古典主義ではない破綻的な意匠を含み注目された。




   上記人物の写真と 当時と比較した画像は HPよりお借りし 加工しました

<<外観>>
 赤煉瓦の外壁に 白い花崗岩の白帯を何本も巡らせるという、
 イギリスのクイーン・アン様式をアレンジさせた 一目で辰野金吾とわかる外観です。
d0174983_08563423.jpg


<<営業室>>
 天井が高く、窓から入ってくる光だけでもとても明るいのですが、天井にも窓があります。
 これは、ドーマー窓といわれる、屋根から自然光を取り入れるための窓です
d0174983_08564440.jpg

d0174983_23392134.jpg


間取り
d0174983_08565295.jpg


 京都にも 東京に負けないくらい この時代の建築物が 沢山残されていることを 羨ましく思いながら 見学しました。
 
d0174983_22550192.jpg

d0174983_13282991.gif


 そして本館では、、、
d0174983_07553462.jpg

 
 『横山崋山展』は 昨年の秋に 東京のステーションギャラリーで 開催されていたのですが、
 行く機会を逸し、あきらめていました。

 調べると たまたま 京都に行く時期に開催していたので ラッキーだったのですが、、、、
d0174983_22550462.jpg

以下 サイトより抜粋
 横山華山(1781/4~1837)は、江戸時代後期の京都で活躍した人気絵師。
 彼は 曾我蕭白(そがしょうはく)に傾倒し、岸駒(がんく)に入門した後、呉春(ごしゅん)に私淑して 絵の幅を広げ、多くの流派の画法を身につける。諸画派に属さず、画壇の潮流に左右されない、自由な画風と筆遣いで人気を博していた。

 華山は作品は 人物画、花鳥画、山水図など幅広い画題に秀いでていたが、なかでも風俗画や祭礼図は真骨頂で、細やかな描写に目が奪われる。その画風は息子、弟子たちにも受け継がれ「横山派」として 京都画壇で独自の地位を築き上げたものの、フェノロサをはじめとする海外の著名なコレクターに早くから評価され、欧米の美術館に優品が多数所蔵され 国内で目にする機会が減ったためか、大正期以降は次第にその名は忘れられていった。


d0174983_13282991.gif
 
 京都独特の蒸し暑さに バテてしまい、見ている途中でフラフラし始め
 駆け足で見てしまい、とても残念なことをしました。

 今考えると 軽い熱中症だと思うのですが、
 「別館」の見学に時間をかけたのが 間違いでした。
 


by saint-arrow-mam | 2019-07-24 13:40 |    1900年以前 | Comments(2)